FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


「あれから1000本」  洋画でアップしてなかった  マイ・ブルーベリー・ナイツ  (旧gooブログの記事)

  1. 2011/09/30(金) 23:05:00_
  2. 2009~2011年
  3. _ comment:2
2011年9月6日の記事
タイトル 「あれから1000本 その5」



1000本を記念して、今までどこにも書いていない(と思う)作品の感想を
邦画・洋画・各1本ずつアップさせて頂きます。
今日は洋画です。



MY BLUEBERRY NIGHTS (マイ・ブルーベリー・ナイツ) 
2007年・香港/フランス



マイブルーベリーナイツ




 
.


2010年5月21日(木) ムービープラス

監督 ウォン・カーウァイ
主演 ノラ・ジョーンズ (エリザベス役)
    ジュード・ロウ (ジェレミー役)

感想
ありがちな話、B級かな?と思いながら見ていたけど、まぁまぁ良かった☆
教訓めいた言葉があちこちあったけど、つまりは、

一所懸命に生きて、相手を想い、自分を大切にし、前を向いて生きてゆこう、
ということだと思います☆

おとぎ話のようで、実際には1年近く離れていたら、男の方は新しい想い人も出来そうだけど、
まあそれで途中にああいう描写(前の彼女の事)を入れたんだろうけどね・・・

監督がアジア人のせいか、アジアの女性が数人出てきたなあ・・・
ラストシーン(パッケージの画像)は、おとぎ話の終りのシーンで、

これから先がない「お姫様は~めでたし」で、終わるところ、
そして人生はここから始まる。

手紙なら書ける、心も開ける、でもね・・・。



※今回こちらにアップしたのは、アジアの映画は、ほぼ見ない私が
  (香港とフランスの合作なので見たのですが)

  鑑賞後に調べたら、監督がアジア映画の名匠らしく、
  自分ながらビックリしたので、
  1000本記念に良さそうな気がしたからです。




<<「あれから1000本」  まとめ  (旧gooブログの記事) | BLOG TOP | 「あれから1000本」  邦画でアップしていなかった作品  天使  (旧gooブログの記事)>>

comment

前の彼女さんが登場した時

  1. 2012/05/24(木) 12:04:15 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
エリザベスだと思って観ていました(笑)
途中で気付いたけど、ホント顔の見分けが・・・!
この監督さんの作品は、「花様年華」というのを観たことがあって、主演ふたりの名前がチャウとチャンでもうどっちがどっちなんだか。しかも(精神的)不倫モノなので、監督のイメージはかなり悪かったです。
なので、こういう普通っぽい作品も撮れるんだなぁと、ちょっと驚きました。実はどろどろな続きも考えてあって、あえてカットしてそうな気もします(笑)

Re: 前の彼女さんが登場した時

  1. 2012/05/24(木) 15:59:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> エリザベスだと思って観ていました(笑)
> 途中で気付いたけど、ホント顔の見分けが・・・!

そんなに似ていましたか?
前の彼女の顔が、もう思い出せなくて・・・ごめんなさい。

> この監督さんの作品は、「花様年華」というのを観たことがあって、主演ふたりの名前がチャウとチャンでもうどっちがどっちなんだか。しかも(精神的)不倫モノなので、監督のイメージはかなり悪かったです。

そうなんですか~!
イメージ悪かったんですね~。
日本人には聞き分けの無理な名前ですね!

その作品はいかにも中国のタイトルですね~!
今日のひとこと感想も中国の作品で、なかなか見ないので・・・。

> なので、こういう普通っぽい作品も撮れるんだなぁと、ちょっと驚きました。実はどろどろな続きも考えてあって、あえてカットしてそうな気もします(笑)

あはははは・・・
そうかもしれませんね~。
でもそれも見たいような気が???(おとぎ話以降、ってなかなか見られないから☆)

主演二人の契約等で、そういうのは難しいのかもしれませんね。
私はこの監督は、この作品しか見ていないような気がします。
それももう忘れそうですわ~(笑)。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30