FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1274  最高の人生の見つけ方

  1. 2011/09/25(日) 23:00:01_
  2. ロブ・ライナー
  3. _ comment:13
The Bucket List  (最高の人生の見つけ方)  2007年・アメリカ



最高の人生の見つけ方




 
.


2011年9月25日(日)  ムービープラスにて

監督  ロブ・ライナー
主演  ジャック・ニコルスン  (エドワード・コール 役)
     モーガン・フリーマン  (カーター・チェンバーズ 役)

感想
この映画は、封切り公開時に、夫と息子が二人で見に行きました。
私はまだ映画に再会していなくて、外出も今以上にしなかった時期で、
「行ってらっしゃい」と、見送りました。
おおむね、二人ともに好評でした。

・・・この映画、気に入りました。
まずは、短いのが良い!
97分、最高!!!

そして私は「余命系」の作品は、ほぼ全てが
「キレイごとの嘘八百」だから大嫌いなのですが、
この映画も、本当にキレイごとのウソばっかりでした・・・が、

ここまでやられると かえって気持ち良いね~!って
初めて思いましたよ☆


コレはやはり、監督の技量と(好きな作品がいくつかあります)
主演二人の圧倒的な演技力が理由だと思います。


信じられないほどの金持ちっていう人間も、お目にかかった事はないけど、
この世に、そりゃあ沢山いると思うし・・・。

好きなシーンは、ピラミッドの前のお互いのアップのシーンですね。
顔の大きさが、きっと、スクリーンでは凄かったんだろうな、と。
そしてもちろん「世界一の美女にキスをしたシーン」です(号泣)。
(正確に書くと、リストの その項目に線を引いた時、ですね)


身体が死んでも、本当のそのヒトは生きている・・・
この映画には、その考えとの矛盾は感じられませんでした。
感謝です。この映画を今の時期の私に見せて下さった、全てに。



※たったひとつ難があります、邦題がダメですね




<<「ブログ DE ロードショー」 次回のお知らせ等 / 今回の作品の感想文 | BLOG TOP | 2-1273  ハイ・フィデリテイ>>

comment

参加希望

  1. 2011/09/28(水) 08:13:22 |
  2. URL |
  3. 庄屋弁当
  4. [ 編集 ]
はじめまして
庄屋弁当と申します。

「陽面着陸計画」の なるはさん
のブログを拝見させてもらっていたら

miriさんの
ブログDEロードショーを知りました


是非、参加したいのですが
よろしいでしょうか



Re: 参加希望

  1. 2011/09/28(水) 08:31:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
はじめまして、庄屋弁当さん、ご訪問有難うございます☆

> はじめまして
> 庄屋弁当と申します。

コメントを有難うございます☆
ここのところ、訪問者リストにお名前がありましたので、
私も数回お訪ねさせて頂いていました。

> 「陽面着陸計画」の なるはさん
> のブログを拝見させてもらっていたら
> miriさんの
> ブログDEロードショーを知りました

なるはさんのブログのやり取りも、拝見させてもらっていました。

> 是非、参加したいのですが
> よろしいでしょうか

ハイ、大歓迎です!!!
こちらこそ宜しくお願いいたします☆

今回の映画は鑑賞されましたか?
記事は強制ではないし、皆さんの記事を読まれたりするだけでも楽しいと思います。

映画館に友達と行って、帰りに喫茶店で「あーだ」「こーだ」言う感じで、
お互いの記事にコメントしたりしていますが、、

楽しむ企画ですので、気持ちが乗らない事はしなくて良いのですよ~。
庄屋弁当さんが楽しいと思われる方法で、是非、ご参加くださいね☆

良かったら、この記事を読んで下さいね!
http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-1498.html

では、またのご来訪を、こころからお待ちしていま~す♪

おはようございます。

  1. 2011/09/28(水) 09:20:44 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
この作品、内容はぼんやりしか覚えてないけれど(吹替えで観たのがまずかったかな)、”世界一の美女にキスをする”のくだりはホントよかったですよね!
「~方」とか「~の方法」っていうパターン通りの邦題が残念。

虹の方の記事も読ませていただきました。「ジェイン・オースティン 秘められた恋」の事といい、この作品を良い時期に観られた事といい、やっぱり映画の神様が側にいるんですね!
これからも映画を楽しみましょう♪

鍵コメの件も了解で~す。

こんにちは。

  1. 2011/09/28(水) 10:58:03 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
コメントとTBありがとうございます。

>この映画は、封切り公開時に、夫と息子が二人で見に行きました。

この映画は、私も封切り公開時に観に行きました。前評判が高かったもので。

>私はまだ映画に再会していなくて、外出も今以上にしなかった時期で、

お察し致します。
現在は、ほんとうに、活力一杯に映画人生をお楽しみのことと拝察します。ご同慶に耐えません。私も後に続かせて下さい。

>ここまでやられると かえって気持ち良いね~!って
>初めて思いましたよ☆

分かります。
あの底抜けの明るさが、アメリカ映画の良さとでも言うべきでしょうか。この映画の救いの神だと思います。
多少は理屈っぽい面を持ち合わせているかもしれぬ私も、この映画には参りました。

>身体が死んでも、本当のそのヒトは生きている・・・
>この映画には、その考えとの矛盾は感じられませんでした。

そのことが、最近、何となく分かりかけてきたような気がしています。

>感謝です。この映画を今の時期の私に見せて下さった、全てに。

ほんとうに、今の時期で佳かったですね。
仰ること分かるつもりです。

>※たったひとつ難があります、邦題がダメですね

あぁッ!、そこまでは気が付きませんでした。
さっすがぁ、miriさんです!。

  1. 2011/09/28(水) 11:57:23 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
僕もこの映画は好きな俳優、二人の
共演ということで劇場に見に行きました!
感想は邦題の付け方というところまで
同じです(笑)

確かこの映画を見た後くらいにモーガンフリーマンの
下半身系の記事がありショックだったこと
を覚えてます(^_^;)
時間の短い映画だったんですね!
また借りて見たいと思います!(^O^)

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2011/09/28(水) 15:41:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この作品、内容はぼんやりしか覚えてないけれど(吹替えで観たのがまずかったかな)、”世界一の美女にキスをする”のくだりはホントよかったですよね!

記事がなかったので、どうしてかなぁ~?と思っていたのですが・・・。
一番良いところはちゃんと覚えていらして、良かったです♪

> 「~方」とか「~の方法」っていうパターン通りの邦題が残念。

この邦題では、金持ちしか最高の人生を見つけられないように誤解しますよね。
いったいどういうセンス?と思います☆

> 虹の方の記事も読ませていただきました。「ジェイン・オースティン 秘められた恋」の事といい、この作品を良い時期に観られた事といい、やっぱり映画の神様が側にいるんですね!

有難うございます☆
そう思いたいです!!!

> これからも映画を楽しみましょう♪

ハイ、今日の「オーバー・ザ・ムーン」にはコケましたが、
また良い作品に出会う事もあると思いますので・・・。

> 鍵コメの件も了解で~す。

ハイ、宜しくね☆

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2011/09/28(水) 15:47:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらこそコメントとTBを有難うございます☆

> お察し致します。

有難うございます。こころから嬉しいです☆

> 現在は、ほんとうに、活力一杯に映画人生をお楽しみのことと拝察します。ご同慶に耐えません。私も後に続かせて下さい。

いえいえ何を仰るやら~?
ついて行くのは、私です。時にヨチヨチと、時によたよたと。(爆)


> 分かります。
> あの底抜けの明るさが、アメリカ映画の良さとでも言うべきでしょうか。この映画の救いの神だと思います。
> 多少は理屈っぽい面を持ち合わせているかもしれぬ私も、この映画には参りました。

やっぱり二人が上手だからなのでしょうね~?
中途半端な俳優では ココまでうまくは いかなかったような気がします。

> >身体が死んでも、本当のそのヒトは生きている・・・
> >この映画には、その考えとの矛盾は感じられませんでした。
> そのことが、最近、何となく分かりかけてきたような気がしています。

それぞれの受け止め方ですから、押し付ける事は出来ませんが、
感じるというか、それぞれの時期もありますし・・・。
こちらの道も、ご迷惑でなければ是非、ご一緒にまいりましょう。

> ほんとうに、今の時期で佳かったですね。
> 仰ること分かるつもりです。

宵乃さんが「映画の神様がそばにいて下さる」と仰って下さり、
本当に励みになります。

> >※たったひとつ難があります、邦題がダメですね
> あぁッ!、そこまでは気が付きませんでした。
> さっすがぁ、miriさんです!。

いや~これはこれは!!!
しかし全くもって、何のセンスもない邦題で、
これでは金持ちしか、それもトンデモナイ多金持ちしか、
そういう人生を見つけられないのか?と思いますよね~(爆&怒)

take51さん、こんにちは☆

  1. 2011/09/28(水) 15:53:44 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
ご出張先からのコメントを、本当に有難うございます☆

> 僕もこの映画は好きな俳優、二人の
> 共演ということで劇場に見に行きました!

大ヒットした作品ですよね~♪

> 感想は邦題の付け方というところまで
> 同じです(笑)

本当にヒドイ邦題です、ここまでヒドイのも珍しいくらいですね~!!

> 確かこの映画を見た後くらいにモーガンフリーマンの
> 下半身系の記事がありショックだったこと
> を覚えてます(^_^;)

そそそそれは、一体、ぜんたい、何の事でしょうか???
あぁ知りたくない、でも、今はクリック一つで知る事が出来る時代、
あぁ調べてしまいそうだ~自分が怖い~!!!

> 時間の短い映画だったんですね!
> また借りて見たいと思います!(^O^)

映画は100分までですよね~!
もっといえば90分までですわ☆

110分を超えると、見るのをためらいます・・・。
130分とかで駄作だと、本当に失った時間を返してほしくて、監督を殴りたくなります。
あ、不穏な発言、失礼いたしました。

また再見なさったら、ご感想を聞かせて下さいね~!
では、お気を付けて・・・ご自宅までご無事に帰られますように・・・。

take51さんへ☆

  1. 2011/09/28(水) 15:58:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
あぁ知りたくなかった・・・信じられない・・・
良いお爺ちゃんだとばかり思っていたのに・・・
ただのイロボケジジイではありませんか~!!!
大ショック!!!
もう見たくない!!!
信じられな~い(涙)

あ、でも、教えて下さったこと、良かったと思っています。
知らずにずっと良い印象でこの先も見ていて、
ずっと先で知るともっとショックだったと思うので・・・。

今の気持ちは
「もう引退しなさい!」って言いたいです×××

おはようございます

  1. 2011/10/03(月) 08:07:07 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
遅くなりましたが、観ましたよ~。

「死」を扱った映画でしたが、
暗く重たくなくって、さっぱりと観る事ができました。

私は秘書とのやりとりが密かに好きでした。
彼に遺産を全部・・・とは言いませんが、
たくさん残してあげてほしいです。笑
(描写はなかったですが、きっと
そうしているような気がします。
そして秘書はお金だけで動いていた
わけではないと思います。)

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2011/10/03(月) 13:39:15 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 遅くなりましたが、観ましたよ~。

コメントとTBを有難うございます☆

> 「死」を扱った映画でしたが、
> 暗く重たくなくって、さっぱりと観る事ができました。

私は「死」を扱った作品・・・とは思わなかったですが・・・。

> 私は秘書とのやりとりが密かに好きでした。
> 彼に遺産を全部・・・とは言いませんが、
> たくさん残してあげてほしいです。笑
> (描写はなかったですが、きっと
> そうしているような気がします。
> そして秘書はお金だけで動いていた
> わけではないと思います。)

そうですね~!
私は書き忘れましたが、秘書の方とのやり取りや、
その「人となり」は、本当に良かったですね!

遺産のうち、少しは彼に行ったと思います(笑)

彼自身、多分、最初はボスとは全くのビジネスでドライな関係しかなかったと思うのですが、
ボスがそういう身体になってから、いろんな事があるたびに変わって、
最終的には、絆に近いモノがある関係になったと思います。

今からご訪問させて頂きま~す♪

  1. 2013/04/29(月) 11:45:32 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やはり映画の良し悪しは、作っている人たちの努力と才能と誠意(と、ある程度の予算も)にかかってますよね。
伝えたい事がまっすぐ伝わってくる作品でした。

美女にキスとラストの他に好きなシーンは、秘書に「見直しました」と言われて「お前の意見などどうでもいい」とエドワードがにこやかに肩をたたくシーン。秘書の「まったくこの人は素直じゃないなぁ」という顔が好きです(笑)

あと、「ダウン・バイ・ロー」楽しまれましたか。前は好きだったんだけど、再見したらあまり楽しめませんでした。気が短くなって、あのゆったりテンポが合わなくなってきたかも…。

>言葉が通じない事は、幸せな時もあるんだな~って思いました。

これはありますよね~。三人とも普通に話せていたら、きっとあそこまで仲良くなれなかったと思います。三人って絶妙なバランスが必要だし!

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2013/04/29(月) 18:26:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>やはり映画の良し悪しは、作っている人たちの努力と才能と誠意(と、ある程度の予算も)にかかってますよね。
>伝えたい事がまっすぐ伝わってくる作品でした。

ハイ、そう思います☆

>美女にキスとラストの他に好きなシーンは、秘書に「見直しました」と言われて「お前の意見などどうでもいい」とエドワードがにこやかに肩をたたくシーン。秘書の「まったくこの人は素直じゃないなぁ」という顔が好きです(笑)

秘書さんのことは覚えていますが、そのあたりの詳細は忘れてしまったので、次回いつか・よく見ますね~。

>あと、「ダウン・バイ・ロー」楽しまれましたか。前は好きだったんだけど、再見したらあまり楽しめませんでした。気が短くなって、あのゆったりテンポが合わなくなってきたかも…。

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は鑑賞されませんでしたか?
この監督、初見の「ブロークン・フラワーズ」が全くダメで、だんだん時間をさかのぼっていて、
だんだん過去作品の方が良くなっています(笑)。
宵乃さんとは反対向きかも~???(笑)

>>言葉が通じない事は、幸せな時もあるんだな~って思いました。
>これはありますよね~。三人とも普通に話せていたら、きっとあそこまで仲良くなれなかったと思います。三人って絶妙なバランスが必要だし!

ハイ、この映画の場合、全くそう思いました☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -