FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-831  エバン・オールマイティ

  1. 2010/11/17(水) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:5
Evan ALMIGHTY (エバン・オールマイティ) 2007年・アメリカ



エバン・オールマイティ




 
.


2010年11月17日(水)  BS2を随分前に録画してあったモノを鑑賞しました。

監督 トム・シャドヤック
主演 スティ-ブ・カレル (エバン役)

感想
いや~全く何の期待もしなくて見たからか、本当に良かったよ、全くもって良い映画でした

この主演の人は「ゲット・スマート」の人だと思ったらそうで、例の「リトル・ミス・サンシャイン」にも
あの叔父さん役で出ていたらしい、髪が伸びてからハッキリと分かった。

この前「天地創造」見たばっかりだしね、ノアズ・アーク、頭にグルグルと浮かぶよ。
それにユダヤ人の旧約聖書と、クリスチャンの新約聖書の事も、つらつら考えていたからね・・・。
グット・タイミングって感じ?

動物たちはCGもあったのかな?
洪水の部分は完全にCGで、少しチャッチ―感じもしたけど、まぁギリギリの線?
アメリカでは1位になったらしいね~興行成績! 何で日本公開しなかったんだろうか?
結構面白いし、あたたかいし、人も入ったと思うよ。

そう、温かいのよね、ノアと同じではないけれども、流れが笑える部分もあるけど、
結局秘書や心突き放してはいない人が多かったし、
何と言っても奥さんと子供たちが、神様のお陰だけど、自分たちで気づいて戻ってきたんだものね・・・。


神様と言えば、モーガン・フリーマン、そのまんまだったね!!!
最後前に神様と語らう時、全てのピースがはまって、本当に良かったし、家族で踊るとこもね。


で、しんみりして終わりかと思えば、エンドロールでメイキングやっちゃって、さすがって感じ、
やっぱ笑わせて終わるのが良いものね!



オシャレだったし、くど過ぎない一歩手前で終わって、本当に良かった~!





<<2-832  ペイチェック  消された記憶 | BLOG TOP | (1-364)  屋根の上のバイオリン弾き  (2回目)>>

comment

のほほんと楽しめる

  1. 2010/12/01(水) 11:32:56 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
作品ですよね。
前作「ブルース・オールマイティ」とは雰囲気がまるで違うので、ちょっと期待とは違ってたんですが、これはこれでよかったです。ぜんぜんオールマイティじゃなかったけど(笑)
でも、明らかに近所にいない(助ける必要のない)動物が集まってきていたのはなんだったんでしょうね?

エバンが「リトル・ミス・サンシャイン」の叔父さんだったとは気付きませんでした。ゆるい感じのコメディが合ってるかも。

Re: のほほんと楽しめる

  1. 2010/12/01(水) 15:10:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 作品ですよね。
> 前作「ブルース・オールマイティ」とは雰囲気がまるで違うので、ちょっと期待とは違ってたんですが、これはこれでよかったです。ぜんぜんオールマイティじゃなかったけど(笑)

前作とは? ・・・知らないのですが、この作品だけでも楽しかったです☆
エバンが祈った通りになったという意味で、オールマイティではないのか?と思ったりしています。

> でも、明らかに近所にいない(助ける必要のない)動物が集まってきていたのはなんだったんでしょうね?

まぁ象徴的に考えれば良いのではないでしょうか?
この少し前に「天地創造」を見たので、同じ箱舟で、同じように動物が集まっていたので
感覚的にそういう事だと、私は納得しました。

> エバンが「リトル・ミス・サンシャイン」の叔父さんだったとは気付きませんでした。ゆるい感じのコメディが合ってるかも。

「ゲットスマート」ご覧になりましたか?
この人は、あぁいう「本人は笑わないで、わらわかす」のが似合っていると思います☆

こんにちは

  1. 2010/12/02(木) 05:48:33 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、ご無沙汰しております。

『ブルース・オールマイティ』はジム・キャリー主演で
こちらは神様になったジム・キャリーがやりたい放題するコメディだったのです。
そこに出演していたブルースのライバルがスティーブ・カレル演じるエバンで
彼が人気が出たためか、作品が好評だったためか続編が作られたようです。

宵乃さんへのコメントでmiriさんが仰っている
>この人は、あぁいう「本人は笑わないで、わらわかす」のが似合っていると思います☆
に同感です!
スティーブ・カレルが真面目であればあるほど
おもしろみが増しますね。
少し甲高い声にも特長がありますし。
(『ゲット・スマート』は大笑いしました。)

今回は彼があまりにも一生懸命箱舟を作っているから
どこを笑えばいいのか困りました。
コメディというジャンルではなかったですが
いい映画でしたね。

マミイさん、おはようございます☆

  1. 2010/12/02(木) 08:25:59 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> miriさん、ご無沙汰しております。

こちらこそご無沙汰しまして・・・実は2~3日前に
「ゾティアック」という映画の、マミイさんの記事にコメントを書かせてもらったのですが、
何故か消えてしまいまして、書きなおす気力がなく、失礼しました。

あの映画では、主人公が、あの高校生が成長して、ふつーの大人になって
一所懸命に追う姿に「おぉ~」と思いましたが、
犯人をこの人と決めつけるような最後の字幕はいかがなものかと思いました。
疑わしきは、無罪、と言いきれなくても、あの字幕では
世界中に訴えているようで、ご家族等(今では遠い親戚しか居ないかもしれないけど)が可哀そうです~!

> 『ブルース・オールマイティ』はジム・キャリー主演で
> こちらは神様になったジム・キャリーがやりたい放題するコメディだったのです。
> そこに出演していたブルースのライバルがスティーブ・カレル演じるエバンで
> 彼が人気が出たためか、作品が好評だったためか続編が作られたようです。

有難うございます☆
ネットでも調べたのですが、それでこの映画のファーストシーンにつながったのでしょうね~!?

ジム・キャリーはあんまり好きではなく「やりたい放題」の事を「オールマイティ」とは
思わないので、機会がない限り、見ないと思います。

> 宵乃さんへのコメントでmiriさんが仰っている
> >この人は、あぁいう「本人は笑わないで、わらわかす」のが似合っていると思います☆
> に同感です!
> スティーブ・カレルが真面目であればあるほど
> おもしろみが増しますね。
> 少し甲高い声にも特長がありますし。
> (『ゲット・スマート』は大笑いしました。)

「ゲット・スマート」は「ハハハハハと笑って終わりで・賞」だったと思います。
本当にめっちゃ当たり役でしたね~!!!

> 今回は彼があまりにも一生懸命箱舟を作っているから
> どこを笑えばいいのか困りました。
> コメディというジャンルではなかったですが
> いい映画でしたね。

そうですね~コメディではなかったと思います。
笑うというより同情するって感じだったでしょうか?
嫌みのない良い映画だったと思います。

またコメントの方、チャレンジしてみますネ~♪

マミイさんへ☆

  1. 2010/12/02(木) 08:43:03 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
今、マミイさんのブログを見たら、私のコメントが反映されていてビックリしました。
お返事も有難う~。

私が見た時は消えていたのですけどね~変だなぁ~
でも、反映されていたから、まぁいいや~
これからは半日くらい過ぎてから、確かめますネ!
(直後に数回確かめたんですよ~ホントに!!!)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -