FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1290  グリーンフィンガーズ

  1. 2011/10/04(火) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
GREENFINGERS  (グリーンフィンガーズ)  2000年・イギリス



グリーンフィンガーズ




 
.


2011年10月4日(火)  ムービープラス

監督  ジョエル・ハ―シュマン
主演  クライヴ・オーウェン  (コリン 役)

感想
この映画の事は、ある方のブログでチラッとタイトルだけお聞きしていて、
とても気になっていました。
私も、たいした事は出来ないけど、お花を育てる事を好きだからです。
「グリーンフィンガー」趣味の園芸の1コーナーでもありましたし。

ファーガス役の人が、植木等さんに見えてしまいまして、それはもう最後の最後に
人形になった時も「あ、やっぱり植木等」と思ってしまったくらいで(爆)
(他の俳優も全員、良かったです)

このお話は実話をもとにしているそうで、もしも日本にもこういう刑務所があったら、
やっぱり私は怖がるんだろうな・・・と、自分を情けなく思いました。
(遠くの県にあるのなら、きっと良い事と思いそうですが・・・)

でもね、やっぱり植物は、口ごたえはしないけど、
こちらの話は全部聞いているし、良くない言葉を浴びせたら
大きくきれいに育ってはくれないモノですよ~。
それは素人の私にも分かる事。

お花が彼らの心を癒し・・・だなんて、キレイごとは思いませんが、

種を蒔いて、何ヶ月もほっといたのに、キレイに咲く花を見たときに、
そのモノ言わぬパンジーが、彼の心に何かを打ちこみ、
それで飛んできたボールに、踏みつけた足に、怒りを爆発させた・・・
のだから、やっぱりそういう事は、分かる人には全部分かる事と思います。

罪・・・重い罪、何十年も刑務所暮らし、一生涯出られない人間もいる。
そのこと自体を、お花を育てるから、どうこうという事は絶対にないと思います。

でも、人間は変われるのだという事は、信じなければ、
たった一度のあやまちで、全部が終わりなら、
生きる意味はありませんしね・・・。


大会の終わりに、誰が評価してくれなくても、
女王陛下の、きっと、お花には素人の澄んだ心が
あのような場面展開になったのだと思いますし、
その後、彼らが「賞」を獲れるようになったのも、

この、彼らが初めて出た大会では、
審査員の「評価したら、他の審査員に、きっと笑われる」という怖れで、投票しなかったのが、
変わってゆけた理由だと思います。

彼らが、あんなに一所懸命に勉強し・働いたのは、
時間があるからではなくて、仕方ないからでもなく、
トイレ掃除が嫌だからでもない、早く釈放されたい・・・のはそうだと思いますが、

ともかく、やっぱり私も反省して、
ちゃんと植物についての勉強をしなくてはいけないな、と、
そんな事も感じさせてくれました。

ラスト後、それぞれに良い道を歩んで、庭師として働き口もあり、
コリンはきっと彼女と結婚しただろうし、
黒人の人は家族のもとへ(子供も理解してくれたと思います)
大きな人もきっと出所後は・・・と信じられます。

・・・とても良い作品でしたが、濡れ衣を着たままのトニーの件が
ハッキリしなかったので(赤ちゃんの事も)その分、減点かな?と思いました。




<<2-1291  グリーン・ゾーン | BLOG TOP | 2-1289  シュリ>>

comment

いい作品ですよね!

  1. 2011/10/06(木) 10:57:48 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
わりと前に観たので記憶はぼんやりしてるけど、鑑賞後に「ガーデニングっていいなぁ」と思ったことはよく覚えてます。植物って、育てた人の心を映す鏡みたいなものだから、自分と向き合うにはいいですよね。
わたしも、近くにこういう刑務所があったら怖がるだろうけど、彼らのお花を見たら、少しはそれも和らぐ気がします♪

あと、「私は二歳」のコメントで・・・
>この作品群(本2冊と映画)は、医者に反省を促すのが大きな目標の一つだったと思います。

イラっとするくらいリアルだと思ったら、そういう狙いがあったんですね~。お医者さんの中にも、そういう考えで働きかけている人がいたというのが嬉しいです。

Re: いい作品ですよね!

  1. 2011/10/06(木) 13:31:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> わりと前に観たので記憶はぼんやりしてるけど、鑑賞後に「ガーデニングっていいなぁ」と思ったことはよく覚えてます。植物って、育てた人の心を映す鏡みたいなものだから、自分と向き合うにはいいですよね。

自分と向き合う・・・その通りですね~!!!

> わたしも、近くにこういう刑務所があったら怖がるだろうけど、彼らのお花を見たら、少しはそれも和らぐ気がします♪

ハイ、刑務所と思うから怖いのですが、きっとお花を見たら
そういう気持ち(偏見)は、無くなるような気がします。

> あと、「私は二歳」のコメントで・・・
> >この作品群(本2冊と映画)は、医者に反省を促すのが大きな目標の一つだったと思います。
> イラっとするくらいリアルだと思ったら、そういう狙いがあったんですね~。お医者さんの中にも、そういう考えで働きかけている人がいたというのが嬉しいです。

私の勝手な考えですが、たしか本のあとがきにもあったような気が・・・。
今では当たり前の、色々な事を、50年以上前から、コツコツ積み上げていらした・・・
そんな方でした、松田先生は。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -