FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1071  ウォール街

  1. 2011/05/19(木) 22:30:00_
  2. オリバー・ストーン
  3. _ comment:8
Wall Street  (ウォール街)  1987年・アメリカ



ウオール街




 



2011年5月19日(木)  BS朝日

監督 オリバー・ストーン
主演 チャーリー・シーン(バド役)
    マイケル・ダグラス(ゴードン役)

感想
この映画、何回か、ムービープラスのオンエアをスルーしてしまって、
カットとCMのある民放のオンエアを見てしまいましたが、
私にはそれで充分でした。


「マイケル・ダグラスって、カーク・ダグラスの息子よね」って言っても
今の若い人には反対の意味でしか通らないでしょうね~!

大人になったというか、もう今はお爺さんだけど、
今回、調べてお父さんが生きていると知り、ビックリで、

それでは、マイケルは、お爺さんになりきれないよね~!
この映画の頃は(24年前)おじさん程度でしょうか?

しかも今あの美女と結婚しているだなんて、心底ビックリしました。
親子ほど年前が違うと思うけど・・・まぁ彼女が良ければそれで良いのだけど。


それと一緒で「チャーリー・シーンって、マーティン・シーンの息子よね」って
私は言いたいけど、反対の意味でも良いけど、

この映画ではその親子で親子の役を演じていて、
やっぱすっごく似ているし・・・他人のそら似ではない似方・・・

演技が自然で、リアルにあんな風に怒られているの?とか思ったり、
リアルに親としての気持ちが、ごく自然に伝わってきました。


(主人公の職業ではないのですが)懐かしい「場立ち」ですか? 
あの職業、友達のご主人がしていて、デジタル化した時に解雇になって大変でしたわ・・・
その後早く亡くなって、もう七回忌も過ぎて・・・
40代に入ってすぐだったなぁ~と思い出したり・・・

こういう職業とか、こういう時代って、自分にはあんまり関係なくて、
バブルだからってどうという事ない過ごし方だったし・・・


この映画は、でも「ちょっと甘いよね~」と、思いました。
お互い、他人だし、あそこまで教えたり、頼ったりしないと思うし。


ま、映画だし・・・でも、この監督にしては、甘過ぎる!
だから最後あたり、あぁいう運びになるのは、当然だと思いました。

特にどうという事はないけど、女性の映画ばかり続けてアップしたので、
男性が主役の映画をアップしたかったのです☆


あ、この映画のヒロイン的な女優・・・
ハッキリ言って「不細工」で、ビックリしました。





<<2-1072  福沢諭吉 | BLOG TOP | 2-1070  ノー・マンズ・ランド>>

comment

こんにちは!

  1. 2011/05/22(日) 10:11:47 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
けっこう前に観たと思ったけど、miriさんの感想を読んだら全然覚えてないことに気付きました。甘い感じでしたっけ?
相変わらず最後どうなったかさっぱり。
女優さんも覚えてないなぁ。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2011/05/22(日) 11:24:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> けっこう前に観たと思ったけど、miriさんの感想を読んだら全然覚えてないことに気付きました。甘い感じでしたっけ?

いえいえ、甘くはないのですが、現実はもっと厳しいと思ったのですよね~。
あの世界の事はよく知りませんが、お金持ちならともかく、
庶民の虎の子を、簡単にゼロにしてしまうような事もあるのですし、

オリバー・ストーンのわりには、
(結構酷い内容だけど)もっと酷くても良いと思ったのです。
分かりにくくて、ゴメンナサイ☆

> 相変わらず最後どうなったかさっぱり。

まぁ特に俳優が好きとか、こういう世界に興味がなければ
再見する事はないと思いますよ~。
時間が余っていれば・・・とも思いますが・・・。

> 女優さんも覚えてないなぁ。

DVDのパッケージも、横顔なんですよね~。
あまり正面から見られないというか、この程度の女優?って思いましたもん!

多分、この映画は、男の世界を描きたかったのでしょうから、
あまりに美人では、それも都合悪いとは思いますが、
それにしてもね~あっ!またファンに叱られるから、このあたりで・・・。

  1. 2011/05/22(日) 21:28:27 |
  2. URL |
  3. 犬塚ケン
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

新作の予習のために、最近DVDで見ました。
この映画のシーン親子の関係は、ボクも好きですね。
カメラの前で親子を演じるなんて照れくさいだろうに、
二人ともなりきっていて楽しいです。

マイケル・ダグラスは、病気を患ったせいか、
新作では元気がない感じでした。
まだまだ頑張ってほしいですね~。

ケンさん、おはようございます☆

  1. 2011/05/23(月) 08:31:16 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 新作の予習のために、最近DVDで見ました。
> この映画のシーン親子の関係は、ボクも好きですね。
> カメラの前で親子を演じるなんて照れくさいだろうに、
> 二人ともなりきっていて楽しいです。

俳優さんとしてのお仕事と、相手への本当の想いが
両方とも、こちらにまで伝わる感じでしたね!

> マイケル・ダグラスは、病気を患ったせいか、
> 新作では元気がない感じでした。
> まだまだ頑張ってほしいですね~。

大病だったそうですね・・・克服宣言をなさったとか・・・
年齢的に、そんなにたくさんお仕事をしなくても良いと思うので、
「これ」と思う1本を選んで出演なさっているのでしょうね~。
いつか鑑賞します☆

ちょっと関係ないですが・・・

  1. 2011/05/23(月) 10:40:48 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんにちは。

『ホット・ショット2』でシーン親子がチラッと共演した時に
お互いに「『ウォール街』よかったよ。」と言いあうシーンを思い出しました。
好きなシーン(場面)の一つです。

Re: ちょっと関係ないですが・・・

  1. 2011/05/23(月) 12:42:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらも有難うございます☆

> 『ホット・ショット2』でシーン親子がチラッと共演した時に
> お互いに「『ウォール街』よかったよ。」と言いあうシーンを思い出しました。
> 好きなシーン(場面)の一つです。

おぉ~最後の一行は、もしや・・・もしや・・・
マミイさんもなかなかやりますわね、ほほほほほ・・・。

その映画は未見ですので、いつか楽しみに鑑賞して、
必ず、このコメントを思い出させて頂きますね!

あの親子が仲が悪いとか聞いたこともありますが、
どこの親子も色々とあるし、
まして人前に出る職業を選ぶと、本当に大変ですよね~。

有名人も、一般人も、皆、それぞれに仲良くいたしましょうね~☆

こんばんは~

  1. 2011/06/23(木) 20:39:57 |
  2. URL |
  3. hiro
  4. [ 編集 ]
お友達の旦那さん、大変でしたね。
何かが変わることによって影響を受ける時代だと思います。残念です。

マイケル・ダグラスは観る映画観る映画、悪い男の気がするんですが気のせいかな~

ヒロインは、ダリル・ハンナでしたよね。
キル・ビルの印象が強いんで男くさい女優のイメージがします。

ウォール街で甘い印象だと、続編の
ウォール・ストリートは激甘に思えるかもです。

hiroさん、こんにちは☆

  1. 2011/06/24(金) 09:53:46 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございます☆

> お友達の旦那さん、大変でしたね。
> 何かが変わることによって影響を受ける時代だと思います。残念です。

そうですね~。
お仕事の事と病気の事は関係なかったと思いたいのですが、
彼女は自然食品とかが大好きで頑張って作っていたのに、
そういう事って関係ないんだなぁ~って思ってしまいました。

> マイケル・ダグラスは観る映画観る映画、悪い男の気がするんですが気のせいかな~

イヤ~あのお顔ですからね~
良い役のわけがない!(きっぱり)
あ、ファンの人、もしいたら、ごめんなさい。

> ヒロインは、ダリル・ハンナでしたよね。
> キル・ビルの印象が強いんで男くさい女優のイメージがします。

知らない人で、記事に書いてしまって・・・
でも本当にビックリしたので・・・
普通はもっとキレイな人を使いませんか???

> ウォール街で甘い印象だと、続編の
> ウォール・ストリートは激甘に思えるかもです。

あぁそうですか~!
それは楽しみにして待っていま~す☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -