FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(62)サウンド オブ ミュージック (2回目)

  1. 1976/09/05(日) 18:00:00_
  2. ロバート・ワイズ
  3. _ comment:0
サウンド・オブ・ミュージック



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【ミュージカル】 1965年・アメリカ

1976年9月5日(日) 名宝シネマにて (高1)
監督 ロバート・ワイズ
主演 ジュリー・アンドリュース
作詞 オスカー・ハマーシュタインⅡ
作曲 リチャード・ロジャース

1年ぶりにあえる この映画に はかりしれないくらい 大きな期待を
持っていました なのに70mmをちぢめて あんな小っこいスクリーン・・・




 
.


感想 やはり70mmは シネマスコープで 大きいのみなきゃあねェ
    それでもやっぱり いっくらフィルムが ボロボロであっても
    ストーリーは去年みた時といっしょ なんだか3時間がとても早くって
    マリアの心には やっぱり ただただ心からすばらしいと思い
    頭が下がるだけ・・・歌が好きで山を歩くことが好きで
    修道院にはむかない人.でも信仰は深くって
    はじめ子供の心を かたくななものから やわらかく かえさせ
    子供は純すいだから・・・特にグレートルなんかそう、はじめっから
    そして大佐の心に 歌と音楽と笑いと そして愛を呼び起こさせたのです・・・
    マリアはやさしくて たのもしいステキな 
    お姉さまです 心は子供のようで 純すいで・・・
    オーストリアのザルツブルクあたりの 山の景色はステキで
    そして何より 歌がうまくって.
    この映画みて 何も感じナイ人は やっぱりいないと思うのです
    でも はじめてみた時の すなおな感動じゃありません
    フイルムがボロボロでしたし・・・
    TVでもくるけど またいつか必ず 70mmでみたいのです
    そしたらまた さわやかさが 胸にもどると思います
    サントラきくたびに思い出すでしょうネ きっと
    マリアの心 そして(かわいい)7人の子供たち
    オーストリア アルプス そして歌声
    何より 人間をつつみこむこと.人間愛と 純愛を・・・



*****************************



2009年3月:追記

長い感想文でした。名画座での3本立ての2本目です。

この年は、この映画以降、名作というか、そういう作品ばかり見ています。
どんどん続けて出てくるから、書き写すのも大変だと思いますが、
がんばりま~す!

サウンドオブミュージックについては、前(62)に書いたとおりです。
この感想文を読んで、
サントラ盤を買ったのは、結構早い時期だったということが分かりました。
今の時代はDVDがあるから、サントラって売っているのかなあ???



*****************************



初見時と、他の再見時の記事です。

サウンド・オブ・ミュージック(65・米) ・・・ 1-62
サウンド・オブ・ミュージック(65・米) ・・・ 3回目    
サウンド・オブ・ミュージック(65・米) ・・・ 4回目
サウンド・オブ・ミュージック(65・米) ・・・ 5回目
サウンド・オブ・ミュージック(何回目か分からない) ・・・ 1-62
 



<<126・ウエスト・サイド 物語 | BLOG TOP | 125・初恋>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31