FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2月の「ブログ DE ロードショー」の感想 / 次回のお知らせ等

  1. 2011/02/25(金) 23:00:00_
  2. フェルナンド・メイレレス
  3. _ comment:28
(ブログ DE ロードショーってこういう企画です)



皆さまへ

そろそろ、花粉が、飛んでくる時期になりましたね。(涙)
皆さま、それぞれご鑑賞、有難うございました~! 楽しんで頂けましたでしょうか?

まだ今後もレビューを書かれる方がいらっしゃると思いますので、たまに記録の記事を見てくださいネ~☆



 
.


***********


hiroさん、今回は本当に有難うございました☆
ゆっくりと皆さまのレビューをお待ちしたいと思います。

来月以降もご一緒に楽しみましょう~♪


***********


次回の作品は
初めての皆で決めるリクエスト作品です。 
3月11日からの投票で作品名を決めますので、皆さま、どうぞお楽しみに~!



****************************************



映画鑑賞の記録 2



2-963 Cidade de Deus (シティ・オブ・ゴッド) 
2002年・ブラジル/フランス/アメリカ



2011年2月25日(金) 買ったDVDを鑑賞しました。

監督 フェルナンド・メイレレス
主演 アレシャンドレ・ホドリゲス(ブスカベ役)

感想
これは面白かったし、ひとりでは絶対に見なかった映画なので、
この企画で皆さまとご一緒できて、本当に感謝です

ひとりでは絶対に見なかった、というのは、
本当に申し訳ないのですが、この監督の「ブラインドネス」という作品は、
昨年の私の洋画ワースト1位で、生理的に気持ちが悪く、どうしても受け付けられない作品だったので、
そういう作品を作る監督の作品を、自分から一人では見なかったという意味です。

でもこの作品は「ブラインドネス」とは全然違いました。
心からホッとしました。
そして、良い作品でした。



一番良かったのは、最初から最後まで引っ張ってくれた音楽と、
ポルトガル語の発音が、耳にとても心地良かった事です。

内容的には、まぁ確かに色々と思いますが、
(作品について告知記事を書くために)あらすじを読んだときに、
「スラムドッグ・ミリオネア」の、ハードな感じ?と思ったのですが、

「スラムドッグ・ミリオネア」よりもずっと良かった。
オスカーを、とれなかったのは、もちろん他の監督さんも良かったのでしょうけど、
やっぱり「英語ではなかったからだ」と思いました。

インドはイイよね~公用語が英語だものね。
あの最後にキレイごとのヘンなダンスのある、内容も一人を踏みつけにする作品が作品賞とって、
この作品が監督賞とれなかったのは、私には、疑問。

(受賞した「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」と もう一本は、未見ですが、
 見たことのある「マスター・アンド・コマンダー」「ミスティック・リバー」
 よりは、この作品の方がずっとずっと、監督賞にふさわしいと思いますよ~)


安全で、清潔で、自分の子供に好きな道を選ばせてやれる(教育を受けさせてやれる)
そんな日本にいて、この映画の内容を、どうこう言えるわけないじゃんね~

しかも60年代から80年代だものね。
観光地の陰に隠れたスラム・・・
「スラムドッグ・ミリオネア」の一部の舞台もそうだったし、
去年、ワールドカップの陰で、南アフリカのそういう地域のドキュメント番組も見たし、
フィリピンのゴミの山も見たことあるし。

この映画は、頭で考えながら見るのではなく、
自分が、そこに、その時、いた、と、そう思いながら、身体で感じて見る作品、だと、
そう思います。


時系列を乱すのは、よくあるし、
「メメント」を見たばっかりなので、この作品には、かなりの好感を持ちました

全体的に、hiroさんの仰る通りだと思いました。
1・日本の裏側、神の国で繰り広げられる確かな真実をしっかり見させてもらいました。(ただし過去です)
2・厳しい環境でも人間は置かれてる環境を変えようと動く、善悪の枠組みでは測れない、その通り!
3・堕ちていく日本の良さを思い出しました、ハイ、痛いほど。
4・言葉は要らない、純粋に楽しみました!


私が一番残酷だと思ったのは、
最初のシーンで、鳥の見ている前で、別の鶏を料理するシーンです。
あの鳥、うまく逃げられたけど、きっとどこかで捕まったでしょうね~♪(爆)




<<2-964  ピクニック  (1936年・フランス版)  | BLOG TOP | (1-511)  生きる  (2回目)>>

comment

こんにちは

  1. 2011/02/28(月) 13:56:29 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
意外にもすごく楽しめました。やっぱりこの企画はいいですね~、色んな作品に出会えます!

>私が一番残酷だと思ったのは、
最初のシーンで、鳥の見ている前で、別の鳥を料理するシーンです。

あのシーンは残酷でしたね~。あれが自分だったら、とか考えたらゾワゾワしてしまいました。鶏さんのあの目が・・・。
でも、素晴らしいオープニングだったと思います。
鶏ではなく人間で、しかも安全な日本に生まれたありがたみ、というのを痛感いたしました。

あと、鍵コメの件、了解です。合計13名ですね~。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/02/28(月) 14:39:53 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2011/02/28(月) 18:28:36 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 意外にもすごく楽しめました。やっぱりこの企画はいいですね~、色んな作品に出会えます!

私もそう思いました!
ブラインドネスだけで、この監督を判断していたので、
この企画がなければ、この作品も、今夜のオンエア作品も、
絶対に見なかったと思います。 感謝です☆

> あのシーンは残酷でしたね~。あれが自分だったら、とか考えたらゾワゾワしてしまいました。鶏さんのあの目が・・・。
> でも、素晴らしいオープニングだったと思います。

あはははは・・・
「マークスの山」とか「地獄に堕ちた勇者ども」とか「乱」とか
結構凄いのを、あまり間があかないうちに続けて見たので、
どんなもんだろう?と観察するのを第一にしていたのです!

そしたら、最初からやられました~!!!
仰る通りに、素晴らしい導入だったと思います。

> 鶏ではなく人間で、しかも安全な日本に生まれたありがたみ、というのを痛感いたしました。

そうですね~
日本もいろいろとありますが、こういう意味では「安全」だと思います。

まぁ鳥、あ、鶏さんですね!
それに生まれなかったというのは、何とも・・・
自分も食べていますからね~感謝して頂くのが大切なことのように思います☆

> あと、鍵コメの件、了解です。合計13名ですね~。

ハイ、宜しくお願いいたしま~す♪ 楽しみましょう~♪

miriさん、こんにちは

  1. 2011/02/28(月) 22:39:24 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
>4・言葉は要らない、純粋に楽しみました!
ホントにこの一言に尽きました。
いい機会を与えてもらってよかったです。


『ブラインドネス』も前々から気にはなっていたので
覚悟しつつ、観てみようと思います。
miriさんの昨年のワースト1位だったのですね。

こんばんは!

  1. 2011/02/28(月) 22:54:12 |
  2. URL |
  3. hiro
  4. [ 編集 ]
ブラインドネスの悪夢が残る中で
観ていただき、ありがとうございます!

鶏にしてみれば、「人間め、仲間をこれ見よがしに捌きやがって、今度は、お前らを裁いてやる!!」みたいな事を怯えた目を見せながら考えてたのかもです。
誰もが鶏に引導を渡されたような格好で
因果は巡りますね~

スラムドッグ・ミリオネアは、自分も納得行かなかったです、最後の踊りも拍子抜けだし、騒がれた割には???

物心ついた途端に銃やドラッグが溢れてたならば、それが日常茶飯時になってしまう
、我が国とのギャップが凄かったです。

マミイさん、こんばんは☆

  1. 2011/02/28(月) 23:05:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> >4・言葉は要らない、純粋に楽しみました!
> ホントにこの一言に尽きました。
> いい機会を与えてもらってよかったです。

同感です!
この企画の良い点と思います☆

> 『ブラインドネス』も前々から気にはなっていたので
> 覚悟しつつ、観てみようと思います。
> miriさんの昨年のワースト1位だったのですね。

おほほほほ・・・お恥ずかしい次第です。
申し訳ないけど、2位以下をぶっちぎり、ダントツの第一位でした!

マミイさんがどう思われるか、
是非、ご感想をお聞かせ下さいね~☆
お待ちしています!

あと、私も一応、皆さんのご意見を気にしていて、
皆さんのご評判の良い作品で自分がダメだった作品については
記事も書かず、コメントも書かないように努力しています。
(例:マイ・リトル・サンシャイン)

知らずに記事にすることはあると思うのですが、
まぁ素直に、ですね・・・
マミイさんも、誰にも遠慮などなさらず、
斬って斬って、斬りまくりましょう~☆
(あ、もちろん、常識的な範囲でね!)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/02/28(月) 23:16:04 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

hiroさん、こんばんは☆

  1. 2011/02/28(月) 23:21:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ブラインドネスの悪夢が残る中で
> 観ていただき、ありがとうございます!

いえいえ、こちらこそ、この機会がなかったら、
多分、この監督作品は見なかったと思います。
良い機会を頂き、有難うございます♪

> 鶏にしてみれば、「人間め、仲間をこれ見よがしに捌きやがって、今度は、お前らを裁いてやる!!」みたいな事を怯えた目を見せながら考えてたのかもです。
> 誰もが鶏に引導を渡されたような格好で
> 因果は巡りますね~

あの導入部は、本当に恐ろしかったけど、映画的には最高な導入でした。
あとであの場面に戻った時に、もう少しで終わってしまうと、寂しくなりましたものね~。

> スラムドッグ・ミリオネアは、自分も納得行かなかったです、最後の踊りも拍子抜けだし、騒がれた割には???

あのダンスは賛否両論ですが、
私的は完全に「キレイごとの見本」でしたね~。
内容をごまかす、あのエンドロールは、監督の技術不足ではないかと思いました。

オスカーは絶対ヘンです!
他の候補作を全部見てから記事にしたいくらいです!

> 物心ついた途端に銃やドラッグが溢れてたならば、それが日常茶飯時になってしまう
> 、我が国とのギャップが凄かったです。

本当にそうですよね~。
ブスカベは、実は私と同世代なのです。

60年代、子供、
70年代、高校生など青春、
80年代、卒業して、それぞれの道へ、大人、

今はこんなオジさん、オバさん世代です。(生き残っていればね)
だからこそ、自分の育った時代と比べてしまい「違う事」を前提に
あのスクリーンの中に、溶け込むことができました。
面白かったです♪

あと、さっき書き忘れましたが、企画の件では、リンク等、是非よろしくお願いします。
記事にリンクしてくださり、本当に有難うございました~☆

では、ゆっくりと皆さまの記事をお待ちしましょう~。

  1. 2011/03/02(水) 18:20:10 |
  2. URL |
  3. 犬塚ケン
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
今回は記事でも参加させてもらいました。

『ブラインドネス』って、よほど酷いんですね。
外国で映画を撮り出すと、映画監督は大抵ダメになるそうです。
ヒッチコックだって、イギリス時代の方が良いってマニアは言いますから。
岩井俊二とか、どうなるのかなあ……。

皆さんの感想を拝見すると、平和な日本は恵まれてるって書かれてますね。
ボクは全然そうは思えなくて。
リオのスラムよりマシ、とは言えない生活なもので……。
部屋が汚いという意味じゃないですよ(笑)。
なのでこういう映画こそ、ボクにとってはキレイゴトに感じました。

  1. 2011/03/02(水) 19:42:14 |
  2. URL |
  3. バーンズ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは。

コメントくださってありがとうございました!

そうそう、僕もスラムドッグ$ミリオネアを連想しました。
ミリオネアは、監督賞・作品賞に輝くほどですから、まるっきりダメな作品とは思いませんが、正直、好きになれませんでしたね。
思ったより暴力的なシーンが多いのと最後のあっけらかんとしたノリのダンスがちぐはぐ。

同じ年の候補なら「フロスト×ニクソン」に良い印象を持っています。ロン・ハワード監督の作風が個人的に好きなので。

あと相互リングをさせていただいてもよろしいですか?
それではこれからもよろしくお願いします!

ケンさん、こんばんは☆

  1. 2011/03/02(水) 21:58:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 今回は記事でも参加させてもらいました。

コメントを有難うございました☆

> 『ブラインドネス』って、よほど酷いんですね。

映画の作りは良いと思います。
ただ内容が、うまく言えませんが、気持ち悪いのです・・・。

> 外国で映画を撮り出すと、映画監督は大抵ダメになるそうです。
> ヒッチコックだって、イギリス時代の方が良いってマニアは言いますから。
> 岩井俊二とか、どうなるのかなあ……。

ヒッチさんですか?
今、昔のイギリス時代の映画とかも順番に見ていますが、
私自身は、作品によって全然違う感想を持つので、
結局昨日も書いたように、監督も人間ですから・・・という感じです。

岩井俊二は、難しいような気がしますが、自分の目で見ないと何とも・・・
最近「一発屋」だったような気さえしてきたのです(涙)

> 皆さんの感想を拝見すると、平和な日本は恵まれてるって書かれてますね。
> ボクは全然そうは思えなくて。

そういうご意見もあるようですね。
まぁ日本もいろいろとありますが、実際、60年代~80年代って
私たちが育つ時代で(ブスカベと同世代なのです)

その自分の歩んできた道のりと、比べてしまったわけですよね・・・
今現在のことではないので、
私はそういう意味も含めて、安全で清潔と書きました。

> リオのスラムよりマシ、とは言えない生活なもので……。
> 部屋が汚いという意味じゃないですよ(笑)。

そうでしょうか?
本当にそうなのですか?

> なのでこういう映画こそ、ボクにとってはキレイゴトに感じました。

キレイごと、については、このごろ色々と考えているので、
なるべく早くに、どこかでアップしたいと思います。

私が一番嫌いなキレイごと映画は「ライフ・イズ・ビューティフル」です。

お返事遅くなりました。
今日は「山猫」を見たのですよ~!
イイでしょう~?
記事はアップしないつもりです。
では、またね♪ いつも色々と本当に有難う☆

バーンズさん、こんばんは☆

  1. 2011/03/02(水) 22:05:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> コメントくださってありがとうございました!

こちらこそ、コメントを有難うございます☆

> そうそう、僕もスラムドッグ$ミリオネアを連想しました。
> ミリオネアは、監督賞・作品賞に輝くほどですから、まるっきりダメな作品とは思いませんが、正直、好きになれませんでしたね。
> 思ったより暴力的なシーンが多いのと最後のあっけらかんとしたノリのダンスがちぐはぐ。

私はあらすじを読んだときに想像したのですが、
見ている最中は全然そうは思いませんでした。

あの映画が作品賞なのは、何か陰謀を感じますが、
他の候補作を全部見ていないので、今は何とも言えません。
あのダンスは、大嫌いです。あぁいうのを“キレイごと”と言うのだと、私は思います。
(あ、きついこと書いてすみません。なんせオバちゃんなので恥も外聞もなくてハハハハハ・・・)

> 同じ年の候補なら「フロスト×ニクソン」に良い印象を持っています。ロン・ハワード監督の作風が個人的に好きなので。

そうですか~!
是非鑑賞したいです!
ムービープラスでのオンエアを待ちます☆

> あと相互リングをさせていただいてもよろしいですか?
> それではこれからもよろしくお願いします!

こちらこそ、光栄に存じます。
では相互リンクお願いいたします。
こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願いいたします!

こんばんわ。

  1. 2011/03/03(木) 00:52:52 |
  2. URL |
  3. tonbori
  4. [ 編集 ]
ブラインドネスは観ていないんでなんともいえないんですが、
実は気になっています(^^;
日本人キャストもでていますしね。
そういえばこの映画の横に同じスタッフがかかわった映画がありました。
ちょっとスルーしてしまったんですけれど機会があれば観てみようと思います。

tonboriさん、おはようございます☆

  1. 2011/03/03(木) 07:56:13 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ブラインドネスは観ていないんでなんともいえないんですが、
> 実は気になっています(^^;
> 日本人キャストもでていますしね。

ハイ、木村佳乃さんと伊勢谷です。
映画の作りは良いですし、演技は日本人も外国人の方も皆さんお上手だったと思いますが、
なんというか気持ちが悪くて、私には無理な作品でした。

ご鑑賞されたら、是非、ご感想を聞かせてくださいね~!

> そういえばこの映画の横に同じスタッフがかかわった映画がありました。
> ちょっとスルーしてしまったんですけれど機会があれば観てみようと思います。

横、とは???
この映画はこの後続き?というかタイトルが似ている映画とか
テレビシリーズもあったようですね~。
見たいとは思いませんが、ブスカベとほぼ同世代としては、
彼らの80年代以降が気になるところです・・・。

では、またね☆

こんばんは~♪

  1. 2011/03/03(木) 20:55:00 |
  2. URL |
  3. ちゃぴちゃぴ
  4. [ 編集 ]
見損ねてて、おかげで観ることが、またできちゃいました。

鶏料理が、しばらく嫌になるオープニングが、よくできてましたねぇ。つかみOKです。
この監督さんは、ナイロビの蜂→ブラインドネス→これの順で見てるかなぁ。ブラインドネスは、人間の嫌らしい内面をえぐり…の映画だったような記憶ですが、ワーストでしたか(笑)わかる気もしてしまうところはあり。
このときの監督賞、ロード・オブ・ザ・リングは、私は譲れないな(笑・ファンです)オスカーも、ようわからん傾向がありますね。日本アカデミー賞ほどではないでしょうけど。

これを観て、スラムドッグ~は、ちっとも思い出さなかったんです。やはり、あの映画は英語だったからかしらん?
そう言われると、スラムの話ですねぇ。
私は、ツォツイを思い出しました。(南アフリカです)
エネルギッシュさと明るさが、悲愴感や残酷さを乾かしているかもしれないですね。

ちゃぴちゃぴさん、こんばんは☆

  1. 2011/03/03(木) 22:48:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 見損ねてて、おかげで観ることが、またできちゃいました。

そう言って頂くと、とっても嬉しいです!

> 鶏料理が、しばらく嫌になるオープニングが、よくできてましたねぇ。つかみOKです。

すごい導入ですが、わしづかみされた、って感じでしたね。

> この監督さんは、ナイロビの蜂→ブラインドネス→これの順で見てるかなぁ。ブラインドネスは、人間の嫌らしい内面をえぐり…の映画だったような記憶ですが、ワーストでしたか(笑)わかる気もしてしまうところはあり。

一昨日に「ナイロビの蜂」を見ました。
私の場合、見るたびに良くなってゆきます。

「ブラインドネス」は、気持ち悪くてかないません・・・
忘れたいのに、全く忘れられないシーンの数々・・・
こういうのを、もしかしたら「トラウマ」というのでしょうか?


> このときの監督賞、ロード・オブ・ザ・リングは、私は譲れないな(笑・ファンです)オスカーも、ようわからん傾向がありますね。日本アカデミー賞ほどではないでしょうけど。

そうですか~未見の場合、何も発言できませんので・・・。
オスカーも、選ぶ人は人間ですから、日本の方はバカデミーとか言う人もいますよね?
もうずーっと長い事、見ていません。

> これを観て、スラムドッグ~は、ちっとも思い出さなかったんです。やはり、あの映画は英語だったからかしらん?
> そう言われると、スラムの話ですねぇ。

私も見た後では全然思いませんでした。
あらすじって、よく分からないですよね、実際のところ。

> 私は、ツォツイを思い出しました。(南アフリカです)
> エネルギッシュさと明るさが、悲愴感や残酷さを乾かしているかもしれないですね。

その映画は何回も名前は聞いたのですが、未見です。
ちょっと見たいような、見たくないような、
多分、地球上に多くある、それらの国々の事は、全く分からないし、
発言する権利もないと思って、黙ってしまいます・・・。

では、今度は投票、宜しくお願いしま~す♪

遅れてしまってすいません。

  1. 2011/03/04(金) 00:05:14 |
  2. URL |
  3. 茶栗鼠
  4. [ 編集 ]
miriさん、お久しぶりです。
今回も参加させてもらいました(>_<)。

いやぁ・・・・、議論があまりなく(いい意味で)、高評価でしたね。

卒業式の数日前に、観たい映画ではなかったので、卒業してから拝見しました。
『ブラインドネス』は観たいようで、観たくない作品で、こちらは賛否両論ありますよね(笑)。

鶏のシーンが残酷と聞いて、つくづくゴア映画はだめだなぁ・・と思ったりw

Re: 遅れてしまってすいません。

  1. 2011/03/04(金) 08:56:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
茶栗鼠君、コメントを有難う~!
今、そちらさまにご訪問させて頂きました。

> miriさん、お久しぶりです。
> 今回も参加させてもらいました(>_<)。

どうもありがとう~!

> いやぁ・・・・、議論があまりなく(いい意味で)、高評価でしたね。

そうでもないですよ~!
誰とは言いませんが、色々な感想を持たれる方もいるので、
是非、皆さんの記事も、お時間があるときに読んで差し上げて下さいね☆

> 卒業式の数日前に、観たい映画ではなかったので、卒業してから拝見しました。
> 『ブラインドネス』は観たいようで、観たくない作品で、こちらは賛否両論ありますよね(笑)。

気が進まない時は、見なくて良いのよ、精神的に良くないから
次からは、無理しちゃダメよ!!

ブラインドネス、は、私的にさいてーな映画ですが、人それぞれですので・・・
いつか・もし・ご鑑賞なさったら、ご感想を聞かせてね♪

> 鶏のシーンが残酷と聞いて、つくづくゴア映画はだめだなぁ・・と思ったりw

ゴア映画って何?
教えて、教えて~!!!

ホッとしましたね

  1. 2011/03/05(土) 16:27:36 |
  2. URL |
  3. たまさん
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
ちょっと忙しくてコメント遅れました~

ブラインドネスはたしかに・・
ブログに記事にしなかった映画ってたくさんありますが、まさにそれ(苦笑)

でも、今回の映画は面白く見れました。
後味悪くなかったのにはホッとしましたね。

実話として、その現場にいない私が偉そうなことは言えません、体感する映画作品だったと思います。
最初と最後が繋がってよかったです。

たまさん、こんばんは☆

  1. 2011/03/05(土) 19:31:38 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございました☆

> こんにちは。
> ちょっと忙しくてコメント遅れました~

いえいえ、結構ですよ~いつもご丁寧に有難うございます!

> ブラインドネスはたしかに・・
> ブログに記事にしなかった映画ってたくさんありますが、まさにそれ(苦笑)

おぉ~共感して頂けるのですね!嬉しい☆
あの作品は、本当に、気持ちが悪かったです。
人間を、どこまで、気持ち悪く描くか、というコンテストがあったら1位になるでしょうね~!

> でも、今回の映画は面白く見れました。
> 後味悪くなかったのにはホッとしましたね。

そうなんです~!
私も本当にホッとしたのです。
面白くサーっと見られました。あの映画と同じようなテイストでさえなければ、
もう何でもOKという感じでした☆

> 実話として、その現場にいない私が偉そうなことは言えません、体感する映画作品だったと思います。
> 最初と最後が繋がってよかったです。

あぁ~全部、分かって下さるのね~!?
前回もそうでしたけど、たまさんが、私の言いたいこと一番分かって下さったようで
本当に感謝です☆

そこに居なかった人間がどうこう言える内容ではないし、
考えたらもう一秒も見られないし、身体で感じて見る以外、方法はなかったと思います。

そのうえで、あの鶏のエピソードや、
最初と最後の整合性が(ハッキリと示さないまま終わった事も)合っていたことは、
とても良い作品になっていたと思いますし、
監督も最初の頃は良かったんだな~と思うようになりました。

今日は本当にありがとう~!

  1. 2011/03/06(日) 18:22:37 |
  2. URL |
  3. ワールダー
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
期間中レンタルされていたので、遅れましたがやっと鑑賞することができました。
公開時に劇場鑑賞し、今回久しぶりに再見しましたが、やはりとてもインパクトの強い作品だと痛感させられました。
平和ボケしている日本の裏側では、犯罪が日常茶飯事に行われており、そんなことが当たり前の世界。いかに自分たちが幸せに暮らせているのかということを実感させられました。
バイオレンス色が非常に強いですが、なぜか自然と受け入れられる不思議な部分もあるんですよね。
普段一人では再見しなかったであろう作品をこうしてもう一度観れて、とても良かったと思います。
今回は鑑賞が遅れてしまい、本当にすいませんでした。

ワールダーさん、こんばんは☆

  1. 2011/03/06(日) 21:20:05 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 期間中レンタルされていたので、遅れましたがやっと鑑賞することができました。

コメントを有難うございました☆

> 公開時に劇場鑑賞し、今回久しぶりに再見しましたが、やはりとてもインパクトの強い作品だと痛感させられました。

劇場ではものすごい迫力だったのでしょうね~!

> 平和ボケしている日本の裏側では、犯罪が日常茶飯事に行われており、そんなことが当たり前の世界。いかに自分たちが幸せに暮らせているのかということを実感させられました。

日本もいろいろとありますが、こういうスラムとかはありませんものね・・・。

> バイオレンス色が非常に強いですが、なぜか自然と受け入れられる不思議な部分もあるんですよね。

深刻に考えると見られない作品でした。
音楽に乗せられて、うまく走れた感じでした☆

> 普段一人では再見しなかったであろう作品をこうしてもう一度観れて、とても良かったと思います。

私も監督が好きではなかったので、ひとりでは見なかったと思います。
手前味噌ですが、そういう点が、この企画の良いところではないかと思っています。

> 今回は鑑賞が遅れてしまい、本当にすいませんでした。

いえいえ遅いのはかまいませんから・・・
ご鑑賞されて、こうしてコメントにおいで頂き、
またhiroさんのところにも行かれて、感謝しています☆

今回も本当にありがとう~♪
次回は是非、投票なさってくださいね~!

ふううむ。

  1. 2011/03/07(月) 00:16:10 |
  2. URL |
  3. なるは
  4. [ 編集 ]
>「スラムドッグ・ミリオネア」よりもずっと良かった。

丁度私も『スラムドッグ$~』を
この映画レポで挙げましたが…
なるほど、鋭いです、miriさん…!
「英語じゃないから」かぁ…。
確かに、作品賞にまで至らなくても、
監督賞を与えても良い作品だったかもしれません!
監督もいろいろ努力したことと思いますから!

>身体で感じて見る作品
私が、もしこの環境に生まれたなら、
すぐに流れ弾に当たって死んでしまうんだろうなって思いました…。
善い悪いをくどくど言うような自分だから。
迷って迷って、その間に体が動かずに死んでしまう…。
こうした環境に育った彼らの生命力の強さには、
本当に感銘を受けますよね…!

Re: ふううむ。

  1. 2011/03/07(月) 08:53:49 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
なるはちゃん、おはようございます☆
コメントを有難うございます☆

> >「スラムドッグ・ミリオネア」よりもずっと良かった。
> 丁度私も『スラムドッグ$~』を
> この映画レポで挙げましたが…
> なるほど、鋭いです、miriさん…!

いえいえ、あらすじを読んで、その映画を思い出したのですが、
実際見たら、全然違っていたので・・・恥ずかしいです。

> 「英語じゃないから」かぁ…。
> 確かに、作品賞にまで至らなくても、
> 監督賞を与えても良い作品だったかもしれません!
> 監督もいろいろ努力したことと思いますから!

いえいえ、ノミネートされていたからなんです。
当時の事は全然知らないし、
もしも言語が違うから票が入らないのだったら、
悲しい賞なんだなぁ~と思いまして・・・。

> >身体で感じて見る作品
> 私が、もしこの環境に生まれたなら、
> すぐに流れ弾に当たって死んでしまうんだろうなって思いました…。

いえいえ、なるはちゃん、それは違うと思いますよ~。

> 善い悪いをくどくど言うような自分だから。
> 迷って迷って、その間に体が動かずに死んでしまう…。

なぜなら、くどくど言うご自分になられたのは、
この日本に生まれ育ち、ご両親はじめ多くの方の愛情に包まれてココまで来られたからであり、
この場所に、現実に、生まれ育ったら、全然違うnaruhaちゃんになっていたのだと、私は思います。

と、同時に、彼らも、日本に生まれ育ったら、全然違う人間だったと思います。
それは今現在でも、この地球上で(ヒドイ場合は同じ国の中で)
生まれ育つ場所によって、全然違う、というのは、厳しい現実だと思います。

だからと言って、この日本で、なるはちゃんなりに、私なりに、
お互い精一杯生きるしか、彼らの事を知ってしまった以上、今まで以上にそうすることしか、
私たちにできる事は、ないのではないでしょうか?

> こうした環境に育った彼らの生命力の強さには、
> 本当に感銘を受けますよね…!

う~ん、なんというか今回私は傍観者にしかなれなかったので・・・
マジに考えると、申し訳ないとしか思えないのですよ~。

私と同世代の主人公、私の過ごしてきた60年代の子供時代、
70年代の青春時代、80年代の大人になる時代、(これらの年代は大雑把に言って、です)
それらと同じ時期を、この映画のように過ごした、地球の裏側の人たちの事を、
マジで考えたり、論じることは、私にはとても無理でした。
今考えても 「申し訳ないとしか思えない」 という感じです。

長々とすみませんでした☆
今週もお互い良き日々でありますように~♪

おじゃまします

  1. 2011/03/10(木) 02:53:37 |
  2. URL |
  3. ちゃぶまる
  4. [ 編集 ]
やっと鑑賞しましたので
我慢していた他の方のレビューも解禁です!
なにが怖いってmiriさんの
「あの鳥、うまく逃げられたけど、きっとどこかで捕まったでしょうね~♪(爆)」
という締めの言葉ですよ。
冒頭のモンタージュは軽快なリズムもあって異様でしたね。
浮いていたとも思います。
見せ場はたっぷりの映画でした。

Re: おじゃまします

  1. 2011/03/10(木) 10:03:06 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらも有難うございます☆

> やっと鑑賞しましたので
> 我慢していた他の方のレビューも解禁です!

おぉ~楽しみに待っていて下さったのですね!
本当にありがとう☆

> なにが怖いってmiriさんの
> 「あの鳥、うまく逃げられたけど、きっとどこかで捕まったでしょうね~♪(爆)」
> という締めの言葉ですよ。

ハハハハハ・・・もう笑うしかなくて、
この映画を深刻に考えることは、私には無理でしたので、
一番インパクトのあった鳥さんに、〆てもらいました♪

> 冒頭のモンタージュは軽快なリズムもあって異様でしたね。
> 浮いていたとも思います。
> 見せ場はたっぷりの映画でした。

そうですね~鳥さんは本当に怖かったけど、
人間の方は、宇宙人襲撃のようにとらえました。
皆さんそれぞれに思うことの違う作品で、良かったですね!

では、また明日~♪(宵乃さんか私のどちらかが、お誘いにまいります!)

  1. 2011/03/10(木) 12:20:15 |
  2. URL |
  3. かえるまま
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
なかなか、コメント、訪問できなくて、申し訳ありません・・・(▼▼)

色々と、忙しいいですね。miriさん、あまり、無理なさらないで下さいね。

ところで、投票って、一人何回もできるのですか!?
なんか、かえるまま、ずるして何度も、自分に投票してしまうかも・・・なんちゃって、うそです。大人ですから!(何焦ってるんだ!o(^_-)○パーンチ!)
ってか、fc2ってスゴイですね。miriさんもスゴイです。高等な技が出来るんですね。感心してます。

かえるままさん、おはようございます☆

  1. 2011/03/11(金) 07:41:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> なかなか、コメント、訪問できなくて、申し訳ありません・・・(▼▼)

いえいえ、おいでいただき感謝です☆

> 色々と、忙しいいですね。miriさん、あまり、無理なさらないで下さいね。

それは、かえるままさんの事ですよ~!
私は暇人なので、お気になさらず・・・。

> ところで、投票って、一人何回もできるのですか!?
> なんか、かえるまま、ずるして何度も、自分に投票してしまうかも・・・なんちゃって、うそです。大人ですから!(何焦ってるんだ!o(^_-)○パーンチ!)

大丈夫ですよ~!
何回でもご投票くださいネ~!
お友だちにもお願いして、皆さんでじゃんじゃん入れてもらえれば、
もっともっと楽しくなると思います♪

> ってか、fc2ってスゴイですね。miriさんもスゴイです。高等な技が出来るんですね。感心してます。

これは全部宵乃さんがしてくださった事で、
私は貼り付けただけです。
本当に皆さん、凄いです!
私は何も出来ませんが、時間はあるので、ゆっくりと頑張ります☆

では後でコメント欄のお誘いに参ります。
今日から、燃えましょうね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -