FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


127・俺たちに明日はない

  1. 1976/09/12(日) 23:00:00_
  2. アーサー・ペン
  3. _ comment:2
俺たちに明日はない 新画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【ボニーとクライド】 1967年・アメリカ

1976年9月12日(日) PM9:00~10:50 (高1)
監督 アーサー・ペン
主演 ウォーレン・ビーティー、フェイ・ダナウェイ

見たかったのです そして期待に答えてくれて
いっぱい いっぱい 感動させてくれたのです




 
.


感想 ホントに いっぱい感じました・・・
    ノンキなこと いうみたいだけど 第一に’30年代のファッション
    なんか今の感覚にあう というか 私も着てみたいナ なんて
    思っちゃったりしたのです フェイ・ダナウェイは美しくみえました
    それから次に 映画として’30年代のこと いろいろ教えてくれて
    よかったと思ってます あの時代のことは 知ってたつもりだったけど
    皆無といってもいいほどに・・・
    ’30年代は悲しい時代だったのですね
    でもなんとなくわかります ボニーの気持ち 私もムシャクシャして
    世の中があんなんだったら きっと あーゆーことを やりたくなるでしょうね
    ラストがとても とても ストーリー的には 悲しくて
    カメラの技術的には 美しかった すばらしかった
    ボニーとクライドを はちのすにしてしまった あのラストは
    あんなにゆっくり カメラまわしたから 美しいというか
    すばらしいというか・・・そんな感情の方が たくさん出たのでしょうね
    主演の2人 とてもよかったのに オスカーもらえずに・・・
    兄さんのおくさんやった人 オスカーもらったらしいけれど
    劇の中では やんなっちゃった 自分は何もしないくせに 
    いばりちらして・・・でもあの人も だんなさんをなくすところは
    ホントに夫婦だナと思った
    あ、それから ボニーとクライドが 2人でどっかの農家行ったときのこと
    あの農家の人々も ’30年代の犠牲になったのですね
    土地をおわれ・・・職をとられ、
    ’30年代はとても悲しい時代だったのでしょうね
    ことばでは かけなかったけど もっと感じたこと いっぱい
    あります・・・ この映画は とても とても大切にして
    いろんな人が 見ていくべきだと思います



******************************



2009年3月:追記

この映画はラストが本当に衝撃的で
やめてー!とも思いましたが、キレイでした。
あれだけ悪いことして、笑って逃げてゆく・・・警察の悔しさ・・・
仕方ないんだけど、蜂の巣、ってああいうことだよね・・・怖い!

主演の二人は好きです。
「天国から来たチャンピオン」と「さすらいの航海」を思い出しますね・・・
この映画では、まだ二人とも若くて・・・

しかし’30年代って何回も書いているけど、
今の不況のほうが、’30年代と似ているような気がします。
この映画を見た’70年代半ばは、オイルショックもおさまり
結構豊かになってゆく時代でしたよね?
今は本当に・・・こういう犯罪、おきないと良いんだけど・・・

何にせよ、銀行強盗はダメですが、映画の世界では
よく表現されていました。



***************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21600

原題:BONNIE AND CLYDE
正しい邦題:ボニーとクライド/俺たちに明日はない



***************************



再見時感想はこちら  →  ボニーとクライド/俺たちに明日はない(67・米)(2回目) ・・・ 1-127 




<<128・夏の嵐 | BLOG TOP | 126・ウエスト・サイド 物語>>

comment

こんにちは!

  1. 2012/05/12(土) 11:55:52 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
これももうどこかで話したかもしれないけど、わたしも再見で意外とテンポが悪いと気付いて驚きました。スピーディーな作品という印象があったのになぁ。これは93分番組向きかも(笑)
ボニーとクライドはわりと覚えていた通りだったけど、兄や義姉は忘れてました。冒頭の出会いとラストの蜂の巣が印象に残ってましたね~。
「パブリック・エネミーズ」は未見です。似た題材を扱ってるんでしょうか?
機会があったら観たいです。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/05/12(土) 15:50:42 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> これももうどこかで話したかもしれないけど、わたしも再見で意外とテンポが悪いと気付いて驚きました。スピーディーな作品という印象があったのになぁ。これは93分番組向きかも(笑)

この作品については、お話させてもらっていないような気がします・・・。
製作時や(お互いの)初見時には、早い作品だと思えたと思うのですが、
今はとっても早い作品ばかりなので、遅く感じたのでしょうね~。

> ボニーとクライドはわりと覚えていた通りだったけど、兄や義姉は忘れてました。冒頭の出会いとラストの蜂の巣が印象に残ってましたね~。

やはりこの映画は「ラスト」に限りますね~。
内容は忘れましたが、淀川さんのラジオでも、クドクドとラストについて聞いたと思います。

> 「パブリック・エネミーズ」は未見です。似た題材を扱ってるんでしょうか?
> 機会があったら観たいです。

もうすぐオンエアあるのではないでしょうか?
2年半も経ちましたから・・・。

30年代は銀行強盗が多かったのですよね? たしかアメリカでは。
そういう系統のお話ではありますが、この映画とは男女の事が少し違うので、
楽しみにしてお待ちくださいませね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30