FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


146・ジャイアンツ 

  1. 1977/02/19(土) 23:00:00_
  2. ジョージ・スティーブンス
  3. _ comment:3
ジャイアンツ新画像



1977年2月12日と19日 TVと学校 (高1)
監督 J・スティーブンス
主演 リズ、ロック・ハドスン、ジミー

Gaiant そのものでした テキサスと そこの人々は・・




 
.


感想 J・スティーブンスは ステキな人だと思う
    シェーンも ジャイアンツも アメリカの映画だから
    彼はステキなアメリカ人で アメリカを理解していた
    人なのですねーーー
    内容は名作!のひとこと ’20~’50くらいまでの
    30年間のある1家のおはなし すばらしい
    ロック・ハドスンとリズの カップルの生き方は
    アメリカ人の テキサス人の・・すばらしいというか、それらしい
    生き方でしたね
    ジミーのやった ジェット・リンクはただ かわいそうな人
    ジミーのえんぎは よくわからないけど こわい何かがあった



************************



2009年3月:追記

すごい映画でしたね。
リズは美しかったけど、今までに見た映画より
やはり舞台がああいう場所だったからか?おかみさん的な感じでした。

ジミーは、この映画で初めて見たと思うけど
やっぱりすごく印象深かった・・・
目に浮かぶよね、あの石油が飛び出るシーン!

すごい映画だったけど、あんまり感動しないというか
今で言えば「ツボ」に来なかったんだと思います。



********************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10239

製昨年:1956年



再見時等の感想はこちら

ジャイアンツ(56・米) ・・・ 1-146(2回目)
ジャイアンツ(56・米)(3回目) ・・・ 1-146





<<147・カサンドラ・クロス | BLOG TOP | 145・ライムライト>>

comment

こんにちは!

  1. 2012/07/13(金) 12:16:59 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>リズは美しかったけど、今までに見た映画より
やはり舞台がああいう場所だったからか?おかみさん的な感じでした。

あはは、確かに!
彼女「クレオパトラ」やったひとですよね。長すぎて観る気が起きず、何度かオンエアをスルーしてます。この女優さんは日本で言えば誰かな~?と検索してみたら、京マチ子さんと出ました。miriさん的にはどうでしょう?

この作品で印象に残るのは、やはりジェット・リンクですね。あの暗い目がぴったりです。ラストの痛々しい姿が目に焼きついてます。

あと、福引で扇風機を当てたんですか~!
クーラーは使わず暑いのを我慢してると仰っていたし、それへのごほうびかもしれませんね~。おめでとうございます♪

********************

「セントアンナの奇跡」やっと再見しました。
でも、残念ながら顔が見分けられず…。全体的な流れはわかったし、良い作品なんだろうなぁという事は伝わってきたんですけどね。冒頭の事件で、誰が誰をどういう理由で殺したのかという基本的なことが分からなかったので、自分のアホさに項垂れてしまいました。優しく教えて頂けると嬉しいです…。

********************

鍵コメありがとうございました。アクセス解析を活用するのは難しいけど、なんか気になっちゃいますよね。どのページが見られてるか、どんな検索単語で来るのか…。
実はわたし、ちょっとまえにブログのページ表示速度を上げようと外してしまいました。下の方に設置すれば、そんなに速度に影響ないらしいんですけどね~。

「私の中のあなた」の感想も読ませていただきました。
miriさんが観られる時期にあの作品に出会えたという事に、ちょっと感動しましたよ~。もし早かったら、まるっきり別の印象を受けていたかもしれないんですもんね…。そのタイミングで本当に良かったです。
人はいつかは死ぬ、死ぬのは恥じゃない…。今はそんなに響かなかった人でも、いつかこの作品を心の片隅で思い出す日が来るんじゃないかなぁと思いました。
読ませて頂けてよかったです!

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/07/13(金) 15:03:34 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> あはは、確かに!
> 彼女「クレオパトラ」やったひとですよね。長すぎて観る気が起きず、何度かオンエアをスルーしてます。この女優さんは日本で言えば誰かな~?と検索してみたら、京マチ子さんと出ました。miriさん的にはどうでしょう?

「ジャイアンツ」は再見しなくてはね~。オンエアを保存してあるのですが・・・。
「クレオパトラ」は、それでも一生に一回くらいは見ても良いかと思います☆
当時としては大変に豪華な素晴らしい映画で、セットだけではなく、
人間関係等も、その作品で勉強にもなりましたし・・・。
まぁ、気が向けばでイイので・・・。

京マチ子さんね~???
リズは子役からやっていて、結婚が大変に多かったので、
京さんは娘役から らしいので その点は良いと思いますが、私生活が違いすぎるし・・・。

今の時代で言えば、安達ゆみが、この後も結婚を繰り返して、大女優になれば
という感じでしょうか?あるいは大島優子とか?
とにかく子役やっていた美人を探しましょう~(爆)。

> この作品で印象に残るのは、やはりジェット・リンクですね。あの暗い目がぴったりです。ラストの痛々しい姿が目に焼きついてます。

ハイ、ジミーを想うと、再見しなくてはと焦ります・・・。
再見後に宵乃さんの記事にコメントに行かせてくださいね~。

> あと、福引で扇風機を当てたんですか~!
> クーラーは使わず暑いのを我慢してると仰っていたし、それへのごほうびかもしれませんね~。おめでとうございます♪

有難うございます☆
扇風機は嬉しいです☆
ところが・・・お恥ずかしい事に、とうとう今日あたりから(夕食の支度から)
エアコン使いそうなんです・・・もうほとんどダメです(泣)。

> ********************
>
> 「セントアンナの奇跡」やっと再見しました。
> でも、残念ながら顔が見分けられず…。全体的な流れはわかったし、良い作品なんだろうなぁという事は伝わってきたんですけどね。冒頭の事件で、誰が誰をどういう理由で殺したのかという基本的なことが分からなかったので、自分のアホさに項垂れてしまいました。優しく教えて頂けると嬉しいです…。

アホだなんて・・・
超簡単に言うと、人物は、
殺した人は。アメリカ人の黒人で、戦時中ヨーロッパ戦線に居た人、
殺された人は、イタリア人の一般人で、実はドイツと繋がっていた民間スパイ
(誰もそんな事知らないから、ふつーの良い人と思われていた)、

舞台は、イタリアの小さな村、
当時は一応ドイツが勝ち気味だったけど、もうアメリカ軍も来ていたし、
イタリアは一つの統一された国家という感じからも ほど遠く、
とにかくこの村で何とか終戦になってほしいと、ふつーの皆さんは思っていた。

事件は、
簡単に言うと、その民間スパイのせいで、民間人も、女子供年寄りも、
アメリカ軍も、イタリアの地下組織人も、皆殺しに近い目にあったこと、

実はドイツのSSにも無駄な殺しを好まない人もいて、
その人が死ぬまえに(死んだあとかも?)ピストルを、
アメリカ軍4人のうちの、たったひとりの生き残りである
冒頭に殺した人にあげていて、

そのピストルで、何十年も前から「見つけたら殺してやろう」と思っていた、
イタリア人(今はアメリカに帰化している?)を
見つけて、当時殺された全員の恨みをこめて、殺した、という感じだと思います。
(容貌の変化についていけるか???)

小さな村では敵味方、民間、軍人、問わずに、人間同士の触れ合いがあったのです。
女性と仲良くなった人もいたと思うし。
パッケージ画像の子供も当時生き残っていて、ラスト、あぁいう事になりました。

殺した人には、子供がいなくて、奥さんに先立たれてからは、仕事以外に何もなく、
とにかくずっとあの銅像の頭を持っていて、死ななくても良かったのに殺された皆さんの事を
思っていた、という感じです。
まぁ現実的にはなかなか・・・ですが、映画的にはアリかと思いました。

> ********************
>
> 鍵コメありがとうございました。アクセス解析を活用するのは難しいけど、なんか気になっちゃいますよね。どのページが見られてるか、どんな検索単語で来るのか…。
> 実はわたし、ちょっとまえにブログのページ表示速度を上げようと外してしまいました。下の方に設置すれば、そんなに速度に影響ないらしいんですけどね~。

まだよく分からないけど、とりあえずしばらくつけて様子見します☆

> 「私の中のあなた」の感想も読ませていただきました。
> miriさんが観られる時期にあの作品に出会えたという事に、ちょっと感動しましたよ~。もし早かったら、まるっきり別の印象を受けていたかもしれないんですもんね…。そのタイミングで本当に良かったです。
> 人はいつかは死ぬ、死ぬのは恥じゃない…。今はそんなに響かなかった人でも、いつかこの作品を心の片隅で思い出す日が来るんじゃないかなぁと思いました。
> 読ませて頂けてよかったです!

有難うございます☆
こちらこそ、読んでいただけて、本当に嬉しいです!

山本富士子さんですが(女泥棒)「黒い十人の女」の奥さんですよ☆

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/09/11(火) 13:18:42 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -