FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1095  レインマン

  1. 2011/06/07(火) 23:00:00_
  2. バリー・レヴィンソン
  3. _ comment:2
RAIN MAN  (レインマン)  1988年・アメリカ



rainman




 
.


2011年6月7日(火)  BS3

監督  ハリー・レヴィンソン
主演  ダステイン・ホフマン  (レイモンド 役)
     トム・クルーズ  (チャーリー 役)

感想
“二人とも背が低いので・賞”

「“レインマンばいばい”って言って、窓から手を振っていた」と淡々と。
「赤ちゃんに火傷をさせるから、熱いお湯はダメ」とパニックに。

上記2点だけで、愛情がわかるよね~。
年齢の離れた兄、
自分が普通ではないから、お母さんはなかなか下の子を産めなかったし、早く死んだ、

その事が分かっているから、誰よりも分かっているから (頭でなく、肌で分かっている)
それだけで、別に普通の意味で頭が良くなくても、構わないんじゃないの?

ちょっと前に「マ―キューリー・ライジング」とかいうのを見たから、
自閉症の演技はあの子には負けているけど、

もしも有名じゃない俳優なら、同じように思えたのかもしれない。
有名俳優ってそういう点「ソン」だね~。

トム・クルーズって背が低いけど、ホフマンなら良かったよね~自分より低いから、
プライド保てて、DVDのパッケージもこういう絵柄にできて。

オスカーもらっているけど、私的にもほぼ満点近い映画でした。
実話でなくても良いのよ。
似ている人がモデルでも、完全に創作でも良いのよ。
だって映画なんだもの、実話である必要は、全くないから。

ちょうど映画を全く見られなくなった時期の映画、
当時、宣伝はいっぱい見たけど、やっと鑑賞出来て、嬉しかった☆
今年も「見逃し系」を、たくさん見られて感謝です♪



再見時感想はこちら  →  レインマン(88・米)(2回目) ・・・ 2-1095




<<2-1096  裸の島 | BLOG TOP | 2-1094  新・平家物語>>

comment

内容を中途半端に覚えていて

  1. 2011/06/15(水) 10:13:27 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
今回はスルーしました。もう少し経ったらまた観たい作品です。深い兄弟愛が温かかったこと、一生懸命ダンスを教えるシーンが印象的でした。

>もしも有名じゃない俳優なら、同じように思えたのかもしれない。
有名俳優ってそういう点「ソン」だね~。

「マ―キューリー・ライジング」の子の演技にはわたしも驚いたくちで、もし近い時期にこの2作品を観ていたら同じ様に感じたと思います。やっぱり、目新しい驚きの方が印象に残りますしね。

これからも見逃した素敵作品にたくさん出会えるといいですね♪

Re: 内容を中途半端に覚えていて

  1. 2011/06/15(水) 19:34:28 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます。

スティングのTBも有難う~!
(同じ記事なのに、イラスト様のお陰で、全然違う記事になりました)

> 今回はスルーしました。もう少し経ったらまた観たい作品です。深い兄弟愛が温かかったこと、一生懸命ダンスを教えるシーンが印象的でした。

ダンスのシーンも本当に良かったです。
弟の彼女さんが、あぁいうヒトで、兄弟ともに幸せだと思います♪

> 「マ―キューリー・ライジング」の子の演技にはわたしも驚いたくちで、もし近い時期にこの2作品を観ていたら同じ様に感じたと思います。やっぱり、目新しい驚きの方が印象に残りますしね。

あの映画を見ていなかったら、ホフマンの演技が凄いと思ったかもしれないけど
実際そういう人を(深くはないけど、浅く、時間的には長く)知っていたので、

どちらの映画もそういうヒトに対する↑目線を感じなかったので、
好感を持ちました。特にあの子役君は、異常にうまかったですね~!

> これからも見逃した素敵作品にたくさん出会えるといいですね♪

有難うございます。
優しいお言葉に、涙がにじみます。

世代の違う宵乃さんが、時に頼もしく、お姉さんのように思えるときがあります。
これからもどうぞよろしくネ♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31