FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


午前十時の映画祭 第一回・第二回の作品たち

  1. 2012/01/29(日) 06:23:22_
  2. 今思うこと・ご挨拶含む
  3. _ comment:1
※この記事は、随時追記したかったのですが
お恥ずかしい事に、滞っています・・・。
 





 
.


2年前から始まったこの企画、もう三回目はないそうですので、
映画タイトルから、何かを考えたいと思います☆

(各項目において、作品タイトルは、五十音順です)



この記事をアップした後に、第三回があると知りましたが、
それは、第一回と第二回の作品の中からの50本でした。
昨年・第一回をおこなった劇場は、今年・第二回をおこなわない、のです。
つまり、もう増えない100本だという事です。

・・・そうまでして第三回をおこなうのは、
「お金儲けの気持ち」が感じられ、ゾッとしました。




まとめ

1・100本のうち、3年前の時点で、いつか過去に見ていた作品が、53本。

2・100本のうち、3年前の時点で、未見だった作品が、47本。

3・1と2の比率は、おおよそ、1対1。
  (第一回の作品は3対2、第二回の作品は3対4)
   もしずっと映画を見続けていれば、違っていたと思います。
   既見作は、ほとんどが中学生~独身時代に見ていた作品だから。

4・昔見ていて、この3年間に再見した作品は、多くがいわゆる「名作」で、
   時間が経っても変わらないのだな~と、しみじみ・・・。

5・昔・見ていなかった作品は、多くが結婚後に作られた作品ですが、
   中には大昔の作品もあり、
   私が結婚する前は、やっとレンタル屋が出来た頃で、
   その頃までにオンエアか上映がない限り、
   見逃した作品がとっても多かったのだ、と改めて思いました。

6・ココにある100本は、約9割弱がアメリカ映画で、呆れ果てる選定。
   (これは応募して選ばれた順位を、そのままには反映していないから、
    上映しやすい作品は、やっぱりアメリカ製なのだと再認識)

7・私もココにある100本以外で、自分で50本を選びたかったので、
  一所懸命に考えたのですが、かなり難しく、無理でした。
  いつか50本選びたいですね~。(洋画50本・邦画50本選びたいです!)



中3からずーっと、見たいのに、何度も見逃しているので、
この映画祭で、今年、できれば見たい作品


汚れなき悪戯
(中3の冬にオンエアがあり、見ていたのですが、父が帰宅し、機嫌が悪く、パチンとテレビのスイッチを切られて見られなかったのです・・・お値打ちなDVDもありますが、出来れば映画館で見たいな~と思っています)

→ この作品は第三回に選ばれましたが、私の都合で、その劇場に見に行けない時期の上映ですので、昨年新発売された、セルのブルーレイを買う事にしました。
→ BDを買って(少し遅かったけど、自分への誕生日プレゼントとして)鑑賞しました☆
感想は公開しませんが、本当に今こうして見られた意味の深い映画で、感謝です。



今まで見た事がないから、今後見ても良いと思う作品
(映画館で見たいとまでは思わない)

≪第一回の作品≫
ある日どこかで
(↑ 2012年2月にレンタルDVDを見ました。ミニ感想は → こちらです。)
ショウほど素敵な商売はない(← コレは見ているような気がするけど、ノートに記述がない・・・)
(↑ 2012年2月にレンタルDVDを見ました。初見でした。記事はアップしません。)
ワイルドバンチ
(↑ 2012年7月にCSのオンエアを見ました。記事はアップしません。)
激突!
(↑ 2013年6月にCSのオンエアを見ました。記事はアップしません。)
ライトスタッフ
(↑ 2013年6月にCSのオンエアを見ました。記事はアップしません。)
刑事ジョン・ブック/目撃者
(↑ 2013年7月にCSのオンエアを見ました。記事はこちら。)
ストリート・オブ・ファイヤー
(↑ 2014年にBS3のオンエアを見ました。記事はアップしません。)


≪第二回の作品≫
友だちのうちはどこ?

ディーバ
(↑ 2012年2月にレンタルDVDを見ました。記事はアップしません。)
シベールの日曜日
(↑ 2012年5月にセルDVDを見ました。記事はアップしません。)
さよならをもう一度
(↑ 2012年6月にBS3でオンエアがあり、見ました。記事はアップしません。)
ザッツ・エンタテインメン
(↑ 2012年に、この映画祭で見ました。記事はアップしません。)
エイリアン (・・・怖そうで・・・見られないと思う)
(↑ 2013年4月にBS3のオンエアを見ました。記事は → こちらです。
ブラック・サンデー
(↑ 2013年5月にCSのオンエアを見ました。記事はアップしません。)
がんばれ!ベアーズ 
(↑ 2013年7月にCSのオンエアを見ました。記事はアップしません。)
夜の大捜査線
(↑ 2014年にCSのオンエアを見ました。記事はアップしません。)
ディア・ハンター 
(↑ 2015年にBS3のオンエアを見ました。記事はアップしません。)



この3年間に初めて見て、今後も機会があれば見たい作品

≪第一回の作品≫
映画に愛をこめて アメリカの夜
ニュー・シネマ・パラダイス
昼下りの情事
レインマン

≪第二回の作品≫
麗しのサブリナ
ゴッドファーザーPARTII
情婦
ナバロンの要塞
バンド・ワゴン
甘い生活
ロンゲスト・ヤード



この3年間に初めて見て、今後は見たくない作品

≪第一回の作品≫
雨に唄えば
裏窓
お熱いのがお好き
十二人の怒れる男
スタンド・バイ・ミー
戦場にかける橋
眺めのいい部屋
薔薇の名前
ベン・ハー

≪第二回の作品≫
荒野の七人 
サンセット大通り 
素晴らしき哉、人生! (コレは一生涯、絶対に再見しない)
卒業
ダーティハリー
月の輝く夜に
ハスラー
M★A★S★H マッシュ
真夜中のカーボーイ



昔見たままなので、再見したい作品
(映画館で見たいとまでは、思わない)

≪第一回の作品≫
太陽がいっぱい
(↑ 2012年2月にレンタルDVDを再見しました。記事は → こちらです。)
ロミオとジュリエット
(↑ 2012年7月にレンタルDVDを再見しました。記事は → こちらです。)



≪第二回の作品≫
007/危機一発 (ロシアより愛をこめて)
(↑ 2012年6月にレンタルDVDを再見しました。記事は → こちらです。)
タクシードライバー 
(↑ 2013年1月にザ・シネマのオンエアを再見しました。記事は → こちらです。)
E.T. 20周年アニバーサリー特別版 
(↑ 2013年2月にBS3のオンエアを再見しました。記事は → こちらです。
キャリー
(↑ 2013年8月に再見しました。記事は → こちらです。
バック・トゥ・ザ・フューチャー 
(↑ 2013年9月に再見しました。記事は → こちらです。




昔見て、この3年間には見ていない、録画してある、
再見予定のある作品


≪第一回の作品≫
ショーシャンクの空に
(↑ 2012年2月に再見しました。記事は → こちらです。)
パピヨン
(↑ 2013年3月に再見しました。記事は → こちらです。



≪第二回の作品≫
大いなる西部
(↑ 2013年1月に再見しました。 記事は → こちらです。)
荒野の用心棒
(↑ 2013年2月に再見しました。 記事は → こちらです。)

(↑ 2012年8月に再見しました。記事は → こちらです。



昔見て、事情があって当分見たくない作品 
(「菩提樹」「続・菩提樹」を見てしまったので、当分の間見たくない)

サウンド・オブ・ミュージック
2013年の手持ち4年間未見全作品再見キャンペーンで見られました。
記事は → こちらです。



昔見たけど、今後あまり見たくないと思う作品
(オンエアがあっても、時間があっても、あまり見たくない)

羊たちの沈黙
ブリット (コレはオンエアがあったけど、見なかった)

クレイマー、クレイマー
(↑ 2013年6月にBS3オンエアを録画し、8月に見ました。 記事は → こちらです



昔も見て、この3年間にも見た作品

≪第一回の作品≫
明日に向って撃て!
アパートの鍵貸します
アマデウス
アラビアのロレンス
ウエスト・サイド物語
エデンの東
男と女
カサブランカ
ゴッドファーザー
ジュリア
スティング
第三の男
大脱走
チャップリンの独裁者
追憶
鉄道員
天井桟敷の人々
フィールド・オブ・ドリームス
フォロー・ミー
北北西に進路をれ
ミクロの決死圏
ライムライト
ローマの休日

≪第二回の作品≫
アメリカン・グラフィティ
風と共に去りぬ
華麗なる賭け
禁じられた遊び
シェーン
シザーハンズ
シャレード
ドクトル・ジバゴ

昼顔
フレンチ・コネクション
山猫 イタリア語・完全復元版
ヤング・ゼネレーション
レベッカ






<<藤沢周平原作4作品 ミニ感想 | BLOG TOP | 2-1484 百万人の大合唱>>

comment

承認待ちコメント

  1. 2012/02/01(水) 21:03:48 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -