FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1098  グリーンマイル

  1. 2011/06/09(木) 22:30:00_
  2. フランク・ダラボン
  3. _ comment:0
The Green Mile  (グリーンマイル)  1999年・アメリカ



guri-nmairu




 
.


2011年6月9日(木)  BS3

監督  フランク・ダラボン
主演  トム・ハンクス  (ポール 役)

感想
“人の気持ちは分からない方が良いので・賞”

イタコと言うか、常人ではありえない事をする人は、
そう“GIFT”を、受け取れる人は、確かにいるのです。

でも本物は本当にしんどくて、他人の辛さが聞こえるのは、嫌だと思います。
だいたい短命ですよね・・・この世では、長く居る必要もなく、
彼は、少女二人を助けられなかった自分の「罪」を、
引き受けただけだと思います。

(もちろん、その「罪」は、死刑に値するモノではありません)


その真逆の心を持った二人・・・
本当の「悪」もともと生まれつき「善」を知らない人間
それは、そういうのは、現実にどこにでもいると思います。

仮面被って大人しくしているけどね、現代では。


でも、冷静に考えたら、いくら大事な人間でも、
「脳腫瘍」を治す事は、いけないこと。
感謝され、温かい奇跡を信じる人が増えても、
それは「してはいけない事」でしたね。

普通の生活、看守の仕事、妻との毎日、
友情、見たくないモノを見る仕事・・・

この映画、昔、夫が「BS2」で見ていて、私は見られなくて、
最後の方だけ見たのですけど、

なんとまぁ、真犯人が分かるシーンと、そのあとの冤罪の処刑シーンのみで、
そのままで、今回、ちゃんと見られて、しかも188分、通して見られて、
見られたことも良かったけど、


この映画が、冤罪の事だけを、不思議な力だけを、
描いているのではないと理解出来て、本当に良かったです☆



この原作者と監督のコンビの作品は、すっごい力で引っ張ってくれるけど、
ネットでの感想はネガティブなモノも多くて、でも、私は
「まずは、あり得ないシーンも、残酷なシーンも、
自分なりに受け止める事が大切なんじゃないかなぁ~?」って思いました。

死ねないポール、永遠に続く時間と、聞こえる声、
彼の力の一部分を受け取って、それは罰ではなく、責任を果たすことでもなく、

「愛する気持ちを利用した殺人」が、世界中で毎日のようにおこなわれている事を、
見届けなくてはならない(もちろん、それがなくなる日が来るのなら・・・という)
そんな“お役目”だと思いました。


ミスター・ジングルスは、ラスト前のシーンで、死んだと思います。
「死」とは、まぁ身体だけが消える事ですけど、
あれは「ネズミ」と言い切れない存在でしたね☆




<<2-1099  タイタンズを忘れない | BLOG TOP | 2-1097  タイムライン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -