FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-94  アイズ・ワイド・シャット

  1. 2001/05/30(水) 20:00:00_
  2. スタンリー・キューブリック
  3. _ comment:4
Eyes Wide Shut  (アイズ・ワイド・シャット)  1999年・アメリカ/イギリス



アイズワイドシャット




 
.


日付けが書いていないので、適当に決めました。
仮:2001年5月30日(水)  レンタルVHS

監督 スタンリー・キューブリック (ご遺作)
主演 トム・クルーズ / ニコール・キッドマン

2011年:今書く・雑感
・・・監督が亡くなった時は、私も悲しみに沈みました。
そしてこの映画も、なかなか借りるチャンスもなく、やっとのことで借りて、見ました。

当時の夫婦共演ですけど、何かヘンな共演でしたよね~。
私は夫と一緒に見たけど、この映画は、一緒に見る人によっては
何とも言えないですよね~。

まぁそれでもすごい映画だとは思ったので、1位なんですけど
細部は思い出せないけど、いろいろな場面は目に浮かびます。

あの音楽とお屋敷・・・
彼らの家と二人の雰囲気・・・
あと、子供よりも自分たち・・・みたいな感じを受けた部分がありまして
イヤ~な感じでしたね。

まぁいつか再見したいと思いますが、
とにかくこの頃は、
見た映画のタイトルを、メモ程度に書くだけで精一杯でした




*************************



再見時感想はこちら  →  アイズ・ワイド・シャット(99・米/英)(2回目) ・・・ 2-94 





<<2-95  ヒマラヤ杉に降る雪 | BLOG TOP | 2-93  あの、夏の日 ~とんでろ じいちゃん~ >>

comment

こんにちは!

  1. 2012/09/22(土) 10:44:44 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
この作品はよくわからないという覚えしかないです。あの夫婦に子供いたのか~。記憶から消えてました(笑)
ニコール・キッドマンはセクシーでしたよね。あんな奥さんがいて、まだ刺激を求めるなんて!

「マーガレット・サッチャー」の記事はふたつとも読ませて頂きました。一つの作品を一人のひとが観ても、複数の見方があるんだなぁと興味深かったです。「マンマ・ミーア!」はとくに好きでも嫌いでもない感じで、同じ監督さんならオンエア待ちでいいか、と思ったり。
サブタイは”鉄の女”の方がすっきりしてていいですね!

今日は「野のユリ」ですか。この曲を聴くと一気に作品のストーリーを思い出しますよ。力強くて、心がこもってて、何度聴いてもいいです!

あと、索引をサイドバーに移されたようで、過去記事を探しやすかったです。お疲れ様!

*****************

「ノウイング」はせめて船を地球人に造らせるとか、行く人を人類に選ばせるとか、少しは自主性を持たせてほしかったです。何もかんも用意してもらって、言われるまま別の星を乗っ取るのはちょっと…。もしくは、別の星に居候させてもらって、共存の努力をしていかないといけない事を示して終わるとか。
主人公は好感が持てたし、見ごたえある作品だったので、最後の楽園的な雰囲気が引っかかってしまいました。

>・・・今後をより良く生きる糧にしなくては。と思います。

本当にそうですよね。いじめ事件の事もありますし、少しは変わっていくと信じたいです。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/09/22(土) 16:01:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この作品はよくわからないという覚えしかないです。あの夫婦に子供いたのか~。記憶から消えてました(笑)
> ニコール・キッドマンはセクシーでしたよね。あんな奥さんがいて、まだ刺激を求めるなんて!

ハイ、私の記憶ですと、可愛い子供がいまして、
奥さんの方がヘンタイ(あ、失礼)に近かったような気が・・・???

録画してあって再見してないのがあるので
良い機会ですので今夜見ます☆
また明日お話しましょう~!

> 「マーガレット・サッチャー」の記事はふたつとも読ませて頂きました。一つの作品を一人のひとが観ても、複数の見方があるんだなぁと興味深かったです。「マンマ・ミーア!」はとくに好きでも嫌いでもない感じで、同じ監督さんならオンエア待ちでいいか、と思ったり。
> サブタイは”鉄の女”の方がすっきりしてていいですね!

両方読んで下さり、有難うございました。
同じ映画を見ている最中から、ふたつの目線が、私の中にあって
ハッキリと認識しながら見ていました。
なかなか たまにしかない 事でした。

この映画の原題はズバリ「鉄の女」ですので、マーガレット・サッチャーの方が
サブタイトルのようなモノです(爆)。
「涙」の意味が、私的には、ないない、です!!!

> 今日は「野のユリ」ですか。この曲を聴くと一気に作品のストーリーを思い出しますよ。力強くて、心がこもってて、何度聴いてもいいです!

有難うございます!
良い作品で、良いシークエンスですね~♪

> あと、索引をサイドバーに移されたようで、過去記事を探しやすかったです。お疲れ様!

有難うございます。
私の索引は引きにくかったようですので、思い切って変えました。

宵乃さんのように美しくは出来ませんでしたが、
元々の分け方をそのまま移しました。(なので疲れませんでした)
探しやすかったと言って下さり、嬉しいです♪

> *****************
>
> 「ノウイング」はせめて船を地球人に造らせるとか、行く人を人類に選ばせるとか、少しは自主性を持たせてほしかったです。何もかんも用意してもらって、言われるまま別の星を乗っ取るのはちょっと…。もしくは、別の星に居候させてもらって、共存の努力をしていかないといけない事を示して終わるとか。
> 主人公は好感が持てたし、見ごたえある作品だったので、最後の楽園的な雰囲気が引っかかってしまいました。

おぉ~言われればその通りです!
私はそこまで深くは考えずに、恥ずかしいです。

まぁ最後は「アダムとイブ」的に、まっさらなこころの二人に
新人類の祖先になる運命を見たので、お気楽な感じもあったけど
まぁ良いか~と思っていました。

> 本当にそうですよね。いじめ事件の事もありますし、少しは変わっていくと信じたいです。

・・・今日映画館に行ったのですが(記事は明後日アップします)
その中でも少しですが苛めの描写があり、辛かったです・・・。

140年前のドイツでもあったのですし、
いつの時代、どこの国でもあったのでしょうね・・・

ただ、最近の大津や川西の件を聞いていると、
子供同士だけの問題ではないような気がして、殺伐とした時代や
大人(教師、他)の質の変化を感じますね・・・。

明るい明日を見られる映画を見たいです!
(で、「アイズ・ワイド・シャット」かい???)(大爆)。

  1. 2013/02/20(水) 21:40:13 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!

この映画はちょっと忘れた位に再見したいと思います。
とにかく身代わりになった娼婦の死因や、連れ去られた
友人の安否、尾行してくる男のことを、あーだこーだ考えてると
トムクルーズが泣いてた印象がありまして・・(^▽^;)

結末を知って見ると、もっと細かなところに目がいくのでは
ないかと思い、違う印象になるのかと・・・・。あとは綺麗な
女性たちに惑わされないよう再見したいと思います(笑)

また再見しましたらコメントをさせて頂きたいと思います!!(^.^)

take51さん、おはようございます☆

  1. 2013/02/21(木) 08:58:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この映画はちょっと忘れた位に再見したいと思います。

覚えているうちはちょっとね~(爆)。

> とにかく身代わりになった娼婦の死因や、連れ去られた
> 友人の安否、尾行してくる男のことを、あーだこーだ考えてると
> トムクルーズが泣いてた印象がありまして・・(^▽^;)

色々と詳しくお考えで・・・
私には難しいことかもしれません・・・。

> 結末を知って見ると、もっと細かなところに目がいくのでは
> ないかと思い、違う印象になるのかと・・・・。あとは綺麗な
> 女性たちに惑わされないよう再見したいと思います(笑)

ハイそうですね!
もうアレを知っているので、気持ちを落ちつけてご鑑賞くださいネ~☆

> また再見しましたらコメントをさせて頂きたいと思います!!(^.^)

ハイ、楽しみにしてお待ちしていま~す♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31