FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


150・グレン・ミラー物語

  1. 1977/03/18(金) 23:00:00_
  2. アンソニー・マン
  3. _ comment:2
グレン・ミラー物語



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【音楽映画】 1954年・アメリカ

1977年3月18日(金) PM9:00~10:50 (高1)
監督 アンソニー・マン
主演 ジェームス・スチュワート、ジューン・アリスン

えっと10時からの後半しか 見れなかったので
前半もみたいです




 
.


感想 私が見はじめた ころからは 
    グレン・ミラーが成功しだしたころだったから
    前半の苦しむところが みたかった
    ムーンライト・セレナーデ なんとか6-5000
    イン・ザ・ムード 真珠の首飾り 茶色の小びん
    どれもステキなサウンドでした ジャズというか
    スウイングというか のれる音楽
    戦死したのは とっても悲しかったけれども
    戦地で みんなが にげても グレンとその仲間は
    音楽を演奏して なんか芸人根性といった感じで
    とっても とっても あったかーい 気持ちよ
    それを 軍人さんが みとめたのも ラストのクリスマスも
    ジーンときました
    グレンとヘレンの愛もステキでした
    音楽に こんなに命かけてる人生も とてもステキな
    コトだと思いました
    夫婦役がぴったりで その愛の演じ方も
    よかった うかまったです J・スチュワートはもちろん
    ジューン・アリスン どこにでも いそうな アメリカの
    「おかみさん」かナ 夫をどこまでも信じて
    夫にどこまでも信じられて そんな役がらが
    ピッタリでした あの「真珠の首飾り」といった時の
    ほほえんだ顔が 今も目にうかぶのです



***************************



2009年3月:追記

最近DVDを買った作品です。500円の。まだ見ていません。
この映画は、数年後か、もっと後に、前半も見ました。
好きな映画です。この映画でジャズという分野の音楽を知ったのです。
音楽もずっと好きですが、日本の歌が多いです。

でも不思議、この映画だけなのに、サントラを買った訳でもないのに、
ムーンライト・セレナーデはじめ色々な曲が耳に残っているから。



***************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6615

原題:THE GLENN MILLER STORY



再見時感想は  →  こちら




<<151・巴里祭 | BLOG TOP | (148)  ラストコンサート  (2回目)>>

comment

  1. 2013/03/11(月) 16:04:41 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
実は「真珠の首飾り」は聞き覚えがなかったんですよね。せっかく素敵なエピソードだったのに残念です。
あと、奥さん役の人がホントよかったです。本当の夫婦と勘違いした人もでたというのも納得のおしどり夫婦でした。
音楽仲間だけでなく、質屋のおじさんも協力的なのが素敵。街の中を走る可愛らしいレトロな列車もよかったです。

もう一つの記事も読ませていただきました。miriさんにとって、本当に大事な作品なんですね。
それに反戦映画という見方がある事にも気付かされました。

実際はもっと苦労していたんだろうけど、それでも彼らの輝きを伝えている作品だったと思います!

*****************

>またまたこの4年間に見ていないのがいっぱい出てきて

あはは、また再見予定の作品が増えてしまいましたか。
観たい作品がたくさんあって、嬉しい悩みですね。
これからも思いっきり映画を楽しみましょう♪

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2013/03/11(月) 18:47:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 実は「真珠の首飾り」は聞き覚えがなかったんですよね。せっかく素敵なエピソードだったのに残念です。

そうですね~他の曲よりは聞き覚えが薄いですよね・・・
多分、映画で使われるとか、街角のお店から聞こえるとかが
他の曲に比べて、多くない曲だったのではないでしょうか?

> あと、奥さん役の人がホントよかったです。本当の夫婦と勘違いした人もでたというのも納得のおしどり夫婦でした。

ハイ、良かったですね~☆
本物夫婦と勘違いとは、ビックリ、でもうなずけそうです。
私の見た方の「若草物語」の主人公、ジョー役の人です♪

> 音楽仲間だけでなく、質屋のおじさんも協力的なのが素敵。街の中を走る可愛らしいレトロな列車もよかったです。

ハイ、質屋さんは良いヒトで~♪
風俗一般の感じも、時代が出ていて良かったです!!!

> もう一つの記事も読ませていただきました。miriさんにとって、本当に大事な作品なんですね。
> それに反戦映画という見方がある事にも気付かされました。

有難うございます☆
ホントに嬉しいです!

やはり彼の亡くなり方を考えますと、いくら戦地での慰問で活躍したと言っても
この映画でも戦争さえなければ・・・と思うシーンが多かったので・・・。

> 実際はもっと苦労していたんだろうけど、それでも彼らの輝きを伝えている作品だったと思います!

ハイ、ドキュメンタリーではないのでこれで良かったのではないでしょうか???
見て下さり、美しい記事までアップして下さり、有難うございました☆

> *****************
>
> あはは、また再見予定の作品が増えてしまいましたか。
> 観たい作品がたくさんあって、嬉しい悩みですね。
> これからも思いっきり映画を楽しみましょう♪

ハイ、邦画のタラタラ作品が多いのですが、
まぁ気楽に見られますので・・・多分夏になる前には終わると期待します(爆)。

ハイ、お互い、これからも、映画を楽しんで、怒って、泣いて、笑いましょ~う☆☆☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -