FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


134・ポセイドン・アドベンチャー

  1. 1976/10/11(月) 23:35:00_
  2. ロナルド・ニーム 
  3. _ comment:6
ポセイドン・アドベンチャー BD



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【パニック映画】 1973年・アメリカ

1976年10月11日(月) PM9:00~11:25 (高1)
監督 ロナルド・ニーム
主演 ジーン・ハックマン

ハリウッドを たてなおした 映画だとは 知ってたけど
こんなに すごいとは 思わなかったのです




 
.


感想 すごい映画です 単なるパニック映画とは全くちがいます
    教えてくれたのです “生きるには努力をしなければならない”と
    何もせずに あーだこーだ ゆうより 実際に行動しなければ!
    人間はどんな時にも 必死に 生きなければならないのです
    みんな いっしょうけんめいに 自分のできうる 最大限を
    やりました 特に牧師さんは・・・
    私は自分がはずかしい 本当に死ぬ勇気など あるはずないくせに・・・
    牧師さんは 必死にやりました ラスト近い時に
    自らの命を犠牲にして 6人を助けました
    神に絶叫しながら!
    女の子リンダとかいったっけ牧師さんを愛したのですね愛しているからこそ
    牧師さんについてったのでしたね そして牧師さん
    みんなを助けようとしているから 人間愛があるから 行動
    できるのですね なぜ 死んでしまったのですか?
    この映画から学んだ 最も大きいことは
    生命は大切である ということ
    人間はいつも 絶対がんばって 生きなければならない ということ
    水と 人と 鉄材を おしみなく使った この映画は
    いつまでも 愛されるでしょうね



*******************************



2009年3月:追記

この映画は「大空港」より後で「タワーリング・インフェルノ」より前の、
(※上の記述は一部間違っています・・・自分が見た順です、すみません)

どちらにしても“パニック映画”の黎明期というか、さきがけ、というか、
どの作品も素晴らしかったですが、

最近の邦画“海猿”とかは
「人が死んではいけない、何が何でも生かす」のような作りですが、
不自然極まりなく(主人公は何回死んでもおかしくない様子)、

この映画のように、人が死んでも、そこにはどういう意味があり、
助かった人には、どういう風にしてあげたのか?など
色々と考えさせる作りにしたほうが絶対に良いと思います。



*******************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21504

原題:THE POSEIDON ADVENTURE
製作年:1972年



再見時等の感想はこちら

ポセイドン・アドベンチャー(72・米)(2回目) ・・・ 1-134
ポセイドン・アドベンチャー(72・米)(殿堂入り) ・・・ 1-134





<<135・ゴッドファーザー  (初見時/再見時) | BLOG TOP | (62)サウンド オブ ミュージック(3回目)>>

comment

  1. 2009/03/17(火) 08:38:36 |
  2. URL |
  3. アリス
  4. [ 編集 ]
はじめまして、

私が映画に夢中になり始めた頃と同じ位ですね。
同年代かしら(*^_^*)


この映画のリメイクを2006年に映画館に観に行きました。
最近の技術で船が180度回ってしまうシーンなどがどの位の迫力なのか
など、とても楽しみだったのですが

オリジナルに遠く及ばないひどい内容でした。
オリジナルを観ないでいきなりこれを観た人が
オリジナルもつまらいと思われるのはとても心外でしたね。

ストーリーを同じにして
こんなにも違う映画にしてしまうなんて
ある意味すごいと感心したものでした。

はじめまして、アリスさん☆

  1. 2009/03/17(火) 11:25:13 |
  2. URL |
  3. saisenseisuki
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆
私はハンドルネームを短くして「サイ」と申します。
年女の牛もーもーです。

アリスさんのブログも、この後でゆっくりと読ませてもらいますね!

> 最近の技術で船が180度回ってしまうシーンなどがどの位の迫力なのか
> など、とても楽しみだったのですが
> オリジナルに遠く及ばないひどい内容でした。

そのリメイク作品は知らないのですが、
最近はCGをはじめとして、技術に頼りすぎて
つまらない作品になってしまう場合も
多いのではないかしら?と思っています。

アリスさんは両方ご覧になれて、
ある意味、すごく貴重な体験をなさったと思います。

良かったら、また読みにきてくださいね☆
これからも、どうぞよろしくお願いします。

おはようございます!

  1. 2012/06/13(水) 07:39:46 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
コメント遅くなってスミマセン。
この作品は凄いですよね~、何度見てもハラハラドキドキしてしまいます。
でも、久し振りに観たら、牧師さんは助かる事より神に証明するために行動しているように見えてしまって、あんまり好きになれませんでした。
いや、ちゃんと命を大切にする気持ちがあるのはわかるし、彼がいなければみんな助からなかったんですけど、それを上回る意地みたいなものを感じてしまって…。
彼に恋するお姉ちゃんが可愛かったですね~。彼と二人きりになりたくて、弟から目を離してしまうのはちょっとあれでしたけど、彼女も子供だから仕方がないですね。

あと、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」ご覧になったんですね!
わたしも早く観たいんですけど、再見映画が5つだか6つだかあって、どうしようか迷ってたんですよね。すっとばして先に観ようかな?
私の事は気にせず、感想記事をアップして大丈夫ですよ~。すぐにとんでいきます!

「ノスタルジア」の一言感想に笑わせてもらいました。魔法がかかってますよね~、あれは。わたしもうとうとしながら観たような覚えがあります。

宵乃さん、おはようございます☆

  1. 2012/06/13(水) 08:30:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> コメント遅くなってスミマセン。

いえいえ、何を仰るやら?
いつも有難うございます☆

> この作品は凄いですよね~、何度見てもハラハラドキドキしてしまいます。
> でも、久し振りに観たら、牧師さんは助かる事より神に証明するために行動しているように見えてしまって、あんまり好きになれませんでした。
> いや、ちゃんと命を大切にする気持ちがあるのはわかるし、彼がいなければみんな助からなかったんですけど、それを上回る意地みたいなものを感じてしまって…。
> 彼に恋するお姉ちゃんが可愛かったですね~。彼と二人きりになりたくて、弟から目を離してしまうのはちょっとあれでしたけど、彼女も子供だから仕方がないですね。

昨夜、宵乃さんの記事も読ませて頂いているのですが、
長年見ていないので、コメントもさせて頂けなくてごめんなさい。
いつか良い機会があったら再見したいと思います☆
(録画してあるみたいですね~ハハ忘れていました・・・)

忘れている頭でも、ジーンハックマンの牧師さんが
自分の身を賭して、神に祈り(文句言い)ながら、あのハッチを開けるところだけ
シッカリと覚えています。
再見したら、宵乃さんの仰る事、考えながら、そのシーンを見たいと思います☆

> あと、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」ご覧になったんですね!
> わたしも早く観たいんですけど、再見映画が5つだか6つだかあって、どうしようか迷ってたんですよね。すっとばして先に観ようかな?

すっとばして・・・
そうしなさ~い♪ そうするのよ~♪ それが良いわ~♪

> 私の事は気にせず、感想記事をアップして大丈夫ですよ~。すぐにとんでいきます!

いや~(照)どうしようかな~???

> 「ノスタルジア」の一言感想に笑わせてもらいました。魔法がかかってますよね~、あれは。わたしもうとうとしながら観たような覚えがあります。

「ノスタルジア」ってオンエアした事があるんですね?
やはりもう少し早く再開していれば・・・と思わないでもないけど、
仕方ないですね~いまさら言っても。

頑張って最後まで見られる日を信じて待ちたいです☆

コメントありがとうございました

  1. 2012/09/25(火) 10:05:03 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
実は、この作品はずっと吹替えで観てきたので、凄く面白いB級作品という印象を持っていたんですよ。字幕版を観たら、悲壮感と希望をなくさない人間の力強さがひしひしと伝わってくるし、最後まで目を離せなくて驚きました。
「タワーリング・インフェルノ」と双璧を成す、ディザスター映画の名作ですよね。
今日の曲を聞きながら、作品をじっくり思い返しましたよ~。
わたしは牧師と神父の違いや、「神の沈黙」もよく知りませんが、次に観る時は牧師さんの心情に注目してみてみますね!

**************

「イタリア式恋愛マニュアル」はオンエアしてたんですか。その頃はオンエアした未見映画は片っ端から観ていたと思うから、たぶん他と被って録画できなかったんでしょう。ラッキー?

「コッホ先生」は機会があったら観たいです。やっぱり教師ドラマには目がないので(笑)

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/09/25(火) 15:14:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらこそコメントを有難うございます☆

> 実は、この作品はずっと吹替えで観てきたので、凄く面白いB級作品という印象を持っていたんですよ。

えぇーーーっ!!!
ビックリ仰天です!!!(笑)

> 字幕版を観たら、悲壮感と希望をなくさない人間の力強さがひしひしと伝わってくるし、最後まで目を離せなくて驚きました。
> 「タワーリング・インフェルノ」と双璧を成す、ディザスター映画の名作ですよね。
> 今日の曲を聞きながら、作品をじっくり思い返しましたよ~。

ハイ、名作です☆
と言いきって良いと思います☆

> わたしは牧師と神父の違いや、「神の沈黙」もよく知りませんが、次に観る時は牧師さんの心情に注目してみてみますね!

有難うございます。

> バート・ランカスターがやっていたような役柄というのは悪役の事かな?
> 牧師さん役は、今までのイメージと全然違ったんでしょうか。この作品でイメチェンに成功!?

すみません、これは舌足らずでした。
バート・ランカスターがやっていたような役柄、というのは
単純に主人公、皆を助ける役の人という意味です。

ジーン・ハックマンは売れっ子でしたが、当時の新しいスター的な感じで、
バート・ランカスターのような、古き良きアメリカの良心的な俳優な感じがしなかったので
そういう意味でのイメチェンですが、牧師役だからという意味ではありません・・・。

> 奥さんの死は話上必要なんでしょうけど、悲劇は突然訪れるものなんだろうけど…。今までの犠牲者の退場の仕方と比べるとあっけなく感じてしまいました。

そうでしたね、たしかに・・・。
でも頑張れば助けられそうな状況だったら、マーティは行きますからね~
実際、行こうとしたし、それが絶対に出来ない、
あっという間にどうにもならなくなる・・・
それがこの場合必要だったように思います☆

> ゆっくり入ればあのタイミングで発作は起きなかったかもしれないな~と。空を見せてあげたかった!

ゆっくりと入っては、画にならないので~(大爆)!
空をね・・・お優しいです♪

> 確かにつり橋効果は長続きしませんが、1,2年は一緒にいてもいいと思うし、その期間で良い関係を結べるかどうかじゃないですか?

そうですね・・・彼女次第なんでしょうね~?

> **************
>
> 「イタリア式恋愛マニュアル」はオンエアしてたんですか。その頃はオンエアした未見映画は片っ端から観ていたと思うから、たぶん他と被って録画できなかったんでしょう。ラッキー?

すみません、タイトル間違えていて正しくは「イタリア的、恋愛マニュアル」で、
とても良い作品でした。

良かったら流し読みお願いします。
こちらです↓
http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-449.html

> 「コッホ先生」は機会があったら観たいです。やっぱり教師ドラマには目がないので(笑)

ハイ、是非~~~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -