FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-937  最後に恋に勝つルール  (旧gooブログの記事)

  1. 2011/02/08(火) 22:30:00_
  2. ナイジェル・コール
  3. _ comment:2
2011年2月10日の記事
タイトル 「こんな二人もあり♪ (映画では)」



最後に恋に~



A LOT LIKE LOVE (最後に恋に勝つルール) 2005年・アメリカ製作作品を見ました。




 
.


2011年2月8日(火)  ムービープラス

監督 ナイジェル・コール
主演 アシュトン・カッチャー (オリヴァー 役)
    アマンダ・ピート (エミリー 役)

感想
とても好感が持てて、楽しく見られて良かった☆ 
最初と最後の整合性が合っていて、それは大事な事だし、話の流れも不自然ではない…
ただこのままハッピーにはいかないと思うけど、映画としてはOK。
“こんな二人も良いんじゃない?で・賞”



*********************



男の子の方は、まあマトモで、こんな感じだろうと思えるけど、
女の方は、まあ本当に世渡りって感じでさ~!
あのはすっぱが、最後、あそこまで追いかけてゆくなんて、年齢がいくと変わるよね~。

出会い方が、まぁ凄いし。
映画を見ている数時間の中では理解できても、なかなか現実の人生では、同じ人と数年後に、
約束もせずに、こういうふうになるのは、難しいよね・・・人間、近くの人を追い求めるものね。

国立公園での一夜はキレイだったし、女性の方の母親の件と、男性の方の兄の件(妹の件)が、
この映画の中では、大事な伏線だと思いました。
おわり。



※これは旧gooブログの記事ですが、感想文もほぼ同じなので、この記事1本にします。




<<2-938  ニライカナイからの手紙 | BLOG TOP | 2-936  ドロップ  (旧gooブログの記事)>>

comment

  1. 2013/05/29(水) 07:30:19 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
おはようございます!
この前、録画して観ました。出会いが凄かったですね~。将来子供に話せない(笑)
まあ、あの後に結婚したとしても子供が生まれるまでもたない気もしますが…。彼との子じゃなくても、国立公園での話しは写真を見ながらできそうですね。
目が覚めたら子供のいる家族と目が合って…のくだりは笑いました。
おおむね楽しく観られたんですが、どうしてこういうすれ違いモノでは、軽~く恋人や婚約者を裏切る描写があるんでしょう?
そこで冷めちゃいました。
主人公の兄妹仲は微笑ましくて良かったです。

あと、「チェブラーシカ」と「ミトン」を買われたんですね~!
もうご覧になったでしょうか?
いつでも観られるなんてステキです。
でも、わたしは幻の作品「まいごのヴヌーチカ」が収録されたソフトが出るまで我慢するのだぁ~!!(笑)

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2013/05/29(水) 09:31:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この前、録画して観ました。出会いが凄かったですね~。将来子供に話せない(笑)
> まあ、あの後に結婚したとしても子供が生まれるまでもたない気もしますが…。

もう(印象的な場面とラスト以外は)あんまり覚えていないのですけど、
自分の感想にも同じように書いてあるので、ハハハ~ですね~(笑)。

> 彼との子じゃなくても、国立公園での話しは写真を見ながらできそうですね。
> 目が覚めたら子供のいる家族と目が合って…のくだりは笑いました。

ひろーい国土だからこそ、みたいな感じもありましたね~♪
まぁまぁ上手に作られていたように思います。

> おおむね楽しく観られたんですが、どうしてこういうすれ違いモノでは、軽~く恋人や婚約者を裏切る描写があるんでしょう?
> そこで冷めちゃいました。

宵乃さんはキッチリなさっているから「冷める」のでしょうね~。
私はそこまではいかないけど、不愉快では、もちろんありますし、
「映画なら良い」という意味のことを書いてあるので

実際現実ではちょっとした裏切りでもプッツン来るのですが、
アメリカのこういう映画には付きモノというか・・・
ない方が良いのかもしれないけど

まぁ映画ですし、そういう描写もあまりのあくどさがない場合は
まぁ顔をゆがめて見る・・・って感じでしょうか?

> 主人公の兄妹仲は微笑ましくて良かったです。

ハイ、良かったです。

> あと、「チェブラーシカ」と「ミトン」を買われたんですね~!
> もうご覧になったでしょうか?
> いつでも観られるなんてステキです。

有難うございます☆
ゆっくりと気持ちを落ちつけて見たいので、まだです。。。
「ママ」は見ると泣きそうだから、とりあえずゲーナに会うだけにしようかな???

> でも、わたしは幻の作品「まいごのヴヌーチカ」が収録されたソフトが出るまで我慢するのだぁ~!!(笑)

おぉ~!!!
そういう作品があるのですね?
全然知らなかった!!!
どんなお話かな~???

ヴヌーチカって人間?動物?
きっと日本人の熱があれば、いつかソフト化されると思います。

ここ数年、昔のフランス映画とか、最近ではマカロニの有名ではない作品などが
続々ソフト化されていますので、それは買うヒトがいるからだと思うので。。。
きっと、作られますよ~!!!

では今から「マダムと女房」のコメントに行かせて頂きま~す♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -