FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


3-6 ふたり

  1. 1996/11/10(日) 00:06:00_
  2. 大林宣彦
  3. _ comment:0
記録のない、ほとんど映画を見られなかった時期に見たと思う映画について、今分かる事を書きます。

3-6・ふたり 1991年・日本



ふたり



監督 大林宣彦
主演 石田ひかり(妹役)
    中嶋朋子(姉役)




 
.


見た時の状況・感想


これはだいたい覚えています。
89年~93年に住んでいた場所で、レンタル屋さんでVHSを借りました。

大林監督が好きだったので、自分が借りてきたと思います。
夫と一緒か、ひとりで見たのかは覚えていませんが、
あとでオンエアがあった時もしっかり見ていますし、
この作品はとても好きな作品なので、別々の時に、3回以上は、見ていると思います。



今の感想


この映画は、内容も、多分ほとんど全部覚えています。
(もちろん詳細は分かりませんが)

原作本も読みましたし、多分VHSを借りた時は、数回見たと思います。

当時は「北の国から」を、ひとつも見たことがなかったので、
姉役の女優の事を、ママ友がどうのこうの言っていたことが、よく分かりませんでした。
今思うと「ほたる」役だったのですよね。

私は、石田ひかりが好きで、朝の連ドラも見たし、
この作品でも、いじらしくて可愛いと思います。

今モテモテの富司純子さんのお母さん役を、この作品で初めて見たような気がします。
残酷なシーンがありましたよね、あぁいう事するのは、子供でも許してはいけません。

姉の事故のシーンは、結構再現できるくらいハッキリと・・・。

この作品は、もしかしたら、いつか買ってしまうかもしれませが、
オンエアがあったら、是非、
再見したいと、強く思います。

多分、今見ると、ちょっと感想は変わりそうですが、
今の自分の立場で見ても、素晴らしい名作だと思います。



*******************************



キチンと再見時他時の感想はこちら  →  ふたり(91・日)(殿堂入り) ・・・ 3-6





<<3-7 幸福の条件 | BLOG TOP | 3-5 ミンボーの女>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -