FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ロボコップ 1・2・3 を 見ました。  (この記事は今は 2-1107 ロボコップ3 に特化しています)

  1. 2011/06/14(火) 22:30:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:10
「ロボコップ(87年・米)」を、4月中旬に見ました。
  独立した記事をアップしました  →  ロボコップ(87・米) ・・・ 2-1046 

「ロボコップ2(90年・米)」を、5月初めに見ました。 
  独立した記事をアップしました  →  ロボコップ2(90・米) ・・・ 2-1053 

「ロボコップ3(93年・米)」は、ムービープラスで 6月中旬に見ました。



↓ 「ロボコップ」 ディレクターズ・カットのブルーレイです。



ロボコップ




 



監督
1 ポール・ヴァーホーヴェン
2 アーヴィンガーシュナ―
3 フレッド・デッカー


主演
1 ピーター・ウェラー
2 ピーター・ウェラー
3 ロバート・ジョン・マーク


感想
ロボコップ・・・タイトルから想像して、ロボットのお巡りさん、
きっとコメディ調の明るいお話だろうと思って鑑賞しました。
・・・ところが、全然違いました。



何とも切ない、人の心の機微を繊細なまでに描きながら、
今・現在から見ると「ちょっと滑稽?」と思えそうな近未来の描写に、
残酷すぎる暴力・テロ・管理化社会・・・
いつの時代も変わらない現場のお巡りさん達・・・


「1」は始まってすぐに、主人公の肉体が死に、
ロボットとして生まれ変わらされる・・・
でも家族の事を思い出す、家を訪ねる、そのあたり本当に辛くて、かわいそうで、
コメディではなかったのか~?と、勝手な思い込みにガックリでした。

「2」は、特に暴力的なシーンが多すぎて、
しかも子供のテロリストが、主人公の息子らしく、
そのあたり、最後はハッキリと分からなかったけど、
あまりにもムゴくて「3」を見るのを長い間躊躇しました。


やっと見た「3」は、でも良かったです。一番良かったです。
俳優さんが変わったのですが、全く違和感なく、ロボコップに、マーフィーになりきっていました。
そして最初からの話の整合性がちゃんと付いていて、

あの婦人警官も、他の現場のお巡りさんも、悪も、
奥さんも、子供はあいまいのままだったけど、
あの会社のやつらも、大きなロボットも、

懐かしいだけではなく、ちゃんとそれぞれの立場のまま・心のまま、
暴力シーンも「2」のようなむごさがなく・・・
マコ岩松さんの演じたカネミツが、
最後に深くお辞儀して、良かったです☆


全体として、このシリーズを見て良かったです♪
きっと製作当時に見ていたら、もっと“新しく”感じたでしょうね~。



<<2-1108  春との旅 | BLOG TOP | 2-1106  ノーバディーズ・フール>>

comment

わたしも軽いものだと思って

  1. 2011/06/25(土) 10:12:35 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
観て、ビックリした記憶があります。でも、かなり前なので、内容はぜんぜん覚えてないんですよ。
妙に暗い未来だなぁと思ったような・・・。

Re: わたしも軽いものだと思って

  1. 2011/06/25(土) 19:22:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> 観て、ビックリした記憶があります。でも、かなり前なので、内容はぜんぜん覚えてないんですよ。
> 妙に暗い未来だなぁと思ったような・・・。

私が見ていない90年代の作品は、
多分、宵乃さんにとっては、
公開後最初のオンエアあたりで鑑賞なさったモノが多いのではないでしょうか?

妙に暗い未来が、じつは2010年の設定で、ビックリです!
また機会があったら、再見なさったら、ご感想をお聞かせ下さいね~☆

こんにちは。

  1. 2011/06/26(日) 19:21:58 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
好きです!!!

3作とも劇場で観賞です。(^^)
特に一作目は、アクションだけでなく、自我を取り戻すシーンがやっぱりいいですね過去シーンはもう涙です。
ED209でしたっけ、2速歩行ロボットが可愛いすぎる。

2作目からアクションに主体を置いてしまったのが残念です。1作目のラストのセリフ「マーフィ」はなんだったんだろうって思います。(>_<)

それにしてもオムニ社…滅茶苦茶しすぎ。(^^)

白くじらさん、こんばんは☆

  1. 2011/06/26(日) 21:37:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 好きです!!!
> 3作とも劇場で観賞です。(^^)

男の子向きな映画ですものね~ってもうイイ大人だったような気が・・・。

> 特に一作目は、アクションだけでなく、自我を取り戻すシーンがやっぱりいいですね過去シーンはもう涙です。
> ED209でしたっけ、2速歩行ロボットが可愛いすぎる。

ハイ、家族の件は涙なしでは見られず、
勝手に「コメディ」と思い込んで見てしまったので、ものすごく切なくなりました。

> 2作目からアクションに主体を置いてしまったのが残念です。1作目のラストのセリフ「マーフィ」はなんだったんだろうって思います。(>_<)

私は3作目につながったと思います。
たしか3作目の終わり辺りに、自分はロボコップだ、マーフィーだと
そういうセリフがあったので、自我というかアイデンティティというか、
マーフィーと分かっていて、ロボコップであると宣言したような気がしました。

> それにしてもオムニ社…滅茶苦茶しすぎ。(^^)

あはははは・・・2010年設定とのことで「ギョ!」って感じでした。
あんな会社、今どきあったら、すぐに「お縄」ですわね~ほほほほほ。

今日は久しぶりに更新なさったのですね。
「ジャガーノート」も楽しみですね~♪

  1. 2013/04/25(木) 10:17:25 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
かえるままも、このシリーズ大好きです。
深いんですよね。内容が。
記憶を消しても、魂が覚えてる、そんな部分が切なかったです。

バブルを反映してて、金に物言わせる日本企業が、描かれてますよね。(確か?そうだったような?)この部分は考えてしまいますよね。
今、私たちは、昔思い描いていた、近未来社会に生きてるんですね。
なんか不思議な感じですよね。

かえるママ21さん、こんにちは☆

  1. 2013/04/25(木) 13:51:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> かえるままも、このシリーズ大好きです。

それは嬉しいです~!

> 深いんですよね。内容が。
> 記憶を消しても、魂が覚えてる、そんな部分が切なかったです。

ハイ、そうでしたね~♪

> バブルを反映してて、金に物言わせる日本企業が、描かれてますよね。(確か?そうだったような?)この部分は考えてしまいますよね。

ハイ・・・日本企業でした・・・多分今作られるなら、違う国かと思います(笑)。
当時は日本だったのでしょうね~狙い撃ち???

日本人が恥ずかしい感じで描かれている・・・そういう映画のシーンはイヤですよね~!!!

> 今、私たちは、昔思い描いていた、近未来社会に生きてるんですね。
> なんか不思議な感じですよね。

ハイ、そうなんですよね~。
「2001年宇宙の旅」なんて、遥か遠い近未来だったのに、
いつの間にか通り過ぎてしまってましたものね~(笑)。

なので、今後も、今作られる「近未来」の映画の時代を、生きる事があったら
いろんな発見がありそうですが、年代的に・・・子供たちの時代へと 代わるのでしょうね~(笑)

ところで、今月の初め頃には お風邪で お辛かったですね。。。
もうすっかり良くなられて、ブログ更新もなさっていますね~。
どうぞご無理ないよう、ご自身のお身体を大切に~☆

  1. 2014/03/17(月) 11:59:17 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
いちおう身構えて再見したんですけど、それ以上に惨い作品で驚きました。モノマネの定番だったから、子供向けのイメージ強いですよね。
マーフィーの苦悩がしっかり描かれていて、ドラマ性のあるSFバイオレンスアクション映画だったと思います。

印象に残ったのは、階段を落ちたロボット兵器がジタバタするところ!
殺伐とした作品のなかで、こんな胸キュンシーンに出会えるとは(笑)
兵器として作られたりしなければ、「ウォーリー」みたいな可愛いロボットだったのになぁ…。

マーフィーをもの扱いしつつも、結局はみんな彼を”人間”として見ているのが興味深かったです。意図されたものだったのか、それとも製作者にとってマーフィーが人間であるという認識が表れてしまっただけなのか?

あと、終盤で「わたし死ぬのね」と言った彼女に「いいや蘇るさ、俺みたいに」というような事を答えたマーフィーの気持ちがいまいちわからなかったです。慰めになるのかな?

3作目が一番良かったということなので、機会があったら続編も観てみますね~。

宵乃さん、おはようございます☆

  1. 2014/03/18(火) 08:36:10 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> いちおう身構えて再見したんですけど、それ以上に惨い作品で驚きました。モノマネの定番だったから、子供向けのイメージ強いですよね。
> マーフィーの苦悩がしっかり描かれていて、ドラマ性のあるSFバイオレンスアクション映画だったと思います。

ずいぶん久しぶりに鑑賞されたのでは?
作品は同じなので、印象が違うのは、成長されたあかし・・・と思います♪

> 印象に残ったのは、階段を落ちたロボット兵器がジタバタするところ!
> 殺伐とした作品のなかで、こんな胸キュンシーンに出会えるとは(笑)
> 兵器として作られたりしなければ、「ウォーリー」みたいな可愛いロボットだったのになぁ…。

昨日から思い出そうとして、ちょっと思い当たる場面がありました。
ウォーリーみたいになる可能性もあったはずなんですよね・・・
作って、使う、人間次第という事でしょうか?

> マーフィーをもの扱いしつつも、結局はみんな彼を”人間”として見ているのが興味深かったです。意図されたものだったのか、それとも製作者にとってマーフィーが人間であるという認識が表れてしまっただけなのか?

すぐに身体が死んでしまったので驚きました。
多分、製作側の意向なのではないでしょうか?
また、同僚たちにとっては、身体が死んだと言っても、今朝まで一緒に喋っていた
くらいの人なので(病気等で、長い間不在にしていないので)
すんなり、彼だと受け止められたのかもしれませんね?

> あと、終盤で「わたし死ぬのね」と言った彼女に「いいや蘇るさ、俺みたいに」というような事を答えたマーフィーの気持ちがいまいちわからなかったです。慰めになるのかな?

その場面は思い出せなかったのですが、
言葉だけで読むと、やはり製作側の意図を感じ、
皮肉とも受け取れますよね・・・悲しい感じです・・・。

> 3作目が一番良かったということなので、機会があったら続編も観てみますね~。

ハイ、2作目が殺し過ぎで怖かったので、3作目は違う感じで良かったです。
では、今からお邪魔させて頂きますね~!


.

  1. 2014/09/16(火) 13:07:15 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは、2と3を観ました~!
2の子供ギャングは息子だったんでしょうか?
過去の記憶と重ねてしまっただけだと思ってました。
わざわざ子供をあんな役で出す必要はないですし、全体的に撃ちまくってればいいだろ、という感じのつくりでしたね。
その割には、マーフィーの動作などにコミカルさが増してて、バランスとろうとして失敗したようでした…。

三作目は悲壮感が減って、一気にヒーローモノになってましたね!
オムニ社の敵としての威厳はもう完全になくなってしまいましたが(汗)、最後の方で警官の人たちが自分の心に従うところが良かったです。
日本企業はオムニ社より精巧なロボットを作ってるし、社長は礼儀正しいしで、一応悪役でもあるけどかなり良く描かれてました。
あとはリメイクをいつか観たいです!

宵乃さん、こちらにもコメントを有難うございます☆

  1. 2014/09/16(火) 14:13:50 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> こんにちは、2と3を観ました~!

ひと言感想をアップされていましたね~☆

> 2の子供ギャングは息子だったんでしょうか?
> 過去の記憶と重ねてしまっただけだと思ってました。
> わざわざ子供をあんな役で出す必要はないですし、全体的に撃ちまくってればいいだろ、という感じのつくりでしたね。
> その割には、マーフィーの動作などにコミカルさが増してて、バランスとろうとして失敗したようでした…。

う~ん、ハッキリとは覚えていないのですが、
記事を読むと自分的にそう思ってしまったようですね・・・

その件もあって「3」を見るまでに長い時間が必要だったのですが、
「2」だけは再見したくないという感じです・・・
確かめようもなくて、ごめんなさいね☆

> 三作目は悲壮感が減って、一気にヒーローモノになってましたね!

ハイ、明るくなってて良かったです☆

> オムニ社の敵としての威厳はもう完全になくなってしまいましたが(汗)、最後の方で警官の人たちが自分の心に従うところが良かったです。
> 日本企業はオムニ社より精巧なロボットを作ってるし、社長は礼儀正しいしで、一応悪役でもあるけどかなり良く描かれてました。

ハイ、全体的になんとなく覚えています。
自分の良心に従うというのは良かったですし、
米映画にしては、日本企業はマシな描かれ方でした。

> あとはリメイクをいつか観たいです!

リメイク・・・あ、新作の事ですネ?
オンエアあったら、私も見たいと思っています。
いつかお話しいたしましょうネ~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31