FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


140・鉄道員

  1. 1976/11/14(日) 23:00:00_
  2. ピエトロ・ジェルミ
  3. _ comment:2
鉄道員DVD画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【ファミリー映画かな・・・】 1950年・イタリア
1976年11月14日(日) PM9:00~10:50 (高1)
監督 ピエトロ・ジェルミ
主演 ピエトロ・ジェルミ

とてもいい映画・・・ということは知ってました
天使の詩と 汚れなきいたずらと 禁じられた遊びと そしてこれ 





 
.


感想 自分でも 不思議なほど すなおに感動しました
    そして不思議なほど よく理解できました
    事情と1人1人の きもちが・・・
    はじまりのイヴは とても悲しくて
    おわりのイヴは とてもよかった
    みんな結局 仲なおりして お父さん、仲なおりさせて
    そして どうして亡くなったのか・・・
    大きな愛 家族の愛を感じたのです
    みんな こせこせと 自分のことしか 考えずに
    生きてきました、でも うちとけたときは
    大きな愛に・・・すなおに涙が出ましたヨ
    坊や とても かわいかった 子供は いつも とても
    すなおで いいなァ!
    イタリアと日本は とても にている 世界中 どこでも
    そうだろうけれどね、
    1人1人の生き方、心情は とてもよく わかったみたい
    ラストのイヴは ホントによかった



****************************



2009年3月:追記

あんまり覚えていないんだけど
いわゆる貧乏な家庭の話だったと思います。
ピエトロ・ジェルミの顔が浮かびます。申し訳ないけど貧乏くさい顔です。
でも、イタリアでは、当時かなりの監督兼俳優だったと思いますから、
本当はお金持ちだったのかな?

そうそう「鉄道員」と書いて「ぽっぽや」と読む
日本の映画が、割りと最近にあったけど、見ていないし、
私はこのイタリア映画しか浮かびません。
余計な事だけど、浅田次郎の話ってワンパターンですよね!



****************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15289

原題:IL FERROVIERE
製作年:1956年



再見時感想はこちら  →  鉄道員(56・伊)(2回目) ・・・ 1-140 




<<141・シャレード | BLOG TOP | 139・ひまわり>>

comment

あんまり覚えてないけど

  1. 2012/07/12(木) 13:29:15 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
miriさんと同じような事を思った気がします。でも、印象はそんなに良くなくて、今回のオンエアではスルーしてしまいました。割と暗い話でしたよね?
「ぽっぽや」と紛らわしいタイトルで、日本では損してそうです。ぽっぽやはひらがなでいいのに。浅田次郎原作映画は3つくらいしか観たことがないけど、わたし的には「壬生義士伝」が一番ましだったかな?

*******************

「ワイルドバンチ」はNHKで観ました。ディレクターズカット版かどうかは忘れましたが、見ごたえはありました。ボーグナインも出ていて、タイムリーでしたね~。いつものめぐり合わせだと思います!
ラストの銃撃戦が印象に残る作品で、本当にハリウッド正統派西部劇の終焉を飾るのに相応しいものでした。

>ペキンパー監督にしては分割場面がなく、宵乃さんも安心して見られたことでせう。

あはは、確かにそうですよね。観てる時は気付かなかった…。これでお得意の分割画面を使いまくってたら、またムキー!となってたところです(笑)

あと、「私の中のあなた」へのコメントもありがとうございました。
ああいう繊細な問題を扱ってる作品だと、なかなか自分の言葉が出てこなくなる事が多いんですが、今回はすらすらすら~っと自然に思ったままに書けたので、ああ言って頂けて嬉しかったです。
とても心に残る作品だったので、miriさんの感想のさわりを読んで「観よう!」と思えたことに感謝してます。ありがとうございました!

Re: あんまり覚えてないけど

  1. 2012/07/12(木) 15:13:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> miriさんと同じような事を思った気がします。でも、印象はそんなに良くなくて、今回のオンエアではスルーしてしまいました。割と暗い話でしたよね?

そうですね~明るくはなかったと思います。

> 「ぽっぽや」と紛らわしいタイトルで、日本では損してそうです。ぽっぽやはひらがなでいいのに。浅田次郎原作映画は3つくらいしか観たことがないけど、わたし的には「壬生義士伝」が一番ましだったかな?

ぽっぽや、が出てからは、お若い方はこのイタリア映画のことは、
多分分からないまま過ぎるような気がして残念です。

壬生義士伝、は、HDDにあるんですけど、中井貴一って知らなくて、
タイトルバックで主演を知り、保留中です。(・・・好きくなくて(爆))

私もちょっとしか見ていませんが、「天国までの百マイル」でしたっけ?
八千草薫さんの出演なさる映画は、好きです。
「地下鉄に乗って」「オリオン座からの招待状」もまぁまぁでした☆

> *******************
>
> 「ワイルドバンチ」はNHKで観ました。ディレクターズカット版かどうかは忘れましたが、見ごたえはありました。ボーグナインも出ていて、タイムリーでしたね~。いつものめぐり合わせだと思います!

ハイ、宵乃さんにそう仰っていただけると、本当に嬉しいです☆

> ラストの銃撃戦が印象に残る作品で、本当にハリウッド正統派西部劇の終焉を飾るのに相応しいものでした。

素晴らしい映画でしたね~♪

> >ペキンパー監督にしては分割場面がなく、宵乃さんも安心して見られたことでせう。
> あはは、確かにそうですよね。観てる時は気付かなかった…。これでお得意の分割画面を使いまくってたら、またムキー!となってたところです(笑)

いや~私は反射的に、この監督名を聞くと、宵乃さん、分割場面、と
連想ゲームのように出てくるので(爆)。

そういえば「アゲメン」さんも、沢山ありましたね~。
とってもお下品な分割場面で、宵乃さんでなくても、ムキー!でした(大爆)。

> あと、「私の中のあなた」へのコメントもありがとうございました。
> ああいう繊細な問題を扱ってる作品だと、なかなか自分の言葉が出てこなくなる事が多いんですが、今回はすらすらすら~っと自然に思ったままに書けたので、ああ言って頂けて嬉しかったです。
> とても心に残る作品だったので、miriさんの感想のさわりを読んで「観よう!」と思えたことに感謝してます。ありがとうございました!

いえいえこちらこそ有難うございました☆
コメントの件でも気を使って頂き、申し訳なかったです。
大丈夫ですよ~本当に有難う~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -