FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1143  NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE  /  2-1144  誰も守ってくれない

  1. 2011/07/10(日) 23:00:00_
  2. 日本人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:5
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE 2004年・日本

2011年7月9日(土)  チャンネルネコ

監督  鈴木雅之
主演  香取慎吾  (服部カンゾウ 役)



誰も守ってくれない 2009年・日本

2011年7月10日(日)  日本映画専門チャンネル

監督  君塚良一
主演  佐藤浩市  (勝浦刑事 役)



忍者ハットリくん 香取版  誰も守ってくれない 新画像


 



両方の感想

まぁまぁの作品群。
いかにも「フジテレビが作りました~!」って感じの監督と出演者たち。

これらは、わざわざ映画にしなくても、
2時間ドラマで作れば良かったような気もします。

特に悪くはないけど、特に感銘もせず、
う~ん「言葉が分かるから見るかぁ」って感じかも???


ニンニンの方は、脚本がマギーでマジ、ビックリ。
才能のある人だわね~。


慎吾ちゃんも頑張っていたけど、
ツヨポンを電車で見たときには、これは「平成狸合戦」か?と思いました。(爆)

田中麗奈は、マドンナにはいま一つで、
目が見えない役は無理だったわね~この演技力では!!!
他の人たちも(両親はじめ、チョイ役の皆さま方も全員)
ありがちなパターンばっかりで~。

で、私が子供の頃に見ていたアニメは、服部半蔵だったのに、
これは「カンゾウ」で、ちょっとコケました。
(これは私の間違いで、このアニメの主人公はカンゾウでした☆
 Yさん、教えてくださり、有難うございました☆)


「誰も~」の方は、いくらフィクションとはいえ、
中学生の女子に、女性警察官をつけない、
警察官が3人もいて、逃げられる、など、
設定に穴が多過ぎて、見ていてバカらしくなる事が多過ぎました。

まぁ迫力のあるシーンも多く、色々と考えさせられましたが、
私は「他人さまの子供を殺した人間は、未成年でも絶対に許さない」という考えを持っていますので、
そのあたりは全然影響ありませんでしたが、

加害者の家族は加害者ではなく、
未成年が犯罪を起こした場合、
色々な意味で、両親には、ある意味の特殊な責任があるとしても、
きょうだい、しかも年少のきょうだいには、何の責任もないと思います。

ネットで人を責めている人間たちを
こうして具現化すると、本当に恐ろしいと思いました。

どちらも見ている最中は、とても惹き付けられましたが、
お金を支払って、映画館に行ってまで見る映画ではないと思いました。





<<2-1145  夜を楽しく  (旧gooブログの記事) | BLOG TOP | 2-1142  ボンボン>>

comment

おはようございます。

  1. 2011/07/14(木) 08:58:47 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
菜園から戻り、いま、朝食を済ませ、一服しています。
「誰も守ってくれない」のほうへのコメントです。

>私は「他人さまの子供を殺した人間は、未成年でも絶対に許さない」という考えを持っていますので、

「告白」は、正にその通り…の映画ですけど、監督お嫌いだったのですね。

>お金を支払って、映画館に行ってまで見る映画ではないと思いました。

それ、正解です。私は映画観で観ましたが、観客僅か3人という寂しい館内でした。

私の感想はTBさせて頂きます。

追伸
「NINE」のコメントで、“気持ち悪いほど”という表現は適切でありませんでした。
miriさんに、不愉快な気持ちを与えましたことをお詫び致します。

追伸その2です。

  1. 2011/07/14(木) 09:07:33 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
コメントをupしたあとで、もう一つ追伸があったのを思い出しました。

追伸2。
投票の件、昨日、一票入れさせて頂きました。

以上です。
どうやら、あとで気が付く転換病にかかっているのかもしれない私です。(泪)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/07/14(木) 09:12:05 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2011/07/14(木) 10:01:08 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
>菜園から戻り、いま、朝食を済ませ、一服しています。

今朝も良い汗かかれましたか?
ごゆっくりなさって下さいね~。

>「告白」は、正にその通り…の映画ですけど、監督お嫌いだったのですね。

「パコと魔法の絵本」というのを見て、それだけしか見ていないのですけど、
中島哲也の映画は、一生涯見ないと決めまして・・・

まぁそのうちいつか、知らずに見る事はあるかもしれませんが、
とりあえず、今は見たくないのです。

>それ、正解です。私は映画観で観ましたが、観客僅か3人という寂しい館内でした。
>私の感想はTBさせて頂きます。

読ませて頂きました。
中学生の子が人気者で、だからと言って良い映画ができるとは決まっていないですしね~。
未成年の犯罪や、加害者家族などの、問題提起には、ちょっと偏った作品でしたしね。

>追伸。
>「NINE」のコメントで、“気持ち悪いほど”という表現は適切でありませんでした。
>miriさんに、不愉快な気持ちを与えましたことをお詫び致します。

いえいえ、宜しいんですのよ。
私のような者が親しくお付き合いさせて頂き、いつも本当に感謝しています。

昔はよく同じ言葉を言ったりすると友達同士でそういうことを言い合ったモノです。
ですので、本当にお気になさらずに・・・。

>追伸2。
>投票の件、昨日、一票入れさせて頂きました。

有難うございます☆
是非、今日も宜しくお願いいたしますね~♪

>どうやら、あとで気が付く転換病にかかっているのかもしれない私です。(泪)

いえいえ私も同じですよ。
アスカパパさんは、菜園を管理なさって、お散歩なさって、
パソコンを開いてブログを書かれて、映画も鑑賞なさって、

私や夫の親と同世代ですけど、
本当に全然違って、凄いと思っています。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします☆

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/07/14(木) 21:46:32 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31