FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1346 狂熱の孤独

  1. 2011/11/04(金) 22:30:00_
  2. イヴ・アレグレ
  3. _ comment:3
LES ORGUEILLEUX (狂熱の孤独) 1953年・フランス/メキシコ



狂熱の孤独




 
.


2011年11月4日(金)  セルVHS(新品)

監督 イヴ・アレグレ
主演 ジェラール・フィリップ (ジョルジュ 役)

感想
♪~♪~~
えっ?最初から違和感・・・これは中南米特有の音楽のはず・・・
あ、それらしき風景だわ~!!!


今回のジェラールさまは、過去の・ある傷によって、
常に酔っぱらって、貧乏(乞食同然)で、
着ているモノはボロボロ、でも実は腕の良い(元・)医師。

ハッキリ言って、ビックリするくらい「こ汚い」髭ぼうぼう、
手なんか全然洗わな~い。
お酒もらうために、他人に這いつくばって、無理難題の命令を聞く、惨めな男・・・。

そして、フランスから旅行でやって来た(メキシコのある村、らしいです)夫婦。
夫が、伝染性の病気を発症し、死ぬ。
あっという間に村中に広がり、多くの病人・死人・・・。

ジェラールさま演ずるジョルジュは、夫トムに死なれた妻ネリィと こころの触れ合いが あって、
立ち直り、医師として、村の正式なお医者の手助けをする・・・

そこまでは、納得。
良い作りでしたし、監督さんの名前知らないけど、ホントに良い映画でした。
53年ヴェネツィア映画祭で、賞をもらったらしいし・・・。

でも、でもね、
ちょっと最後はいったいぜんたい、何なのよ~???


いくら子供がいなくても、新婚だったかもしれないけど、
倦怠期だったかもしれないけど、

さっき夫が死んで、涙が出ないのは、まぁ自分の事が大事だから
他国でお金も盗られて(あとで死にゆく病人が告白して返した)
色々と不安だったのだろうと思ったけど、

まさかね~ちょっと見た目が良いからと言って、
目が涼しいとか言っちゃって、
立ち直り後の働きが目覚ましいからと言って、

この先、封鎖される、感染症の村で(彼女と医療スタッフはすぐにワクチンを打った)
抱き合って、キスして、もうフランスへは帰らない、
あなたとココで生きる・・・って、ちょっとそれマジ~???

いくらジェラールさまだからって、私は無理だと思う。
あの女にはなれない、私は絶対に共感できない。


ジョルジュを連れ出して一緒にフランスへ帰ろうとも模索して、
「それは出来ない、村の人を置いていけない」って、ちょっとね~???

そんなわけで、ラストのふたりのキスシーンと、
そこに流れる♪~♪~中南米特有のあの音楽、
何とも言えない映画でした☆ 
(途中まで・・・終盤前までは秀作でした)





<<2-1347  悪魔のようなあなた | BLOG TOP | 2-1345  コクーン2>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/11/10(木) 09:34:37 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/11/10(木) 11:20:12 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
遅くなりました。
ブログdeロードショー書きました。

!今同時でしたね!(笑)

ありがとうございます!!

この映画はもの悲しいですね・・・・・
でも、miriさんの感想は面白かったです。
ウケテもいいですか?うふふ。


かえるままさん、こんばんは☆

  1. 2011/11/10(木) 19:49:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 遅くなりました。
> ブログdeロードショー書きました。

いえいえ、遅くないですよ~♪
有難うございます☆

> !今同時でしたね!(笑)
> ありがとうございます!!

こちらこそ、ありがとう~。

> この映画はもの悲しいですね・・・・・
> でも、miriさんの感想は面白かったです。
> ウケテもいいですか?うふふ。

ハイ、是非、ウケテ下さいね~。

「ジャイアント・ピーチ」の皆さんの記事も、
良かったら読んで差し上げて下さいね~。
http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-category-19.html
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -