FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1167  恋愛睡眠のすすめ  (旧gooブログの記事)

  1. 2011/07/26(火) 22:30:00_
  2. ミシェル・ゴンドリー
  3. _ comment:4
2011年7月29日の記事
タイトル 「夢もまた夢」



↓ 宵乃さんの描かれたイラストです。夢のような夢の場面で、素晴らしいですね~☆




宵乃さんの記事へ飛びます





 
.


La Science des rêves (恋愛睡眠のすすめ)2006年・フランス/イタリア合作映画を見ました。

2011年7月26日(火)  BS3にて

監督  ミシェル・ゴンドリー
主演  ガエル・ガルシア・ベルナル  (ステファン 役)

感想

“ど真ん中、気に入りましたで・賞”

まず最初に、訳の間違いでズッコケました。
落としたピアノを警官とともに拾ってきて、警官が帰る時にポロンポロンとやって
「単調がどうのこうの」って、そりゃ「短調」だよ、訳者さん、あんたアホか~!

この作品は私には「ど真ん中」で気に入ってしまいました☆
調べたら主演の人も好きな人だったし、お母さん役の人も昔気に入っていた人でした。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」と続けて「チェ×2」を見て、
違う役者さんなのに同じように見えて、最初の彼がやっぱ一番素敵でした☆

ミウミウってこうして長く女優やっていて、
たくさん賞の候補になっていたんだね~。当時を思い出すわ~。

会社の奴らも、忙しい夢にも付き合わされて、
演技する人間冥利に尽きる作品だったでせう。

私にはあの夢のような世界と、夢の世界と、夢の中と、全部気に入ってしまって~。
最初から完全に一緒になって入って行ったって感じです。
美しい工作と手芸だけでも、夢みたいでした。

工作が苦手で、あぁいう段ボールとかでいろいろと作るのは永遠の憧れ・・・
手芸は昔よくしたけど、今はもう全然しなくなって、

温かいタッチのフェルトで作られたあれこれを見るだけで、やられてしまいました。
一番ほしいと思ったのは、やっぱ「車」ですかね。一人乗り♪

テープの水や、戦う背景や、カレンダーの絵や、
何もかも一つずつ丁寧に心こめて作られていて、
それが伝わってくるから感激でした☆


着ぐるみのシーンは、短いし、特に何も思わないけど、
この映画には必要なパーツだったと納得。

相手役の女優さんが年増でがっくり、もう少し何とかならなかったのかしらん?
その人の部屋の中の現実のアレコレもキレイで、
作っている途中だったりするのだけど、いちいち可愛い。

馬が動いて、彼女の心も捉えたのかな?
最後は彼女のベッドで眠りこけて、
二人であの馬に乗っていたのが、彼の一番の願望だと分かり、切ない。

かなわない恋・・・というより、かなわない普通の生き方、
彼はそれ自体(自分の病状)知らないのかもしれないけど、
本当に芸術家にでもならない限り、難しいのだと思う。


もしもこれが病気ではない変わりモノの話なら、
「男アメリ」という感じだったと思いますが、厳然として、病気なので~。


そう、病気なんですよね、本当にお気の毒な・・・。
本当に現実的に考えれば、
母親が息子をどこかに(メキシコ?)行かせるのは間違っているから、
精神病院に入れろとまでは言わないけど、
役所に相談して、何かしないとね~。

まぁまず、離婚後にお父さんが田舎でどうやって育てたのか?
いつ頃離婚したのか?とか説明がないので、
ほっておかれたのかもしれないけど、親が気付かないはずがないからね。

もしかしたら一度も受診していないのかもしれない、
そうだったら、それは「ネグレスト」になるんだけど、
だからこそ、この映画はそうやってマジには考えたくない作品でした。

一つだけマジにハッとさせられたのは、
フランス語があまり分からない人間が、パリで、
英語の分かる人となら、何とか意思疎通ができる、という描写で、
やはり英語は世界語かぁ~と・・・そういう事でした☆



再見時感想はこちら  →  恋愛睡眠のすすめ(06・仏/伊)(2回目) ・・・ 2-1167 



※これは旧gooブログの記事ですが、感想文もほぼ同じなので、この記事1本にします。




<<2-1168  綴方教室 | BLOG TOP | 2-1166  恐怖の報酬  (1953年版)>>

comment

もう一回みたいです

  1. 2011/07/29(金) 13:12:21 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。
記事のお知らせありがとうございました。

>かなわない恋・・・というより、かなわない普通の生き方、
あぁ、こう考えると本当に切ない物語ですよね。
ますます再見したくなりました。

本当に私はガエルの存在にばかり浮かれ、
手作り感満載の背景に見とれて
物語は全然追っていなかったなぁと
miriさんの記事を読んで改めて思いました。

こちらもお邪魔します

  1. 2011/07/29(金) 13:13:24 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
案外こういう病気は、本人も周りも病気と気付かない事が多いようです。発症から確定診断までの平均期間が約15年だとか!
離婚のこともあって、ちょっと夢みがちくらいに思われていたのかもしれませんね。
あのラストは切なかったけれど、きっといつか彼女と治療の第一歩を踏み出せるんじゃないかなぁと思います。

あの手作り車はホント可愛かったですよね~。スタッフたちは、きっと楽しんで作ったんだろうなぁ。
見ているだけで、こんなに楽しい気持ちになるもの!

Re: もう一回みたいです

  1. 2011/07/29(金) 19:19:15 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
マミイさん、こんばんは☆
今日は色々と有難うございました☆

> 記事のお知らせありがとうございました。

いえいえ、読んで頂き、コメントもありがとう~!
ひとりツッコミ、ってあぁいう事をさすのですね!?
よく分からないので、勉強になりました☆

> >かなわない恋・・・というより、かなわない普通の生き方、
> あぁ、こう考えると本当に切ない物語ですよね。
> ますます再見したくなりました。

♪かりなさーい♪
♪かりてでも、みなさーい♪

いえいえ私の言葉では、ありません。
貴女のこころのお言葉です(キャッ)

これはNHKBSプレミアムなので、
半年以内に再放送があると思います。
ごゆっくりとお待ちくださいね~☆

> 本当に私はガエルの存在にばかり浮かれ、
> 手作り感満載の背景に見とれて

いえいえ、それで良いのでは?
映画の見方は、それぞれですもの~。
(同じ映画でも、初見時と再見時に見るところが違うのは、普通だと思います)

> 物語は全然追っていなかったなぁと
> miriさんの記事を読んで改めて思いました。

あれからよくよく考えたら、多分、私はこの物語の主人公が病気と言う事を、
宵乃さんの記事で見てしまって(未見の映画は記事を読ませてもらわないのですが、
イラストに目が行くので、どうしてもその時に、少し文章が目に入ります)
それで先入観を持って見たのだと思いいたりました。

もし、宵乃さんの記事がなかったら、どうだったろう?と、思うけど、
今ではその時に戻れないので、分かりませんが、

私は病気の人の映画は(精神疾患も含めて)
ものすごく気になるし、アンテナバリバリ張るので、
多分気付いたのではないかと思います。

でもどちらにしても、この話は、夢もまた夢、って感じで良いのでは?と思っています。
再見なさったら、是非、ご感想をお聞かせ下さいませ~♪

宵乃さん、こちらにも有難うございます☆

  1. 2011/07/29(金) 19:30:27 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
今回、イラストをお借りしました。事後承諾で申し訳ありません。
「トゥー・ブラザーズ」もお借りして、TB再送してしまったような気がします。
「ニャンタッチャブル」も記事は上げませんが、自分の感想文にイラストをお借りしました。
以上、まとめて、有難うございました☆(ペコリ)

> 案外こういう病気は、本人も周りも病気と気付かない事が多いようです。発症から確定診断までの平均期間が約15年だとか!

えぇ~っ!!!
本人も~!?
両親も~!?
あ、でも、発症が子供時代とは限りませんものね・・・。
う~ん、難しい。

> 離婚のこともあって、ちょっと夢みがちくらいに思われていたのかもしれませんね。

両親の離婚時期がハッキリと分からなかったのは、
ちょっと問題だったような気がしますが、

お母さんの部屋に、彼の小さい頃の写真が飾ってあって、
女中の人も「大きくなった」と、再会時に驚いていたから、
かなり昔だったのかもしれませんね~。

> あのラストは切なかったけれど、きっといつか彼女と治療の第一歩を踏み出せるんじゃないかなぁと思います。

あぁ、そうだったら、どんなに良いでしょう~!?
素晴らしい提案です!
もしそうなら、この映画をマジにとらえても、構わないと思えます。さっすがー!!!

> あの手作り車はホント可愛かったですよね~。スタッフたちは、きっと楽しんで作ったんだろうなぁ。
> 見ているだけで、こんなに楽しい気持ちになるもの!

萌え~!ってこういうキモチだと思います!!!
図工のダメだった私は、絵も描けなかったけど、工作もダメで・・・。

あんなにキレイに作ったアレコレ、撮影終わったら、
だれか欲しい人にもらってもらって、大切にされていてほしいと、こころから思います♪

追伸:ごめん、しつこくて。
   タイという国の事を、シャムって言うのですが・・・。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31