FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-902  インスタント沼  

  1. 2011/01/13(木) 23:30:00_
  2. 三木聡
  3. _ comment:8
インスタント沼  2009年・日本



↓ 2012年2月・宵乃さんがご鑑賞後に描かれたイラストです。
  やったー!!! ものすごく良いです~ぅ☆
  クリックしてね☆


宵乃さんの記事へ飛びます





 
.


2011年1月13日(木)  日本映画専門チャンネル

監督  三木聡
主演  麻生久美子  (沈丁花ハナメ役)

感想
メッチャ良かった☆ 何の期待もせずに見たのに・・・。
“祝・時効警察完全卒業で・賞”って感じ!

やったー! すっごいイイ映画だー!!!
私もウソと意地と見栄だけで生きているのよね!

普通なら、私が怒りで一杯になりそうなシーン
“意識不明のお母さんのところでふざける・面会にあまり行かない”などが、
この映画の場合、不思議な事に、全く気にならなかった


あの時効トリオ出ていたけど、ウザくなくて本当に良かった。
「転々」は、私から見ると、あまり良くなかったのよね、
時効警察テイストまんまだったし、あのトリオがウザかったし。
でも、この映画は、完全に超越している!


しかも、この私が、
お腹抱えて、お腹の底から、吹きだすのもプラスして、
ものすごく笑った、笑った、笑い過ぎて、お腹が苦しくなったくらい!


特に、ツタンカーメンのおみくじの件と、
あのクギと、電球商会にある小物の全て、
もちろん「インスタント沼」

そして、最後の龍の件は、もうバカらしくて、
いつもなら怒りに向かうはずのエネルギーが、
何故か笑いの方へ向かった、収拾付かないくらい!



役者は、麻生久美子も、風間杜生も(はがま、ではない)、
加瀬亮も、脇役も全員(特に坊主役の海原はるか・サイコー)うまかったし、
(白石美帆ってほぼ100%、あぁいう役柄だよね~)

松坂慶子はこういうの似合っているよね~不思議お母さんキャラ、
何とも言えない、意識不明から起きる時も、感激ではなく、笑いだよ、笑い!!!
相田翔子もこういうの似合うし、最後前の切れるところも、ニンマリうなずく私でした。

次にこうなるとかも読めるんだけど、
え?こんな人いないよ、とか突っ込みたくもなるんだけど、

あまりにも、最近の邦画では感じない、爽やかともちょっと違う
“エネルギー”を感じる映画でした。

是非、どうぞ~!!!って誰にでも言える映画です!



************************************



い~い?

世の中の出来事の、ほとんどは大したことないし、

人間・泣いている時間より、笑っている時間の方が、圧倒的に長いし、

信じられないモノも見えるし、

一晩寝れば、たいていの事は忘れられるのよ。

とにかく、水道の蛇口をひねれ!

そして、その、ウソと意地と見栄で塗り固められた、

しょーもない日常を、洗い流すのだ~!!!




※今書いていて、やっと分かった、
私は上記のセリフを言えるようになりたいのだ、と。
そんな人間でいたいのだ、と、憧れているから、この映画が好きなんだ、と。



インスタント沼




<<1月の 「ブログ DE ロードショー 」 の お誘い | BLOG TOP | 2-901  黄金の七人>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/01/18(火) 09:55:39 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/01/18(火) 14:31:48 |
  2. URL |
  3. bamboo
  4. [ 編集 ]
>世の中の出来事の、ほとんどは大したことないし、人間・泣いている時間より、笑っている時間の方が、圧倒的に長いし、信じられないモノも見えるし、一晩寝れば、たいていの事は忘れられるのよ。
とにかく、水道の蛇口をひねれ!
そして、その、ウソと意地と見栄で塗り固められた、しょーもない日常を、洗い流すのだ~!!!
私は上記のセリフを言えるようになりたいのだ、と。
そんな人間でいたいのだ、と、憧れているから、この映画が好きなんだ、と

何とも迫力あるセリフ!
その気持ちとっても分かります。自分にないものを映画の主人公に求めているんですよね、私たち・・・。
できない自分を「馬鹿やろう」って叱咤激励して生きているー。もっと肩の力を抜いて生きる術もあるだろうにね。

>松坂慶子はこういうの似合っているよね~不思議お母さんキャラ
何となく想像できます。何時ごろから彼女はこんな風なキャラに変われたのかな?私は、「卓球温泉」以来の彼女ぐらいから好きになっています。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/01/18(火) 15:09:16 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

bambooさん、こんばんは☆

  1. 2011/01/18(火) 19:03:40 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 何とも迫力あるセリフ!
> その気持ちとっても分かります。自分にないものを映画の主人公に求めているんですよね、私たち・・・。
> できない自分を「馬鹿やろう」って叱咤激励して生きているー。もっと肩の力を抜いて生きる術もあるだろうにね。

さーっと見たときは大笑いして、いい映画だったな~と思っただけで、
そのあと、ちょっと辛い出来事がありまして、
そして、感想文を、記事に仕上げるときに、自分の気持ちに気づきました。
この映画のヒロインのような気持ちに、憧れているのだな~と。

なので今回は、元からではないのですが、
bambooさんの仰る事には、深く共感いたします。

> 何となく想像できます。何時ごろから彼女はこんな風なキャラに変われたのかな?私は、「卓球温泉」以来の彼女ぐらいから好きになっています。

この役柄は「大阪ハムレット」のお母さんと裏表な感じのヒトでした。

彼女は深作監督と切れて、アメリカに行って、結婚して、子供を育てて、
日本に帰った時に、仕事があって、体型も変わっていて、
自然とこういう役柄が、降りてきた、って感じでしょうか?
そして「篤姫」で、世代を超えて、ブレイクしたんですよね~。
(以上、素人の考えなので、あまり本気になさらぬようお願いいたします)

ところで「エレニの旅」再見なさったのですね~。
コメント欄に、bambooさんのお気持ちがいっぱい詰まっていました。
最後の言葉はそういう言葉でしたね。

でも多分、次の作品に「エレニ」なる人物は出てこないような気がするのですが・・・?
出てきても主演ではなく、昔話をするおばあさん的な存在のような気がします。

20世紀3部作らしいので、次は第2次大戦終了から、
ギリシアの歴史上のどこかの区切りまで、でしょうか?
湾岸戦争までだと長いかな~???

次作が楽しみですが、
あまりバンバン作る人ではないので、ゆっくりと待つしかなさそうですね~。

今日は本当に有難うございました☆

やっと観ました!

  1. 2012/02/02(木) 13:38:58 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
といっても二週間くらい前なんですけどね~。なるべくなら一月中に感想をアップしたくてがんばったけど、無理でした。感想を書き終わってから読ませていただこうと思っていたのに、こんなに遅くなってしまって申し訳ない。

それにしても、面白かったですよね!
最初から最後まで笑いっぱなしでした。へんてこだけど妙に共感できるし、いつものトリオが控えめなのも良かったし、ラストはわたし的にはよくあんなこと思いついたなぁと感心してしまいました。観た時期もあって感動すらこみ上げるようでした。
監督にはこれからもがんばって欲しいです!

あと鍵コメ読みましたよ♪
またしても運命的なタイミング!
「やっぱり映画の神様って本当にいるんだなぁ」と強く思いました。久し振りの洋画を存分に楽しんでくださいね。
記事、楽しみにしてます。

Re: やっと観ました!

  1. 2012/02/02(木) 17:36:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆ こんにちは☆ かな?
コメントとTBを有難うございます♪

> といっても二週間くらい前なんですけどね~。なるべくなら一月中に感想をアップしたくてがんばったけど、無理でした。感想を書き終わってから読ませていただこうと思っていたのに、こんなに遅くなってしまって申し訳ない。

いえいえ、忘れないでいて下さり、感謝・感激・です!

> それにしても、面白かったですよね!
> 最初から最後まで笑いっぱなしでした。へんてこだけど妙に共感できるし、いつものトリオが控えめなのも良かったし、

本当に面白くて、笑えました☆
へんてこりんだけど共感できますね~。
そうそうあの3人がウザくなくて良かったです!

> ラストはわたし的にはよくあんなこと思いついたなぁと感心してしまいました。観た時期もあって感動すらこみ上げるようでした。
> 監督にはこれからもがんばって欲しいです!

ラスト、心の底からそう願っていました。
震災がなければこの映画は昨年の邦画1位のままでしたが、
今の日本人は、いくら影響が少なくても、誰もが「震災がなかったら」なんて言えないと
しみじみと思います。

そういった意味では、震災後に鑑賞なさった宵乃さんが、
同じように思われた部分が多いという事は、良い映画とは、
やはりどんな状況になったとしても、多くの人に感動を与える・素晴らしいモノ、
という結論になりそうですね~!!!

> あと鍵コメ読みましたよ♪
> またしても運命的なタイミング!
> 「やっぱり映画の神様って本当にいるんだなぁ」と強く思いました。久し振りの洋画を存分に楽しんでくださいね。
> 記事、楽しみにしてます。

有難うございます☆
まず1本目、日曜日に、このブログでアップします。
明日、gooにアップするのは別物です。
どちらもお時間あったら、宜しくお願いします♪

あと・・・さっき書けなかったのですが、
イラスト・・・素晴らしくて~!!!

今回、久々、この記事にお借りして、載せさせて頂きたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いしま~す♪
(正直、イタダキ~!!!と、ワル子がわめいています)

  1. 2012/04/12(木) 22:40:48 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは。

>爽やかともちょっと違う“エネルギー”を感じる映画でした。
すごくパワーのある、しかも前向きで明るいとっても良いパワーのある映画でしたね。
(ハナメさんはそういうの信じないかもしれませんが。笑)
観終わった後、すごく元気をもらえました。

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2012/04/13(金) 11:49:14 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> >爽やかともちょっと違う“エネルギー”を感じる映画でした。
> すごくパワーのある、しかも前向きで明るいとっても良いパワーのある映画でしたね。
> (ハナメさんはそういうの信じないかもしれませんが。笑)
> 観終わった後、すごく元気をもらえました。

おぉ~鑑賞されたのですね~!!!
何とも言えないパワーを感じる映画でした☆
そうですね、私も、この映画を見終わった時、元気をもらえました!
後ほど、コメントに行かせて頂きますね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -