FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


3-54 黒い雨

  1. 1996/11/10(日) 00:54:00_
  2. 今村昌平
  3. _ comment:3
記録のない、ほとんど映画を見られなかった時期に見たと思う映画について、今分かる事を書きます。

3-54・黒い雨 1989年・日本



kuroiame



監督 今村昌平
主演 田中好子 (高丸矢須子 役)




 
.


見た時の状況・感想


この映画を見たのは、いつ頃かよく覚えていませんが、昨日・一昨日の作品と同様に
一人で昼間に見ているのですが、89年製作なので、
多分、90年代半ばに、テレビのオンエアで見たのだと思います。

見ている事を思い出したのは、スーちゃんが亡くなった時ではなく、
今村監督の作品について、ブログの記事を書いていた時で、
この映画の記録がない事に気付き、唖然としたのです。



今の感想


この映画は1回しか見ていませんが、
なかなかに目に焼き付いてしまっているシーンがあり、恐ろしくて・・・
思い出さないようにしてきたような気がします。

今回内容を読んだのですが、あまりストーリーそのものは覚えていないようです。
ただ、やはり「あるシーン」はどうしても目の裏から消えてくれません。

スーちゃんの演技はすっごくうまくて、
キャンディーズの解散後、長く演技してきたスーちゃんには申し訳ない事だったけど、
この時初めて「やっと女優さんになられたなぁ」と思いました。

この時以外には、オンエアもあったのか、なかったのか知りませんが、
スーちゃんの一周忌にでもオンエアしてほしいですね。

怖くて、あまり覚悟はできていないけど、心の準備をしたうえで、
できれば再見したいと思います。

※原作は高校生の時に読んでいます。



************************************



再見時感想はこちら  →  黒い雨(89・日)(2回目) ・・・ 3-54 





<<3-55 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 | BLOG TOP | 3-53 植村直己物語>>

comment

こんにちは。

  1. 2011/06/20(月) 09:44:55 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
この映画は多分miriさんと同時期に、オンエアを観たのだと思います。
TBさせていただいたのは、その時の感想です。
月並みな言葉ですが、凄いとしか表現出来ない、今村昌平監督独特のリアリティに陶酔しました。
「私の作品で東北被災者の方を励ませれば」と病床で話された田中好子さん。安らかにお眠り下さい。
と、キーインした途端、涙が溢れ、鼻水が滴り落ちて止まりません。
これにて失礼します。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/06/20(月) 11:32:51 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2011/06/20(月) 15:31:19 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとTBを有難うございます☆

> この映画は多分miriさんと同時期に、オンエアを観たのだと思います。
> TBさせていただいたのは、その時の感想です。

この後すぐに読ませて頂きますね~☆

> 月並みな言葉ですが、凄いとしか表現出来ない、今村昌平監督独特のリアリティに陶酔しました。

本当に映画における「リアル」とは、この映画のあの場面だと、
私はずっと思っています。あの恐ろしい・・・。

> 「私の作品で東北被災者の方を励ませれば」と病床で話された田中好子さん。安らかにお眠り下さい。

スーちゃんは、お葬式の日に流れたテープのお言葉のように、
今は天国で「私の務め」をなさっていると思います、きっとお元気に。
私は眠っているとは思わないので・・・。

> と、キーインした途端、涙が溢れ、鼻水が滴り落ちて止まりません。
> これにて失礼します。

ゴメンナサイね、アスカパパさんのお気持ちに寄り添えず
こころ乱してしまったら・・・本当にごめんなさい。

人それぞれに、その時から思う事考えること、時間とともに変わると思いますが、
それが合わない場合、お気持ちを乱してしまうと思いますので・・・。

でも、映画のお話は、またお願いしますね~☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -