FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-313)  ファミリー・プロット  (2回目)  (旧gooブログの記事)

  1. 2010/11/25(木) 23:00:00_
  2. アルフレッド・ヒッチコック
  3. _ comment:5
2010年11月26日の記事
タイトル「あの時代の懐かしさを連れてくる映画」



ファミリー・プロット1




 
.


FAMILY PROT  (ファミリー・プロット) 1976年・アメリカ製作作品を再見しました。

監督 アルフレッド・ヒッチコック
主演 バーバラ・ハリス(霊媒師・ブランチ役)

感想
やっぱりこれが一番好き☆
流れとか色々と覚えていた・・・詳細は忘れていたけど。それで、ラストシーンもホトンドその通りだった。

この映画がどうして一番かと言うと、多分、この映画には、ヒッチコックと言うよりも、
70年代の映画らしさが匂うところと、映画を好きになった頃のロードショーの記事などが目に浮かび、
高1の頃がサーっと浮かぶからだと思います☆

カレン・ブラックはどっちつかずの役柄でしたが、(エンドロールの名前)トップでさすがですわ。
最後の30分くらい、何も手に着かないのよね・・・ただもう画面を追うだけで。
本当にホッとするところは良かったし、霊媒の彼女の本当の超能力?には、やっぱり納得しますよね☆

きっと例のお婆さんからお礼はもらえると思うけど、1万ドルでなくても、警察にちゃんと言って、そうしてマトモに
生きる事が一番なんだよね。結婚して、真面目に仕事して。犯罪に関係なく生きるだけでも、人生はまぁ良しって感じで。

楽しく見られる明るい映画で、数々の名作を抑えて、やっぱりヒッチではこれが一番、私にとってはね☆

追伸 
この映画を初めて見たのは、高校生ではなく、OL時代ですが、この映画を知ったのが高1で、見に行きたかったけど
行けなくて、雑誌に穴があくほど、同じページを読んだので、頭に入っていて、懐かしくてたまらないのです。



☆ 初見時の感想は → こちらです ☆




<<2-838  チェコの古代伝説 | BLOG TOP | 2-837  ストリートファイター>>

comment

こんにちは。

  1. 2010/12/29(水) 17:32:33 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
コメント&TBありがとうございます。
miriさんにとっては、赤い糸で結ばれたようなヒッチコック作品なんですね。
miriさんの下記の記事から、こだわりの映画であることが、わかる気がします。

>この映画がどうして一番かと言うと、多分、この映画には、ヒッチコックと言うよりも、
70年代の映画らしさが匂うところと、映画を好きになった頃のロードショーの記事などが目に浮かび、
高1の頃がサーっと浮かぶからだと思います☆

それと似たような意味で、私のこだわりのヒッチコック映画は「裏窓」になります。
miriさんのお言葉を一部だけ使わせて頂ければ、50年代の映画らしさが匂うところと、
ジェームズ・スチュワートと、グレース・ケリーの、息のあった絶妙さ。でしょうか。リアルタイムで観た時のあの興奮は、一生忘れられません。

肝心の「ファミリー・プロット」についてですが、ヒッチコック先生が、自己作品の集大成と、意気込まれているような、息遣いが聞こえるようでした。
殊に、あの二組のカップルの行動を、実に上手に、滑らかに、画ききって居られ、正に“円熟”を感じました。

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2010/12/29(水) 19:36:15 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらこそコメントとTBを有難うございました☆

> miriさんにとっては、赤い糸で結ばれたようなヒッチコック作品なんですね。
> miriさんの下記の記事から、こだわりの映画であることが、わかる気がします。

あぁ赤い糸~嬉しいです!そのように言っていただいて~!!!

> それと似たような意味で、私のこだわりのヒッチコック映画は「裏窓」になります。
> miriさんのお言葉を一部だけ使わせて頂ければ、50年代の映画らしさが匂うところと、
> ジェームズ・スチュワートと、グレース・ケリーの、息のあった絶妙さ。でしょうか。リアルタイムで観た時のあの興奮は、一生忘れられません。

そうですか~!
昔も今も一番ですものね!!!
アスカパパさんのヒッチ監督との切れない赤い糸の作品なのですね♪

誰もが、自分の若かったころ、自分の一番感受性の強かったころに見た映画は、
出来の良しあしは関係なく、一生涯心に残りますものね☆
まして「裏窓」は評価も高いですし。

> 肝心の「ファミリー・プロット」についてですが、ヒッチコック先生が、自己作品の集大成と、意気込まれているような、息遣いが聞こえるようでした。
> 殊に、あの二組のカップルの行動を、実に上手に、滑らかに、画ききって居られ、正に“円熟”を感じました。

そう書いていただいて本当に嬉しいです☆
いろいろな評価を見ても、なんというか、遺作なのに軽く見られていて悲しかったので・・・。

最後に普通人カップルが、悪者カップルを、あのようにして捕まえたのは
本当に胸がスーッとして、普通に生きる幸せを感じたりしました♪

お忙しいと存じます、コメントを頂きながらこんなことを書くのも申し訳ありませんが、
どうかパソコンは、ほどほどになさって下さいね・・・。

承認待ちコメント

  1. 2013/12/01(日) 15:16:47 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです

  1. 2014/12/23(火) 17:11:33 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんばんわ、「ファミリー・プロット」をやっと再見できました!
すっかり忘れていたけど、こんなに楽しい作品だったんですね~。miriさんのお気に入りなのも納得です。
ヒッチさんの苦手な部分が全くなくて、それでいて楽しい70年代の雰囲気が漂ってきて、私もこの作品が彼の作品の中で一番好きかも!
ホント、俳優の魅力を引き出していて、主演二人はぜんぜん知らない人だけど彼らの魅力でぐいぐい引き込まれました。
二人のやり取りが楽しいし、必死になる姿につい応援したくなります。
ラストのウインクも可愛いですよね。
私もこれが遺作で本当に良かったと思います。
再見のきっかけを下さってありがとうございました♪

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/12/23(火) 20:05:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> こんばんわ、「ファミリー・プロット」をやっと再見できました!
> すっかり忘れていたけど、こんなに楽しい作品だったんですね~。miriさんのお気に入りなのも納得です。

それは良かったです☆
記事もアップされたのですネ~!

> ヒッチさんの苦手な部分が全くなくて、それでいて楽しい70年代の雰囲気が漂ってきて、私もこの作品が彼の作品の中で一番好きかも!

・・・実は2009年以降、宵乃さんとお知り合いになって
ヒッチさんの事を色々と聞いて、私は全く信じられなかったのです。
この作品が印象的で、おもろいおっちゃん的な存在だったので(笑)。

先日お話した出会いの良さ(帰らざる河とか浮かれ三度笠とか)に
この作品も(実際に見たのは遅いけど、雑誌で一番印象が強かったので)
加える事が出来ると思っています♪

なので、宵乃さんもそういう風に共感して頂いて
本当に嬉しいです!

> ホント、俳優の魅力を引き出していて、主演二人はぜんぜん知らない人だけど彼らの魅力でぐいぐい引き込まれました。
> 二人のやり取りが楽しいし、必死になる姿につい応援したくなります。
> ラストのウインクも可愛いですよね。

ハイ、全部仰るとおりです☆

> 私もこれが遺作で本当に良かったと思います。

ハイ、共感して頂いて嬉しいし、本当にこれがご遺作で良かったです!

> 再見のきっかけを下さってありがとうございました♪

いえいえこちらこそ、見て頂いて素敵な記事をアップされて
嬉しいです~!!!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -