FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


149(本当は1)ボルサリーノ2

  1. 1977/02/23(水) 23:00:00_
  2. ジャック・ドレー
  3. _ comment:2
3月のイメージ ボルサリーノ2



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1977年2月23日(水) (高1)

またボルサリーノ2・・・
何年か前にみた おもいでの えーが
ドロンはかっこよい、けど、
ギャングは・・・マルセイユは はかない ものですネ




 
****************************



2009年3月:追記

この作品がなかったら
映画を好きになって見る事もなかったので、
そういう意味で、特別な思いのある映画です。

感想の書き方が酷いなあ・・・ヤケッパチ気味?
何かあったんだろうか?忘れましたが。

アラン・ドロンって、どうして好きになれなかったんだろう?
今もキムタクとか福山雅治とか一般的好かれる俳優や歌手は
ほとんどキライなので、それと一緒かな?



*************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21723

原題:BORSALINO AND CO.
製作年・国:1974年・フランス / イタリア / 西ドイツ
監督:ジャック・ドレー
主演:アラン・ドロン



再見時感想はこちら  →  ボルサリーノ2(74・仏)(2回目) ・・・ 1-149





<<(147) カサンドラ☆クロス 2回目 | BLOG TOP | 148・ラストコンサート>>

comment

おはようございます!

  1. 2012/07/14(土) 09:23:17 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
わたしもこれのよさはわかりません。結構人気あるみたいだけど、確かに今の若者は観ないかもしれませんね。例の93分番組では割と頻繁にオンエアしてます。
1も2も観たはずだけど、記憶が曖昧。音楽だけは耳に残ってます。

リンク先の映画音楽も聴かせていただきました。作品自体は知らないけど、なんだか切なげな曲ですね~。

>とにかく子役やっていた美人を探しましょう~(爆)。

やはり俳優は私生活も含めて考えないといけないんですね。参考になりました!

>山本富士子さんですが(女泥棒)「黒い十人の女」の奥さんですよ☆

あはは、「雪之丞変化」の彼女と「黒い十人の女」とではイメージぜんぜん違います。さすがだなぁ。

あと、「セントアンナの奇跡」の解説ありがとうございました。ついでだから、もっと詳しく聞いちゃおうかな。
黒人兵たちでリーダーと無線&通訳係の見分けがつかなかったんですが、犯人さんはどちらだったんでしょう?
あと、最初の方でトレインに偵察を任せたのとか、神を信じるかどうか話してたのとか、イタリアは黒人差別を知らないと話してたのとか、村の女性と関係を持ったビショップを殴ったのとか(三角関係だったの?)はどちらの人ですか?
それと、元凶であるスパイの男がスパイだと知ったシーンも、どんなだったか教えていただけると助かります。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/07/14(土) 16:02:39 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> わたしもこれのよさはわかりません。結構人気あるみたいだけど、確かに今の若者は観ないかもしれませんね。例の93分番組では割と頻繁にオンエアしてます。

権利関係で、オンエアが多いのかもしれませんね~?
団塊が暇になったから、オンエアされているのかも(爆)?

> 1も2も観たはずだけど、記憶が曖昧。音楽だけは耳に残ってます。

1は評判良いですね~。
覚えていないので1は見たいですが「どうしても」ってわけではありません(笑)。
音楽・・・?
youtubeで探してみますね♪

> リンク先の映画音楽も聴かせていただきました。作品自体は知らないけど、なんだか切なげな曲ですね~。

聞いて頂き、有難うございます。
この曲は、オスカーとっていると思います。

作品自体は少年の年上女性への初恋モノなので、たいした作品ではありませんが
私は高校時代に見たので、女優さんを見直したかったので、嬉しかったです☆

> >とにかく子役やっていた美人を探しましょう~(爆)。
> やはり俳優は私生活も含めて考えないといけないんですね。参考になりました!

いやはや、実は私生活は関係ね~とも思ったのですが、
どうしてもね~リズのような人は日本人にはいない気がするんですよ~。

演技だけなら一時期の松阪慶子と思いますが
すっかりデブのおばちゃんになってしまったし・・・。

まぁリズはリズという事でしょうか?
私の印象では京マチ子さんは犬神家のヒトでして(大爆)。

> >山本富士子さんですが(女泥棒)「黒い十人の女」の奥さんですよ☆
> あはは、「雪之丞変化」の彼女と「黒い十人の女」とではイメージぜんぜん違います。さすがだなぁ。

ミス日本から女優になった最初の人ですよね。
キレイで、でも演技もできて、畳ゴロゴロの女泥棒と、
あの9人を引き連れる奥さま、ではね~ハハハハハ~。

> あと、「セントアンナの奇跡」の解説ありがとうございました。ついでだから、もっと詳しく聞いちゃおうかな。

いや~名前等は全然覚えていないし、感想文読んで分かりそうなところだけ
書かせて頂きますが、昨日のお答も
もしかしたら、あっていないところもあるかも知れず・・・
「ごめんチャイ」と、先に謝っておきませう。

> 黒人兵たちでリーダーと無線&通訳係の見分けがつかなかったんですが、犯人さんはどちらだったんでしょう?

多分リーダーは死んだと思います。

> あと、最初の方でトレインに偵察を任せたのとか、神を信じるかどうか話してたのとか、イタリアは黒人差別を知らないと話してたのとか、村の女性と関係を持ったビショップを殴ったのとか(三角関係だったの?)はどちらの人ですか?

よく分かりませんが、質問内容からすると、
そういうことはリーダーがしそうなことではないでしょうか?

> それと、元凶であるスパイの男がスパイだと知ったシーンも、どんなだったか教えていただけると助かります。

これはね~何というか「エッ!?」みたいな一瞬だったと思います。
皆(イタリアの民間人)、ドイツ兵を怖がっていたわけで、まさか自分たちの仲間が・・・って
事で、たしか・・・そう、分かった時にはもう殺しが始まっていたような気が?

それで生き残った人にしか本当のことは分からなかったのではないでしょうか?
ドイツ兵でもトップのSSは無駄な殺しをしたくなかったのに、

ドイツがしかけて、アメちゃんとイタリア地下組織が応戦して、
そうなると、もう止まらないわけでして、
誰がどうなのか分けの分からないままの殺戮だったように思います。

しかし何十年も一丁のピストルを手入れして、持ち歩き?
いつでもあいつに会ったら殺そうと思い込み、
何十年後の顔の変化も分かり、と考えると、
非常に現実離れした、映画的な作品でしたね。

要するに、お嫌いな復讐劇でして、
でもまぁなかなか考えさせられ、奇跡をたくさん見せてくれて、好きな作品です☆

昨日今日と書いたことで、間違いがあったら、本当に申し訳なく・・・
もし間違いが分かったら、教えてくださいね~☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31