FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


139・ひまわり

  1. 1976/11/08(月) 23:05:00_
  2. ヴィットリオ・デ・シーカ
  3. _ comment:2
ひまわり



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【人生ドラマ】 1970年・イタリア
1976年11月8日(月) PM9:02~10:55 (高1)
監督 ビットリオ・デ・シーカ
主演 ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ




 
.


感想 テーマ 戦争 ☆ その残酷さ・・・
     戦争はなんて ひどいもの
    なにもかも うばってしまう そして何もかも 与えてしまう
    みんな うまかった 演技 ソフィア・ローレンのナポリ娘
    マストロヤンニの“男”そしてその妻をやった人、すごく
    かわいくて(ナターシャやったらしい) うまい演技
    そしてロシア すばらしいモスクワの都市よりも
    いなかが、ひまわり畑が広く その下にうずまる
    人々の骨 戦争の すべてを 知って 今 太陽に向かって
    花 ひらいて・・・ そして戦争と平和を思い出した
    雪の中の人々のあるき、うえて つかれて さむくて 
    何より テーマ 内容
    愛し合ってたのに・・・ 戦争が2人をひきさき
    心をも めためたにして 2どと あっては ならないのに
    あってしまった・・・その時の2人の きもち、
    そして その後の生活
    アントニオが 再びあいにきて 2人があった時☆
    そして そののちの ラストの別れ
    ヘンリー・マンシーニの音楽と ロシアのけしきと演技の
    うまさ、ホントに「映画」だなって感じた 
    ラストの別れ すごい気持ちを誘う ラスト!



**************************



2009年3月:追記

この映画はすごかったですね・・あまりたくさんは覚えてないけど、
一面のひまわり畑(すごく沢山の人の骨がその下にある!!!)
ソフィア・ローレンの涙・・・
戦争さえなかったら添い遂げた二人が、
戦争のせいで、新しい妻と、3人の人間を不幸へ・・・

夫が亡くなっていた方がもちろん罪はなかったけど、
生きていてほしかっただろうし、
高校生でもその辺泣けたと思うからね・・・今の年齢で見たら、きっと・・・。
現代の日本では考えられないよね・・・ある意味、乱れきっているからね・・・。

あの音楽と青い空、黄色い花、ソフィア・ローレンの顔、セットで出てきます。
映画ってそういうところ、自分自身の話ではないのに、
本当の思い出のように思えて・・・すごいですね☆



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19370

原題:I GIRASOLI(英語原題:SUNFLOWER)



高2の再見時感想は → こちらです
2011年の再々見時感想は → こちらです




<<140・鉄道員 | BLOG TOP | 138・スケアクロウ>>

comment

こんにちは

  1. 2011/01/27(木) 11:50:49 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>戦争のせいで、新しい妻と、3人の人間を不幸へ・・・

それでも子供だけは、と思いとどまったところに心から感動しました。

気になったのは、アントニオが帰国した時に母親に会いに行ったのか?
イタリア男(でしたよね?)は母親を大切にするから、会いに行った描写がないのが不思議で・・・。

ひまわりとソフィアが強烈な印象を残しました。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2011/01/27(木) 13:04:40 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
古い記事ですが、コメントを下さり、有難うございます☆

> それでも子供だけは、と思いとどまったところに心から感動しました。
> 気になったのは、アントニオが帰国した時に母親に会いに行ったのか?
> イタリア男(でしたよね?)は母親を大切にするから、会いに行った描写がないのが不思議で・・・。

この2件、ピンと来なくて・・・
これは良い再見の理由を見つけました~!ありがと☆ 

なるべく早く見て(この2件を中心に頑張って見て)
またお話しにまいりますね~♪

> ひまわりとソフィアが強烈な印象を残しました。

もう一生涯忘れられないですよ~。
そういう映画はあんまり多くないけど、
この映画は、もう間違いなく、空・ひまわり・彼女・音楽・・・忘れられないと思います。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -