FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


3-22 水の旅人

  1. 1996/11/10(日) 00:22:00_
  2. 大林宣彦
  3. _ comment:4
記録のない、ほとんど映画を見られなかった時期に見たと思う映画について、今分かる事を書きます。

3-22・水の旅人  侍KIDS 1993年・日本



水の旅人



監督 大林宣彦
主演 山崎努 (墨江少名彦役)




 
.


見た時の状況・感想


これはうっすらと覚えています。
93年~97年に住んでいた場所で、レンタル屋さんでVHSを借りました。

私は大林監督が好きだったので、
監督の作品は、必ず早めに借りて、見ていたと思います。



今の感想


この映画は、あまり詳しくは覚えていませんが、
おおまかな話の流れは分かっているし、
少年と「すくなひこ」さんとの心のふれあい等は、
上のDVDの画像のシーンなどと共に思い出せます。

案外「こ汚い侍」でしたよね~。
最後に、少年に生まれ変わったような気がします。


でも、この映画の内容とは別に、
私は、中山美穂さんの全部の歌の中で、
この映画の主題歌「あなたになら…」が、一番好きなので
今は、この映画というよりも、あの歌、が一番親しみ深いです。

水に写る太陽、兄弟という名にしてあるけど、全ての愛する人に捧げたい、
素晴らしい歌だと思います☆
(歌詞は中山さん本人が書かれていて、作曲は久石譲さんです)


映画も、環境問題とかも含んでいて、良い作品だったので、
できれば再見したいと思います。



「あなたになら…」 → (動画は削除され、ありません、見つけ次第リンク貼ります)



***************************



再見時感想はこちら  →  水の旅人  侍KIDS(93・日)(2回目) ・・・ 3-22 




<<3-23 病院へ行こう | BLOG TOP | 3-21 マスク>>

comment

  1. 2014/02/19(水) 13:12:18 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>特に村人が毎年祭りの前の日には嵐になると言うのを聞いて、
 アホかいな、その日を避けてキャンプしなよ、と切れた

ですよね~。危険だとわかっているのに客をとり、さらに注意もしなかったのが酷いです。
夕方に川に向かう生徒を笑って見送る教師も、教師失格だなぁと思いました。毎年夏には水難事故で子供が死ぬニュースが流れるのは、ず~っと昔から変わらないのに…。
その上、水の精霊が付いているとはいえ、子供が激流に飛び込んで助けを呼びに行くシーンもあるし、色々と突っ込みどころ満載でした。

>この映画は、今現在「新作です」といっても通じるメッセージ性を感じ

言ってる内容は素晴らしいと思ったんですが、あんなふうにストレートにセリフで伝えられると白けちゃうんですよね…。すみません。
カラスのくちばしのくだりも私的に受け付けず、ちょっと合いませんでした。

にゃんこは非常に可愛かったです。途中、車に轢かれた気もするけど、漫画的表現ということでこちらはOK。

主題歌は良かったですね。youtubeへのリンク、切れてますよ~。

> 2/18「水の旅人 -侍KIDS-」

  1. 2014/02/19(水) 19:56:49 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
>前半の少年と侍との交流は面白かったけど、後半は一気に説教臭くなる上に、笑えない系のツッコミどころが満載。中盤のカラスのくちばしを切ったのはアウトでした。あんなの殺された方がまだマシ。にゃんこは超絶可愛かったのになぁ…。


えーと、再見して時間が経っているので
詳細は覚えていないので、すみません。

> >特に村人が毎年祭りの前の日には嵐になると言うのを聞いて、
>  アホかいな、その日を避けてキャンプしなよ、と切れた
> ですよね~。危険だとわかっているのに客をとり、さらに注意もしなかったのが酷いです。
> 夕方に川に向かう生徒を笑って見送る教師も、教師失格だなぁと思いました。毎年夏には水難事故で子供が死ぬニュースが流れるのは、ず~っと昔から変わらないのに…。
> その上、水の精霊が付いているとはいえ、子供が激流に飛び込んで助けを呼びに行くシーンもあるし、色々と突っ込みどころ満載でした。

大林監督作品は、ときどき、「?」という描写や
作品全部がそういうことがあります。
この作品は、仰るように前半は良かっただけに、後半の「?」には
どうにもこうにも、惜しいですよね~!

> >この映画は、今現在「新作です」といっても通じるメッセージ性を感じ
> 言ってる内容は素晴らしいと思ったんですが、あんなふうにストレートにセリフで伝えられると白けちゃうんですよね…。すみません。

あ、そうでしたか?
私は初見時の良い感想部分と、再見時のそれが同じだったので
その部分はとっても良かったように思いました。

> カラスのくちばしのくだりも私的に受け付けず、ちょっと合いませんでした。

これはCG(というか、模型)ではなかったのでしょうか?
もし模型でも許せないという意味でしたら、
まぁ程度の強弱はあれ、良い気分にはならないですよね~!

> にゃんこは非常に可愛かったです。途中、車に轢かれた気もするけど、漫画的表現ということでこちらはOK。

猫・・・覚えていなくて(汗)
もしかしたら、主人公きょうだいが飼っていたのかな~?

> 主題歌は良かったですね。youtubeへのリンク、切れてますよ~。

あ、すみません、随分前に切れていたのですが、
この歌は探してもなかなかなくって・・・(言い訳)
なるべく早く、なんとかいたします。

今日は本当にお忙しい中、たくさん有難うございました♪


.

連日すみません!

  1. 2014/02/20(木) 11:58:21 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
からすのくちばしの件は、見た目のグロさではなく、斬る必要がないのに「叩くだけでは失礼だから」とか彼の価値観で、生きるのに必要な、そうそう治らないくちばしを切り落としたのが許せなくて…。

木のくちばしをご飯でくっつけてたけど、あんなのすぐに落ちるし…。
そもそも神経も血管も通ってるから、ショックで何も食べられなくなったり、感染症の恐れも。
もし、水が飲めない、エサもとれない、他の鳥に攻撃されても応戦できない状態が続けば、苦しんで死ぬだけです。
責任とって保護するべきでした。侍には無理だけど…。

にゃんこは少年の部屋にいることが多かったものの、彼が飼ってるのか、家で飼ってるのかわからないなぁ。
侍がしっぽと戯れてる姿に和みました(笑)

Re: 連日すみません!

  1. 2014/02/20(木) 14:02:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> からすのくちばしの件は、見た目のグロさではなく、斬る必要がないのに「叩くだけでは失礼だから」とか彼の価値観で、生きるのに必要な、そうそう治らないくちばしを切り落としたのが許せなくて…。
> 木のくちばしをご飯でくっつけてたけど、あんなのすぐに落ちるし…。
> そもそも神経も血管も通ってるから、ショックで何も食べられなくなったり、感染症の恐れも。
> もし、水が飲めない、エサもとれない、他の鳥に攻撃されても応戦できない状態が続けば、苦しんで死ぬだけです。
> 責任とって保護するべきでした。侍には無理だけど…。

あ~思い出しました!
酷かったです!!!

しかし宵乃さんほど考え抜かれる方は少ないかとは思いますが・・・
大林監督の良くない部分ですね~ダメダメダメ!

> にゃんこは少年の部屋にいることが多かったものの、彼が飼ってるのか、家で飼ってるのかわからないなぁ。
> 侍がしっぽと戯れてる姿に和みました(笑)

あ~こちらも、すーっと思い出しました!
あれは、家の飼い猫だったように思います☆

すくなひこ、に一番最初に気付いた?のも、
あの猫ちゃんだったような気がします(?)。

どうもご説明有難うございました。
とってもスムーズに思い出せました☆

***********************

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の件は、
私も、初見時から、あの女の「想い」の物語りだと思っていました。

あの女優が大きらいだったので、初見時はそれが・・・ちょっと・・・だったんですけど、
再見時は、嫌いな気持ちが減っていたので、好きではないけど、まぁマシになっていたので
その映画そのものへの感想も、すごく良くなりました。
長々とすみません、どうも有難う☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31