FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ジュリアン・デュヴィヴィエ 2作品 再見 (どちらもモノクロです)

  1. 2011/08/09(火) 23:00:00_
  2. ジュリアン・デュヴィヴィエ
  3. _ comment:5
殿堂入り  巴里の空の下セーヌは流れる
(初見時感想 → こちら

再見  アンリエットの巴里祭
(初見時感想 → こちら



12月のイメージ 巴里の空の下セーヌは流れる  7月のイメージ アンリエットの巴里祭




 


1-362 Sous le Ciel de Raris Coule la Seine 
(巴里の空の下セーヌは流れる) (3回目) 1951年・フランス




2011年8月8日(月)  セルDVD

監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
主演 数人

感想
今回は、初めて“冷静に”見られたような気がします。

そして一番ひっかかったエピソードは、殺人者マチアスと8歳の少女の出会いです。
このエピソードが描かれなければ、この作品は中心をなす「核」の部分が無くなり、
寂しいことこの上ないという事に気付きました。

この作品は計算されつくされたオムニバス形式で(グランドホテル形式ではなく)
各エピソードの交わる点と、各エピソードの始まりと切れる部分、全部これ以外ないという感じでした☆

「アメリ」を見て、やはりフランス語のナレーションのうるさいこの映画を
見たくなって、時間が出来たので、見られて良かったです。

昨年オンエアが続いて初見・再見したヒッチコック作品の中で「泥棒成金」がお気に入りですが、
その準主演のダニエル役は、この映画の大きな役柄を演じているブリジット・オーベールさんなのです☆
とっても可愛くって、大好きな女優さんです♪



初見時感想はこちら

巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏) ・・・ 1-362
巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏)(2回目) ・・・ 1-362 
巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏)(殿堂入り) ・・・ 1-362 
巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏)(殿堂入り) ・・・ 1-362 
巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏)(殿堂入り) ・・・ 1-362 
巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏)(流し見) ・・・ 1-362
巴里の空の下セーヌは流れる(51・仏)(殿堂入り) ・・・ 1-362



***************************************



2-511 La fete a Henriette 
(アンリエットの巴里祭) (2回目) 1952年・フランス




2011年8月9日(火)  セルDVD

監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
主演 数人

感想
この映画は、上記の映画の「ナレーション」に代わって、二人の脚本家の言葉があるのですね。
そして物語は、いくつもいくつも、作っては消しを繰り返すので、
オムニバスともグランドホテル形式とも違うけど、
1本の映画で、何本も見たような気持ちになって、得した感じもあります。

初見時よりもかなり冷静に見たので、
途中の少し長ったらしい部分(モーリスが警官から逃げるところとか)が
ちょっとね~と思ったけど、

それでも、こうして「映画を作る映画」「映画の中でのお話の数々」の映画としては、
かなり代表的で、秀作だと思いました。
(「メリンダとメリンダ」はパクリで、「パリで一緒に」はリメイクです)

上記映画と同様に、外国に行きたいという気持ちの人がいた事と、
たった1日のお話だということと、
最後のシーンがとてもお洒落な事、そういう共通点・・・

そして何よりどちらも巴里を、感じさせてくれた・・・
それだけで、私の胸はいっぱいになりました☆

「アメリ」など、フランス映画を引き継いでゆく作品が、
これからも沢山作られてほしいと、こころから思います♪



初見時等の感想はこちら

アンリエットの巴里祭(52・仏) ・・・ 2-511 
アンリエットの巴里祭(52.仏)(殿堂入り) ・・・ 2-511 





<<勝手な訳詞 その2 | BLOG TOP | 2-1190  竹山ひとり旅 >>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/08/15(月) 14:33:16 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/08/03(金) 09:31:25 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。
毎日暑いですね。

>この作品は計算されつくされたオムニバス形式で(グランドホテル形式ではなく)
>各エピソードの交わる点と、各エピソードの始まりと切れる部分、全部これ以外ないという感じでした☆
本当にそうでした。
終盤のみんなのエピソードが交わっていくところは圧巻でした。

巴里の空気を感じることができるような映画でした。
(今行っても、人も建物も変わってしまっているでしょうが・・・。)
近日中に「アンリエットの巴里祭」も観てみようと思います。

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2012/08/03(金) 12:33:10 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 毎日暑いですね。

本当に暑いです!
でも、これくらい大したことないわ、と思い、頑張っています☆
(冷房は適度に使用しています)

大したことない、というのは、一昨年のあの酷暑を憶えているからです。
一昨年の暑さは、あれは「異常」でしたから、今年はまだ「普通」かと(笑)。

> >この作品は計算されつくされたオムニバス形式で(グランドホテル形式ではなく)
> >各エピソードの交わる点と、各エピソードの始まりと切れる部分、全部これ以外ないという感じでした☆
> 本当にそうでした。
> 終盤のみんなのエピソードが交わっていくところは圧巻でした。

同感して下さり、有難うございます☆
どういうふうになってゆくのか、全然分からない頃には
想像もつかないような終着点が待っていましたね~!

> 巴里の空気を感じることができるような映画でした。
> (今行っても、人も建物も変わってしまっているでしょうが・・・。)

そんなに変わっていないらしいんですよ、それが。

戦前の映画は少し難しいのですが、ヨーロッパというところは、
(ものすごく細かい点は別ですが)
大まかに言って、戦後とか50年くらい前なら、全然変わっていなくて
映画の舞台を訪れるツアーとかもあるみたいですしね。

人、は、変わったと思いますが、日本人もよくよく考えれば
根本的なところは変わっていないと信じたいので、
きっと巴里の皆さんも、そうだと思いたいですね~。
あのシャンソンが、聞こえてきそうです♪

> 近日中に「アンリエットの巴里祭」も観てみようと思います。

ハイ是非ご鑑賞くださいね~。
のちほど、マミイさんのブログにお邪魔いたしますね~☆

「アンリエットの巴里祭」を観ました。

  1. 2012/08/18(土) 13:53:43 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。

『アンリエット・・・』を観た後で無性に『アメリ』が観たくなったので再見してました。
←で『アメリ』が出てたのでさらにビックリ!
シンクロですね。(嬉)

>1本の映画で、何本も見たような気持ちになって、得した感じもあります。
色んな方向に話がとんで、おもしろかったです。
アクション好きの脚本家のお話にならなくてよかったです。笑
ここまで変化にとんでいなくても、実際にも頭の中では何度も展開してはやり直し
・・・の繰り返しなんでしょうね。

ラストのしめ方も本当におしゃれでした。
始まる時に監督の欄が「?」になっていて洒落てるな~と思っていたのですが、
まさかこういう風に終わるとは・・・とビックリでした。

>「アメリ」など、フランス映画を引き継いでゆく作品が、
>これからも沢山作られてほしいと、こころから思います♪
『アメリ』は元々好きだったのですが、
良い伝統を引き継いでいることがわかってますます好きになりました!
『アンリエット・・・』を観たおかげです。すごくよかったです!

Re: 「アンリエットの巴里祭」を観ました。

  1. 2012/08/18(土) 15:59:28 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
マミイさん、こんにちは☆
こちらにも、コメントを有難うございます☆

> 『アンリエット・・・』を観た後で無性に『アメリ』が観たくなったので再見してました。
> ←で『アメリ』が出てたのでさらにビックリ!
> シンクロですね。(嬉)

本当に嬉しいです!

> >1本の映画で、何本も見たような気持ちになって、得した感じもあります。
> 色んな方向に話がとんで、おもしろかったです。
> アクション好きの脚本家のお話にならなくてよかったです。笑
> ここまで変化にとんでいなくても、実際にも頭の中では何度も展開してはやり直し
> ・・・の繰り返しなんでしょうね。

そうですね~多分脚本家というお仕事が出来てから、ずーーーっと、
全員そうなのでしょうけど、それをちゃっかりと映画にしてしまうところが何ともはや・・・。

> ラストのしめ方も本当におしゃれでした。
> 始まる時に監督の欄が「?」になっていて洒落てるな~と思っていたのですが、
> まさかこういう風に終わるとは・・・とビックリでした。

全体的に、おされな(※わざと)映画で、特にラストがね~!
ある映画を見たら、このまんまパクッていたので、結構尊敬されているんだな~と
ビックリしました☆

> >「アメリ」など、フランス映画を引き継いでゆく作品が、
> >これからも沢山作られてほしいと、こころから思います♪
> 『アメリ』は元々好きだったのですが、
> 良い伝統を引き継いでいることがわかってますます好きになりました!
> 『アンリエット・・・』を観たおかげです。すごくよかったです!

この映画はオンエアもされないし、公開当時に見た人の他には、
ソフトの存在も知られてもいない感じで、
玄人向けなのかもしれませんが、

とっても良い作品だと思うので、
なんとか もっと広く知られてほしいと思っています。

先ほど読ませては頂いたのですが、
マミイさんの記事には、夜にコメントさせて頂きますね~☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31