FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-944  釣りキチ三平

  1. 2011/02/12(土) 23:30:00_
  2. 滝田洋二郎
  3. _ comment:4
釣りキチ三平  2009年・日本



三平




 
.


2月12日(土)  チャンネルネコ

監督 滝田洋二郎
主演 須賀健太(三平役)

感想
たしか、私が中1で弟が小5の頃に「釣りキチ三平」のマンガの連載が始まったのです。
毎週、毎週、その「週刊少年マガジン」を、私は「愛と誠」目当てで読んでいて、
(たしか弟が自分のこずかいで買っていたと思います)
そのついでで「釣りキチ三平」も読んでいました。


なので、私の中には、私なりの「三平像」があるので、
須賀健太君は、もう、本当に申し訳ないけど、
この須賀君では、もうちょっと・小さいか・大きかったなら・良かったかもしれないけど、
この須賀君では、ちゅーとはんぱ、もいいとこで、最後の最後までピンと来ず、
ヘンな感じでした。


しかし、他の役者は好きな人ばっかで

渡瀬も、こういう爺さん役が、これから増えるんだろうね~
一生涯食いっぱぐれがないな、と感心感心。

塚本高史は好きなので、漫画ではちょっと怖かった(と思う)
鮎川魚紳さんを、とってもスマートに演じていて、嬉しかったし、

あと、香椎由宇も好きな女優で、
この映画では、彼女なしには、何というか、寂し~い・おとこくさーい作品になったと思うので、
満開の華、素晴らしかった☆ ママになって、また演技見せてほしい。(夫さんのオダジョーも大好き)


で、映画としての出来は、さすが滝田洋二郎、って感じで、
どうしようもなく、うまくまとめちゃっているから、
ベタな作りかもしれないけど、
日本人らしい「人情」に訴えるところもあり、良かった☆


私の周りの男性は、釣りに縁のある人がなぜか多く・・・
私自身は、今までで数回しか、釣りをしていないけど、日本海でフグを釣った時、楽しかった。


あと、この映画は、マンガにこだわって実写版ってどうなの?と思っていた私だったけど、
リンクにある“ウルフのスナフさん”が
お薦めしてくださったので、鑑賞しました。☆ 感謝 ☆


「マイナスイオン、いっぱい浴びた作品で・賞」
本物の自然も、CGも全部、美しかった~!





<<2-945  踊る大紐育 | BLOG TOP | 2-943  影なき男>>

comment

  1. 2011/03/01(火) 21:32:46 |
  2. URL |
  3. ウルフのスナフ
  4. [ 編集 ]
ahahahaha^^
あはははは~~~!!
言えてる言えてる!!
実写版って・・・どうなのお~~??
みたいな~?  爆
でもスナフもマイナスイオン浴びたぜい^^
なんだかんだいってもさ~、マイナスイオンにゃ負けちゃう。。。  笑  ねね?
又、来ます

スナフさん、こんばんは☆

  1. 2011/03/01(火) 22:52:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
来てくれたのね、有難う☆
miri、とっても嬉しいです!

> でもスナフもマイナスイオン浴びたぜい^^
> なんだかんだいってもさ~、マイナスイオンにゃ負けちゃう。。。  笑  ねね?

スナフさんが「マイナスイオン浴びた」って書いてたから
楽しみにしていたのよね~そしたらホントにそうだったの♪

> 又、来ます

絶対ね、約束よ~♪
(今日はムーミン谷も更新していて、嬉しかったです☆)

なかなか面白かったですよね

  1. 2012/10/17(水) 15:18:10 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
わたしが物心ついた頃に観ていたアニメのひとつでした。
そんなわけで、ストーリーなんかは知らないんだけど、キャラクターは馴染み深いものがあるんですよね。
うちの田舎が秋田なのでなおさらです。

とくに期待せずに観たら、けっこう引き込まれました。三平や魚のCGはハハハって感じですが、ホント全体的に上手くまとまってて退屈しないし、ホロリとくるところもあって後味がよかったです。

>私自身は、今までで数回しか、釣りをしていないけど、日本海でフグを釣った時、楽しかった。

わ~、いいですね!
わたしも釣りに憧れつつ、機会がなくて(しかも金魚飼ってるのでちょっと可哀相で)一度も釣りはしたことがありません。
まあ、ゲームで満足しちゃう程度の憧れですけど(笑)
フグは料理してもらったんでしょうか?

「遊星からの物体Ⅹ」は楽しめませんでしたか~。わたしあの犬がみょーんってなるシーンが大好きで(好きなマンガでパロってるんです)、かなり印象に残ってる作品です。
あれで怖くないなら、エイリアンはぜんぜん大丈夫だと思います!

****************


あと、リンク間違いの件、わたしも削除できないひとなので仲間がいて嬉しかったです。
一度アップしたものは、新しく公開した時にフィードが発信されないので、こっそり記事をアップしたい時に使ってます。索引とかリンク集とか。フィードリーダーで読んでる方も多いので。

>「見たことは、見たんだから、それで良いのだ」と、
ご自身を肯定なさるのが良いのではないでしょうか??

ありがとうございます。自分って変なのかなぁと思うこともあったので、そう言って頂けて心が軽くなりました。あんまり気にしないほうがいいですよね。

>オンエア順は、多分、局の都合なのでは???

あはは、視聴者の事は考えてないか~。まあ、どうせ観られなかった部分はこれからのオンエアで補っていく予定なので、もう順番なんて気にしてられないですけど。
製作順の説明は納得です。広く観てもらうためには、そういう気遣いが必要ですよね。

>あと、久保さんはお父さんではなくて、克子さんの伯父さんです。

あ、そうでしたっけ。何作も観て、細かいところがごっちゃになってきたかも…。今観てる「悪魔の手毬歌」を観終わったら、ちょっと休憩しようと思います。

>金田一さんの女性観や、アメリカにいた時のこと
それらは、昔も今も、ファンの間で色々と研究もされていて、

シャーロキアンみたいな人たちが、この作品にもいるんですか~。全作品網羅できたら、そういうサイトも探してみたいと思います!

Re: なかなか面白かったですよね

  1. 2012/10/17(水) 19:05:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
いつもコメントを、有難うございます☆

> わたしが物心ついた頃に観ていたアニメのひとつでした。

アニメ?
アニメとは、絵が動くやつですよね???
それは見た事ありませ~ん。 見たいなぁ・・・。

> そんなわけで、ストーリーなんかは知らないんだけど、キャラクターは馴染み深いものがあるんですよね。
> うちの田舎が秋田なのでなおさらです。

矢口高雄さんの絵は綺麗ですよね~。
ご両親のご実家方面にも、キレイな川とかあるのでしょうか?

> とくに期待せずに観たら、けっこう引き込まれました。三平や魚のCGはハハハって感じですが、ホント全体的に上手くまとまってて退屈しないし、ホロリとくるところもあって後味がよかったです。

この映画は監督が良いので、結構うまくまとまっていましたね~☆

> わ~、いいですね!
> わたしも釣りに憧れつつ、機会がなくて(しかも金魚飼ってるのでちょっと可哀相で)一度も釣りはしたことがありません。
> まあ、ゲームで満足しちゃう程度の憧れですけど(笑)
> フグは料理してもらったんでしょうか?

フグと言っても小さいヤツらで、帰りに放しました。
ゲームの釣りって面白いのですか??? よく分かりません・・・。

> 「遊星からの物体Ⅹ」は楽しめませんでしたか~。わたしあの犬がみょーんってなるシーンが大好きで(好きなマンガでパロってるんです)、かなり印象に残ってる作品です。

途中まではドキドキして楽しかったのですが、
あの生き物が、あまりにも笑える程度で(笑)。
その後色々と全部良くない方にいくし、面白くなかったです・・・
「みょーん」ですか・・・。

> あれで怖くないなら、エイリアンはぜんぜん大丈夫だと思います!

アハッ、それは嬉しい!
そろそろ見るときかな~???

> ****************

> あと、リンク間違いの件、わたしも削除できないひとなので仲間がいて嬉しかったです。

あ、良かったです♪

> 一度アップしたものは、新しく公開した時にフィードが発信されないので、こっそり記事をアップしたい時に使ってます。索引とかリンク集とか。フィードリーダーで読んでる方も多いので。

えーと、この文章の意味が分からないのですが、
あんまり良くないことをしていたのかもしれませんね・・・

コメントを頂いていない記事は、昨夜新しい記事に写し替えましたが、
コメントを頂いている分はあとでしますが、
そうやって新しい記事にすると、どこかに通知が行くのでしょうか???
(更新pingは全部消していますが・・・)

今日の記事も意味分からないし、私のようなモノは、
PCを使える人間では、ホントのところ、ないのでしょうね~寂しい。

> 今観てる「悪魔の手毬歌」を観終わったら、ちょっと休憩しようと思います。

そうですね、その方が よろしいかと・・・
昔は「週一」だったので、ゆるやかに見られたのでしょうし・・・。

> シャーロキアンみたいな人たちが、この作品にもいるんですか~。全作品網羅できたら、そういうサイトも探してみたいと思います!

鉦鼓亭さんのコメント内容は正しくていらっしゃるのですが、
補足というか、ひとりひとりに違う耕さんが居るという部分で・・・。

石坂・金田一が良いというのは鉦鼓亭さん個人のご意見なのですが、
その当時は「石坂イコール日本の2枚目俳優の代名詞」でした。

今なら誰に例えれば良いのか分からないけど、
30年くらい前は、ほぼそれが国民的な暗黙の了解だったので、

金田一って原作ではもっさく書いてあるのに、
2枚目で良いのか?と、私は思っていました。

「八つ墓村」が映像化しにくいご説明は、ほぼその通りだと思いますが、
女性目線(16歳の女の子目線)では、
冒険的要素よりも、好きな人と・こうして・こうなる・のは素敵、的な話でした。

現在の私からはそう思えないかもしれないけど、
原作を読むときは、初読時に戻るので・・・映画と一緒ですね♪

金田一は普段は
“建設業をやっている風間というおっちゃんのお妾さんの家の2階に間借り”しています。
探偵で食べられなくても風間が食べさせてくれます。

風間にしても久保にしても、警察の色々な人にしても、耕さんの人柄に
ほっとけないモノを感じるというか、そんな事が(本を読むと)伝わってきます。

耕さんの若い頃のことは、本陣に書いているだけですけど、
だからこそファンが色々と考えているって感じですね~。

私の好きな作品は、先日書いた「蝶々殺人事件」は金田一が出ていないので、
金田一が出ているモノはほぼ同程度な感じですが

「車井戸はなぜ軋る」が、特に大好きす。何回も何回も読みました。
本陣と同じ文庫に入っている短編で、金田一はほぼ関係ないのですが、
事件の整理のためには必要だったかもです。

その主人公の鶴代と、例の典子と、本陣の鈴子、が特に好きですね☆
・・・多分読んだときの自分と同世代の女性たちだからかもしれません。

昨日も書いたように、ひとりに一人の金田一耕助がいますね~
原作の中の言葉尻を頼りに色々と想像します☆
(きっと、ある方に話を聞いたら、止まらないと思います、ハイ)

懐かしい想いを、たくさん思い出させてくれて、本当に有難う☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31