FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-422)  フォロー・ミー  (2回目)

  1. 2011/05/28(土) 23:00:00_
  2. キャロル・リード
  3. _ comment:2
再見  The Public Eye  (フォロー・ミー)  1972年・イギリス



フォロー・ミー




 
.


2011年5月28日(土)  東宝シネマズ〇〇 午前十時の映画祭

監督 キャロル・リード
主演 ミア・ファロー / トポル /  マイケル・ジェイストン

感想抜粋

初見は、1984年6月、テレビのオンエアを録画して見ました。
(初見時の感想は → こちらです

この映画は、私のもう一つ上の世代(団塊の世代)が、世代的にピッタリだと思います。
1972年、私は小学生、映画にも出会う前で、何も知らなかった。

1984年6月・・・その時の感想文は、素直に見たまま、普通のOLの気持ちが
そう、映画が大好きなOLの、そのままの気持ちが書かれていて、
結婚生活が分かっていないけど、その時はそれで全部だった。

今回、音楽と彼女の顔以外ほとんど覚えていなくて、
初見同様の新しい気持ちで鑑賞しました。

うん、本当に良い映画だった。

「カイロ大学で会計学を学び・・・」あのハッタリが忘れられない。
トポルってやっぱり「屋根の上のバイオリン弾き」のイメージ強いけど、
この映画で見ると、
英国人の夫と、アメリカ人の妻、そして地球グローバル人の探偵さん、という感じだった。

キャロル・リードは、やっぱり映画の作り方がうまいよね~!
今年「第三の男」再見したけど、プロットが、やっぱ最高だと思ったし、
そういう点がこの映画にもかなり生かされていて、

笑いの中に、驚きの中に、二人が、三人が、別の二人が、
「温かいほほえみ、見つめ合うこと、それが愛情だ」と、それを軸にして、

寂しいこころ、それだけしかないのに、
人は愛し合っているのに、言葉がない方が気持ちが伝わる・・・

映画館、ホラー映画(大昔の怪奇映画)、ロミオとジュリエット、
オルカのショウ、植物園、遊覧船、街角、公園、美術館、
(多分)ゴーゴー喫茶、植物の迷路園・・・

それに対して、上流階級の会食、パーティ、観劇、
さまざまなお付き合いに会話、お母さま・・・

いろんなキーワードがスイッチのようになっていて、
きっとロンドンだけの、狭い範囲なんだろうけど、
あぁいう作り方が、上手な映画の作り方だと思いました。

ミア・ファローは、美人ではないけど、すっごく上手で、
ありとあらゆる?映画で見かけるけど、
この映画に出演して本当にキャリア的にはプラスだったと思います。

夫役の人はいかにも英国紳士で、舞台人と言う感じですね。

良い映画を残してくださり、有難う。(監督の遺作)
DVDにもなったし、今後はオンエアも期待できそうですね。

タイトルは、もちろん「フォロー・ミー」も良いと思うけど、
私は元のタイトルも好きです。探偵さんが説明してくれたから。
(元のタイトルとは、映画の冒頭で書かれていたから)



初見時等の感想はこちら

フォロー・ミー(72・英) ・・・ 1-422 
フォロー・ミー(72・英)(殿堂入り) ・・・ 1-422 
フォロー・ミー(72・英)(殿堂入り) ・・・ 1-422 





<<2-1084  裸で後免なさい | BLOG TOP | 2-1083  密告>>

comment

感想の中に出てくる

  1. 2012/04/10(火) 10:39:47 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
様々なキーワードを読むだけで、映画の雰囲気が蘇ってきます。思い返すたびに味わいが増す・・・良い映画っていうのは、こういうものですね!
この作品を観ると、小さな事でも楽しんで、微笑み合うような時間を持たないとなぁと、自分のせせこましい日常を省みてしまいます。
何年かに一度、観たい作品かも!

・・・あと、「ダイヤルMを廻せ」はモノクロ映画だったと思います。デジタルリマスター版もあるかもしれませんが。
ビデオの件は、マジで97年頃なんですよ。わたしが15・6の頃だったので。これで深夜アニメも観られると大喜びでした(爆)

Re: 感想の中に出てくる

  1. 2012/04/10(火) 12:25:10 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> 様々なキーワードを読むだけで、映画の雰囲気が蘇ってきます。思い返すたびに味わいが増す・・・良い映画っていうのは、こういうものですね!

そうですね~この映画は特に「雰囲気」がありますね。
イギリス映画は良い作品だと、イギリス映画らしい香りがします。
(第三の男・ナイル殺人事件・オリエント急行殺人事件・等)

> この作品を観ると、小さな事でも楽しんで、微笑み合うような時間を持たないとなぁと、自分のせせこましい日常を省みてしまいます。

そんなぁ・・・
宵乃さんは私も含めて多くの人に、イラストを通して、コメントを通して、
微笑みを分けて下さっていますよ♪
きっとリアル日常でも、微笑み合える、そんな女性だと思っています。

> 何年かに一度、観たい作品かも!

そうですね・・・
私は夫と知り合う半年くらい前に見ていたので、そのOLとしての感想と、
昨年の感想とは、ちょっと似ていて非なるモノになったのですが、

どういう立場で見ても、嫌な気持ちにならない、
それぞれの立場なりに教えられるモノのある、稀有な作品のような気がします。

> ・・・あと、「ダイヤルMを廻せ」はモノクロ映画だったと思います。デジタルリマスター版もあるかもしれませんが。

私はあの映画は初めて録画して見たので、印象が深いのです。カラーを見たと思うのです。
84年に深夜映画を録画して見たので、デジタルリマスターでもないし・・・

ちょっと調べたのですが、こちらに詳しい人がいてカラーと書いてあります。
http://members.jcom.home.ne.jp/nobipapa/Movies2/hitch/hitch04c.htm

宵乃さんが鑑賞された時には モノクロだったのかもしれませんが、
お互い自分の記憶は大切にしたいので、とりあえず ここでは
どちらかなぁ~?くらいで宜しいのではないでしょうか?

> ビデオの件は、マジで97年頃なんですよ。わたしが15・6の頃だったので。これで深夜アニメも観られると大喜びでした(爆)

ごめんなさい、失礼なことを書いてしまいました。
どうかお許しくださいね。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -