FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


「ブログ DE ロードショー」 次回のお知らせ等 / 今回の作品の感想文

  1. 2011/08/05(金) 22:30:00_
  2. ジャン=ピエール・ジュネ
  3. _ comment:25
(ブログ DE ロードショーってこういう企画です)



皆さまへ

天候不順の夏で、被災地は、まだまだ たいへんな状況が続いています。
微々たる力ですが、毎日のお祈りは続けてまいりたいと思います。

皆さま、それぞれご鑑賞、有難うございました~! 楽しんで頂けましたでしょうか?
まだ今後もレビューを書かれる方がいらっしゃると思いますので、たまに記録の記事を見てくださいネ~☆


***********


次回は “陽面着陸計画” の
なるは さん が、作品をお選びになります。

http://lunarmodulediary.blog35.fc2.com/)

いつもどおりに1週間前にお知らせしますので、皆さま、どうぞお楽しみに~!




 

.


****************************************



※この作品に投票して下さった皆さま、本当に有難うございました☆



 再見 Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain,
(アメリ) 2001年・フランス




↓ 「忘却エンドロール」の宵乃さんが描かれたイラストです。
  とっても切ない良い場面ですね~♪ ( ☆クリックしてね☆ )




「アメリ」宵乃さんの記事へ飛びます




2011年8月5日(金) 

監督 ジャン=ピエール・ジュネ
主演 オドレイ・トトゥ

感想
今年の1月に初めて見て、思いがけず早くに再見しました。
現代の・・・と言っても10年前ですが、
まぁ普段見ている古いフランス映画に比べれば、現代のフランス映画でした☆

そう、フランス映画、
良い意味で「ハリウッドでは絶対に作れない作品」だと思いました。


私が映画を再び沢山見るようになって、一番驚いたのが、
フランス映画という名前なのに、中身はハリウッド映画、とか、(英語)
フランスが舞台でも、資本がアメリカという事や、(英語)
イタリアとの合作がやっぱりハリウッド映画に落ちている事、(もちろん英語)
そんな事があまりにも多かった事です。ものすごく落胆しました。

昔からハリウッドの映画って、あんまり好きでないのよね、
どちらかというとヨーロッパの映画が好きなんですよ♪

そんな中、この映画は、やっと出会えたフランス映画だと思ったのです。
(80年代~90年代を境にしていると思います
 なので、昔の映画は、やはり、今見たとしても、フランスらしい作りですが)

内容は色々な見方があると思いますが、
私の見方は、
それなりに愛していたであろうけれども、
それは普通の意味では「間違っていた両親からの育てられ方」から、

「一人の女性として、羽ばたいてゆく」までの、
彼女の心の成長を、
巴里の下町や、そこに住む多くの人との触れ合いや、
いろんな誤解や、犯罪やストーカー行為をさえも、

監督のマジックで、嫌な気持ちにならない、
ファンタジーとも見える、けれども実際は
「地に足を付けた、そういう話」だと思います。

お父さんの人形の旅は、数年前にアメリカで同じような事があったと思い出しました。
この映画を見ていたのかな? 犯人さんは!

初見時も気になったけど、一番忘れられない反戦映画(ディズ・オブ・グローリー)の主人公が、
八百屋の小僧さんで働いていて、片手のない役だったけど、
彼が生きてて良かったと、変にしみじみ思いました☆
(…ジャメル・ドゥブーズさんは、本当に右腕が使えないのだと、記事を書いていて、今、初めて知りました)


ガラス男の描いている絵がどうしてあの絵だったのか、今回はハッキリと分かりました。
この監督は、ジャン・ルノワール監督を尊敬しているんだと思います。
だから、お父さんのあの有名な絵を、ガラス男に描かせているのだと、確信しました♪



さて、一番気に入っているのは、実はナレーションです。
あのうるさいような、意味不明の音の羅列が、
私には本当に耳に心地よくて、
フランス語のうるさいナレーションって、カ・イ・カ・ン♪



皆さまと一緒にこの映画を鑑賞出来た事を、こころから感謝致します。



初見時等の感想はこちら

アメリ(01・仏) ・・・ 2-895 
アメリ(01・仏)(殿堂入り) ・・・ 2-895




<<2-1184  野球狂の詩  (旧gooブログの記事) | BLOG TOP | 2-1183  フールズ・ゴールド / カリブ海に沈んだ恋の宝石>>

comment

こんばんは!

  1. 2011/08/08(月) 01:21:35 |
  2. URL |
  3. なるは
  4. [ 編集 ]
いつもありがとうございます!

私も『アメリ』鑑賞しました!
2年前に観た以来で、
前回初めて観て凄く良い映画だなぁと思ったのですが、
今回ももっともっと感動してしまいました!

繊細な脚本ですよね!
結構ちらほらドキツイ描写もあるんですが(笑;)、
ひとりひとりの些細な喜びの描き方が素晴らしいです!!

miriさんが言うように、
もともとアメリが幼い頃どのように育ったかという少し重たいテーマもありつつ、
楽しく、心あたたまる作品に仕上げているところが見事ですね!

2年前に映画レポを書いたばかりなので
今回は新たな記事を起こす予定はないのですが、
(いろいろ語りたいこともありましたが!)
以前書いた映画レポをTBさせて頂き案す!

次回頑張ります!
よろしくお願いいたします!!

こんばんは~♪

  1. 2011/08/08(月) 01:23:24 |
  2. URL |
  3. ちゃぴちゃぴ
  4. [ 編集 ]
ご無沙汰しています。
お店にはあるんですが、貸し出し中で期間内は無理っぽいです。

アメリは、以前に観てます。
許容範囲が広いと思う私なんですが、実は割と好きじゃない映画なんですね~。
細かいところで、好きなところもあるんだけどね。
オドレイ・トトゥがダメなのか?
そんなんで、見直してもいいな。感じ方が変わってるかもって思ったんだけど。

なるはちゃん、こんにちは☆

  1. 2011/08/08(月) 09:46:26 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございました☆

> 私も『アメリ』鑑賞しました!
> 2年前に観た以来で、
> 前回初めて観て凄く良い映画だなぁと思ったのですが、
> 今回ももっともっと感動してしまいました!

お忙しい中、ご鑑賞を有難う☆
私は7ヶ月という早期の再見でしたが、
やはり同じように、初見時も良かったけど、より良いと思いました。

同じような感じで、嬉しいです☆

> 繊細な脚本ですよね!
> 結構ちらほらドキツイ描写もあるんですが(笑;)、
> ひとりひとりの些細な喜びの描き方が素晴らしいです!!

本当に細かくて、そのくせイヤミとかがなくて、
ハリウッドでは無理な脚本ですよね~。

> miriさんが言うように、
> もともとアメリが幼い頃どのように育ったかという少し重たいテーマもありつつ、
> 楽しく、心あたたまる作品に仕上げているところが見事ですね!

監督の手腕が大きいけど、
役者さんが皆、なりきってましたね、職人芸です♪

> 2年前に映画レポを書いたばかりなので
> 今回は新たな記事を起こす予定はないのですが、
> (いろいろ語りたいこともありましたが!)
> 以前書いた映画レポをTBさせて頂き案す!

ハイ、読ませて頂きました。
お時間があったら、追記書いて下さると嬉しいですが、
無理はしないでくださいね!

> 次回頑張ります!
> よろしくお願いいたします!!

こちらこそ宜しくお願いいたします。
(以前の「アニ~・・・・」もすっごく良くて、今も目に浮かびますよ~)
今回も、楽しみに待っていますよ~♪

ちゃぴちゃぴさん、こんにちは☆

  1. 2011/08/08(月) 09:51:34 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> ご無沙汰しています。
> お店にはあるんですが、貸し出し中で期間内は無理っぽいです。

こちらこそ、ご無沙汰しています。
いつも新作記事、見せて頂いているのですが、
(どなた様の記事も、未見の場合は、詳しくは読まないので、見る、という事になります
 失礼な言葉で、ごめんなさい)
未見作ばかりで、コメントもせずに、ゴメンナサイね~。

こうしていらして下さり、本当に有難うございます。
もし借りられたら、で、結構ですよ~。

> アメリは、以前に観てます。
> 許容範囲が広いと思う私なんですが、実は割と好きじゃない映画なんですね~。
> 細かいところで、好きなところもあるんだけどね。
> オドレイ・トトゥがダメなのか?
> そんなんで、見直してもいいな。感じ方が変わってるかもって思ったんだけど。

そうですね~。
初見時に印象が良くなくても、変わる場合もありますものね~。
もし借りられて、お時間があれば、宜しくお願いいたします。
(ご無理なさらないでくださいね♪)

こんにちは!

  1. 2011/08/08(月) 11:51:22 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
いつにもまして熱のこもった記事ですね!
この作品への愛を感じます。

>お父さんの人形の旅は、数年前にアメリカで同じような事があったと思い出しました。

そんなことがあったんですか。犯人ということは事件ですよね?
アメリ好きはいいけど、犯罪はなぁ・・・。お父さんのエピソードが好きなので、よけいに気になります。

八百屋の青年役の腕のことも知らなかったので、驚きました。
これも含めて、観ると元気を分けてもらえる作品だと思います。

あと、鍵コメの件も了解です。新しい方法、成功するといいですね!

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2011/08/08(月) 12:40:35 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

イラストをお借りしました。
先に言わなくて、申し訳ありません。
TBさせて頂きました♪

> いつにもまして熱のこもった記事ですね!
> この作品への愛を感じます。

有難うございます☆
そう仰っていただくと、嬉しいです。

半年間のベスト10には、惜しくも入らなかったですけど、
好きな作品、だけで選べば、多分入ると思います。

> >お父さんの人形の旅は、数年前にアメリカで同じような事があったと思い出しました。
> そんなことがあったんですか。犯人ということは事件ですよね?
> アメリ好きはいいけど、犯罪はなぁ・・・。お父さんのエピソードが好きなので、よけいに気になります。

えーっと、これは、詳しく書くと、ある家の、庭に置いてあったお人形(?)
(陶器のモノだったように思います)
が、ある日、なくなって、家の人が悲しみに沈んでいたら、

ある日、他の国の建物と一緒に写っている写真が送られてきて、
そういう事が数ヶ月続いて、各国の著名な建物との写真で、
合成ではなく、だんだん家の人も写真を心待ちにするようになって、

ある日、その人形が突然、家に帰って来て、
なくなった時と同じように、お庭に置いてあったと思います。

テレビでその話を取り上げたら、犯人さんが名乗り出て、
今では、双方が家族のように付き合っているという、
世にも珍しい良いお話なので、大丈夫なんです☆

お人形を持って行ったのは、確かいたずらで、
全然面識のない人で、犯人さんたちは、たしか旅する若い人で、

各国で写真撮って、送ってあげようと思ったのも、いたずらで、
まさかテレビで取り上げられるとは~!って感じでした。

対面の様子もテレビでオンエアして、
日本の番組でそれを見た私でさえ、涙浮かべて、拍手喝さいでした。

私は「アメリ」があとだったけど、先に見ていた人は
気付いた人が多かったろうと思います☆

> 八百屋の青年役の腕のことも知らなかったので、驚きました。

ハイ、ご立派な俳優さんで、出演は「アメリ」が先なんですけど、
私は「ディズ・オブ・グローリー」を先に見たので・・・。

> これも含めて、観ると元気を分けてもらえる作品だと思います。

ハイ、元気になれると思います!!!
皆さまがそうだったら、もっと嬉しいです♪

> あと、鍵コメの件も了解です。新しい方法、成功するといいですね!

ありがとう~!
まだ時間はあるので、是非、宵乃さんも、良いお知恵をお貸しくださいね~!!!

トラックバックありがとうございました

  1. 2011/08/08(月) 13:37:27 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。
午前中に感想は読ませてもらっていたのですが、
バタバタしていて、やっとこさコメントが書けます。

>皆さまと一緒にこの映画を鑑賞出来た事を、こころから感謝致します。
私も同じく感謝します。
DVDを持っていると安心して、なかなか再見しないものですから。笑
バタバタしてる時期にほっこりできました。

>…ジャメル・ドゥブーズさんは、本当に右腕が使えないのだと、記事を書いていて、今、初めて知りました
へ~、私もmiriさんの記事で初めて知りました。
確かに、いつも右腕をポケットにいれているな~と、観ている最中におぼろげながら思っていたのです。
観終わった後はすっかり忘れていました。
全く自然な演技で素敵でした。

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2011/08/08(月) 14:58:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございます☆

> miriさん、こんにちは。
> 午前中に感想は読ませてもらっていたのですが、
> バタバタしていて、やっとこさコメントが書けます。

お忙しい中、ありがとう~☆
無事にお帰りになられて本当に良かったですね!
お天気も良いので、Tシャツも全部乾く事でしょう~♪

> >皆さまと一緒にこの映画を鑑賞出来た事を、こころから感謝致します。
> 私も同じく感謝します。
> DVDを持っていると安心して、なかなか再見しないものですから。笑
> バタバタしてる時期にほっこりできました。

そう仰って頂くと、本当に嬉しいです!
お母さんがほっこりなさると、お子様も安心感倍増ですものね~!

> >…ジャメル・ドゥブーズさんは、本当に右腕が使えないのだと、記事を書いていて、今、初めて知りました
> へ~、私もmiriさんの記事で初めて知りました。
> 確かに、いつも右腕をポケットにいれているな~と、観ている最中におぼろげながら思っていたのです。
> 観終わった後はすっかり忘れていました。
> 全く自然な演技で素敵でした。

「ディズ・オブ・グローリー」という反戦映画がありまして、
私が今までに見た中で、一番心に残っている反戦映画です。
彼はその主役数人のうちの一人で、すっごい演技でした。

「アメリ」の方が先に作られているのですが、
私は反対の順番で見たので、良かったなぁと思いました。

この人は俳優以外に製作などもしているらしいです。
右腕が自由に使える私たちは、頑張らなくては・・・とも、思わせてくれました。

こんばんは。

  1. 2011/08/08(月) 20:25:26 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
とりあえず、レビュー内容は見ないように、見ないように。(^^;

うーん、今回の作品も近所のレンタル屋さんにはありませんでした。
ツタヤには5本くらいあったんですけど、全てブルーレイに置き換わっているし。(@@) ブレーレイは観賞できません。
そんなに古い作品じゃないだろうにねぇ。

ネットは都合により無理なので、週末実家に行くときに、向こうのレンタル屋を探してみます。

白くじらさん、こんばんは☆

  1. 2011/08/08(月) 21:00:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらにいらして下さり、有難うございます☆

> とりあえず、レビュー内容は見ないように、見ないように。(^^;

未見作でしたか?
まぁ女性向きかもしれませんものね~。

> うーん、今回の作品も近所のレンタル屋さんにはありませんでした。
> ツタヤには5本くらいあったんですけど、全てブルーレイに置き換わっているし。(@@) ブレーレイは観賞できません。
> そんなに古い作品じゃないだろうにねぇ。

それはそれは・・・
ブルーレイばかり置くというのは、イケナイ事ですね!!!

> ネットは都合により無理なので、週末実家に行くときに、向こうのレンタル屋を探してみます。

ハイ、有難うございます☆
ご鑑賞と記事を楽しみにさせて頂いていますが、
でも、決してご無理のないようにお願いしますね~!!!

こんばんは~

  1. 2011/08/08(月) 21:05:48 |
  2. URL |
  3. hiro
  4. [ 編集 ]
アメリ観ましたよ~
何回みてもリズミカルでブラック満載の
ナレーションに笑ってしまいます。
極一部分を除けば家族でも見れそうなんですけど、あの位の生命の神秘関連でも
家族構成次第で凍りつく可能性も
ありかな?
とはいっても個人的にコメディとしては
最強クラスの一本だと思います。

hiroさん、こんばんは☆

  1. 2011/08/08(月) 21:27:45 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> アメリ観ましたよ~
> 何回みてもリズミカルでブラック満載の
> ナレーションに笑ってしまいます。

はい、私もナレーション大好きです~☆

> 極一部分を除けば家族でも見れそうなんですけど、あの位の生命の神秘関連でも
> 家族構成次第で凍りつく可能性も
> ありかな?

この点は、今回ちょっと考えてしまったけど、
個人個人の性格等で違うと思いますが、中学生くらいだと
ギョッとする時間があるかもしれませんね~!?
小さい子は大丈夫でしょう!!!

> とはいっても個人的にコメディとしては
> 最強クラスの一本だと思います。

ハイ、コメディとしても、もちろん面白かったですね~♪
多分女性陣は、男性陣に比べて、コメディ以外の部分も色々と思うと思います~。

追伸:「8人の女たち」見ました!!!
記事にするかしないか迷っています。
もし記事にしないなら、コメントだけ行かせて頂きますね~。
(記事にした場合は、コメントとTBさせて頂きます、ちょっと後になると思います☆)

  1. 2011/08/09(火) 07:56:09 |
  2. URL |
  3. スナフ
  4. [ 編集 ]
miriさん^^
ごきげんよう♪
スナフもヨーロッパ映画が一番好きです
miriさんが言うように・・・本物の古いヨーロッパ映画がね(やっぱ気が合う^^)
レトロなものの中に深い愛情とやるせなさと希望が混然一体となって心に響いてくる
そんな映画。。。忘れないよな~~~☆☆

スナフさん、おはようございます☆

  1. 2011/08/09(火) 08:27:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> miriさん^^
> ごきげんよう♪

スナフさん、ようこそ~いらっしゃいませ~!
いらして下さり、すっごく嬉しいです♪

> スナフもヨーロッパ映画が一番好きです
> miriさんが言うように・・・本物の古いヨーロッパ映画がね(やっぱ気が合う^^)
> レトロなものの中に深い愛情とやるせなさと希望が混然一体となって心に響いてくる
> そんな映画。。。忘れないよな~~~☆☆

そう仰って下さり、ホントに嬉しいですぅ~♪

“レトロなものの中に深い愛情とやるせなさと希望が混然一体となって心に響いてくる”

決してCGでは味わえない、深みのある味わい、でしょうか?
こころがあったかくなりますよね!!!

・・・もし、スナフさんが、しばらく日本にいらっしゃるなら、
また良かった映画のご紹介なんかを、記事にして下さると嬉しいのですけど・・・
でも、お忙しかったら無理なさらないでね☆

いつか、同じ時期に同じ映画を見られたらイイのになぁ~と思っています☆

  1. 2011/08/09(火) 17:20:19 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
今回は、期間内に書けました。(o^^o)



(…ジャメル・ドゥブーズさんは、本当に右腕が使えないのだと、記事を書いていて、今、初めて知りました)

そ、そうだったんですね。
とても素晴らしい役者さんですね。
色んな事を知る事が出来るのも、この企画の素晴らしい所ですね。ヘ(^o^)/
今回もお誘い下さってありがとうございました。

かえるまま21さん、こんばんは☆

  1. 2011/08/09(火) 18:55:01 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 今回は、期間内に書けました。(o^^o)

記事、読ませて頂きました。
本当にお忙しい中、有難うございました☆

・・・例の件はいかがでしたか?
大丈夫だったら、もっと良かったなぁ~と思っています。


> (…ジャメル・ドゥブーズさんは、本当に右腕が使えないのだと、記事を書いていて、今、初めて知りました)
> そ、そうだったんですね。
> とても素晴らしい役者さんですね。

「ディズ・オブ・グローリー」という反戦映画では、主演のお一人で、
(もちろん「アメリ」も良かったのですが)
主演だけあって、沢山見せ場があり、凄い演技でした☆

> 色んな事を知る事が出来るのも、この企画の素晴らしい所ですね。ヘ(^o^)/

そう仰っていただいて、本当に嬉しいです。

私もこの企画で、映画の事、俳優さんの事、それ以外の事、
沢山学ばせて頂いています。感謝です☆

> 今回もお誘い下さってありがとうございました。

こちらこそ、ご参加本当に有難うございました~☆

  1. 2011/08/10(水) 11:07:50 |
  2. URL |
  3. バーンズ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは
昨日はコメントありがとうございます

多くの方とは逆に僕はフランス映画にもヨーロッパ映画にも特別良い印象は持っていませんので
この作品に対する評価は一歩退いたものになってしまいました

それでもいい作品だとは思っています

バーンズさん、こんにちは☆

  1. 2011/08/10(水) 16:01:10 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 昨日はコメントありがとうございます

こちらこそ、コメントとTBを有難うございます☆

> 多くの方とは逆に僕はフランス映画にもヨーロッパ映画にも特別良い印象は持っていませんので
> この作品に対する評価は一歩退いたものになってしまいました

誰にでも苦手系の作品はありますので、評価が他のヒトと違っても
バーンズさんがどう感じられたかが大事だと思いますので・・・

正直な気持ちを書かれた記事、とっても良い記事だと思いましたし、
ご鑑賞だけでなく、記事を書かれて、この企画に付き合って頂いて、
本当に感謝でいっぱいです♪

> それでもいい作品だとは思っています

有難うございます☆
この作品を選んだ人は、匿名なので分かりませんが、
きっとそう仰って下さる事を有難く思っていらっしゃることと思います。

次回もお誘いに参ります!
宜しくお願いいたします☆

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/08/10(水) 17:46:41 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鑑賞しました

  1. 2011/08/11(木) 14:53:17 |
  2. URL |
  3. たまさん
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
こちらの記事を呼んで知らないことがあったので、映画の深さを改めて感じます。

「ハリウッドでは絶対に作れない作品」
まさに、ですよね。

まぁ、ハリウッド映画に馴染んでしまっているせいか、僕にはちょっとキツイ作品でした。

とかいいつつ、確認する意味で2回観ましたけど(笑)映像・美術は結構好きですが、登場人物にいまいち入り込めなかったです。

鑑賞するに、よい機会でした。
勉強になりましたです。

Re: 鑑賞しました

  1. 2011/08/11(木) 17:21:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
たまさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> こちらの記事を呼んで知らないことがあったので、映画の深さを改めて感じます。

そう仰っていただくと、嬉しいですが、ちょっと照れます。有難う☆

> 「ハリウッドでは絶対に作れない作品」
> まさに、ですよね。

ハイ、そうですよね~。
変人同士、意見一致でサイコー!です☆

> まぁ、ハリウッド映画に馴染んでしまっているせいか、僕にはちょっとキツイ作品でした。

苦手な分野の作品だったようで、ホント申し訳なかったです。

> とかいいつつ、確認する意味で2回観ましたけど(笑)映像・美術は結構好きですが、登場人物にいまいち入り込めなかったです。

なのに2回も見て下さり、ホントに感謝・感謝です♪
映像・美術は、まぁ良いと思いますが、

主人公はじめ全員フツーではない感じだったので・・・
この映画は誰にでも好かれるタイプの作品ではないですね~!!

> 鑑賞するに、よい機会でした。
> 勉強になりましたです。

いえいえ、そんなに言って頂くと申し訳ないです。

>あの証明写真あさってた彼・・
>普通に不審人物にしか見えなかったのですが
>分かる人は分かるんですね・・

まぁハッキリ言えば、ひと目ぼれですよ、簡単な話。

多分多くの女性は、男性を好きになるとき、どうこう理屈を表面上は言いつつ、
結局は(顔や外見では絶対にありません・・・顔や外見が引っ掛かる機会にはなりますが)

ある一瞬に、こころをわし掴みにされる・・・そういう事ではないでしょうか?
アメリもそうだった・・・と、私は思います。

>トータル的な世界観でひっぱっているような作品かなとも思いました。

最終的には、こういう事だと思います。
たまさんが、苦手な作品なのに2回も見て下さり、記事を書いて下さり、
今回本当に有難うございました☆

次回もお誘いに参りますので、どうぞ宜しくお願いしま~す♪

  1. 2011/08/13(土) 17:28:07 |
  2. URL |
  3. 犬塚ケン
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

フランス映画にこだわるmiriさんにとって、大切な作品なんですね~。
一見変人ばかりなんですけど、下町情緒というか、
モンマルトルの古い街並みで暮す庶民の生活が、
なかなか良く描けていると思います。

アメリの成長を描く物語というのも、まさしくそうですね。
思わず共感せずにいられません。

今回も参加できて良かったです。

ケンさん、こんばんは☆

  1. 2011/08/13(土) 19:41:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございます☆
お待ちしていましたよ~♪

> フランス映画にこだわるmiriさんにとって、大切な作品なんですね~。

こだわる・・・そうなのかもしれませんね~。
大切な作品、それは本当にそう思っています☆

実は明日の記事もフランス映画で、
「アメリ」についても言及させて頂いています。
お時間頂けたら、お願いいたします☆

> 一見変人ばかりなんですけど、下町情緒というか、
> モンマルトルの古い街並みで暮す庶民の生活が、
> なかなか良く描けていると思います。

そうですね~人間だれしも変人なところはありますし、
東京でも札幌でも、長崎でも京都でも、
きっとこんな下町で庶民が生きていて、
結構、普遍的な、共感を生む作品のような気がします。

> アメリの成長を描く物語というのも、まさしくそうですね。
> 思わず共感せずにいられません。

有難うございます。
あぁ私は「共感できましぇん」と今さっき、書いてしまった~ごめんしゃい

> 今回も参加できて良かったです。

こちらこそお忙しい中、ご近所とひと駅向こうにはなくて、
わざわざ遠くで借りて下さり、
素晴らしい記事を、有難うございました。

次回も是非、お楽しみにしてお待ちくださいね~。

撃沈しました。

  1. 2011/08/16(火) 22:42:10 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

…やっぱりここは田舎なのか!!(>_<) はい、田舎です。
ということで…別の場所にはあったのですが、唯一の1本は貸し出し中でした。
またの機会に観賞することになりそうです。

Re: 撃沈しました。

  1. 2011/08/16(火) 22:46:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
白くじらさん、こんばんは☆
こちらに来て下さり、本当に有難うございます。

また良い機会に恵まれた時に、是非、ご鑑賞くださると嬉しいです!
ご無理なさらないでくださいね~♪

まだまだ暑い毎日、お身体に気を付けてお過ごしくださいね~☆


> こんばんは。
>
> …やっぱりここは田舎なのか!!(>_<) はい、田舎です。
> ということで…別の場所にはあったのですが、唯一の1本は貸し出し中でした。
> またの機会に観賞することになりそうです。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -