FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-799  メイド・イン・マンハッタン  (旧gooブログの記事)

  1. 2010/10/17(日) 22:30:00_
  2. ウェイン・ワン
  3. _ comment:2
2010年11月2日の記事
タイトル 「こころ温まるラブストーリー」



Maid in Manhattan  (メイド・イン・マンハッタン)  2002年・アメリカ製作作品を見ました。



メイドインマンハッタン




 
.


2010年10月17日(日)  ムービープラスにて鑑賞。

監督 ウェイン・ワン
主演 ジェニファー・ロペス(マリサ役)

感想
「スモーク」の監督だよ!
見終わった後に、この作品とスモークの感じの似ているというか、温かさは同じような気がして・・・。

ジェニファー・ロペスは、この前の映画(ウェディング・プランナー)は良くなかったけど、
女優としては良かったので、楽しみにして見ました。
相手役が、どっかで見た事あると思ったら「イングリッシュ・ペイシェント」のあの男だった!
確かに、両作とも、上品な感じが良かった。

で、この映画の感想としては、ラブストーリーとしては、今年見た中でも秀作で、
一番かもしれないくらいでした。ありがちかもしれないけど、なかなかない話だと思いました。

メイド、というところが親しみあるし、マイノリティだし、×一子持ちだしね。
でも、何となく、職業差別意識と言うのでもないけど、現代でも、貴族とメイドのような関係ではなく、
人間としては同じでも、やはり住む世界が違う、と言うような事は、厳然としてあるのだと思いました。

執事の人、すっごく良かった☆
あのバカ女も、悪気と言うよりは、自分の幸せ(男)しか目にないから、仕方ない奴だと思うし、
本物の悪人はいないんだよね、そこが「スモーク」と通じると思うの。

ラストに向かう流れが良いし、子供には遠くの血がつながっているけど、授業参観にも来てくれない
父親より、近くにいて遊んでくれる人を求めるわよね。

そして、エンドロールの、メイドの皆さんが地位アップした事とか、雑誌の表紙とか、面白かったよ。
全体的に、かなり秀作でした。



※これは旧gooブログの記事ですが、感想文もほぼ同じなので、この記事1本にします。




<<(1-407)  ドクトル・ジバゴ  (2回目) | BLOG TOP | (1-367)  フレンチ・カンカン  (2回目)>>

comment

昨日観ました

  1. 2012/06/30(土) 11:17:23 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
スモークの監督だったんですか~。みんな本当に良い人ばっかりでした。
かなりシンデレラを意識した作品でしたね。優しい同僚たちは、みんな魔法使いの役かな。最後は結婚でハッピーエンドではなく、自分で未来を掴み取ったところが良かったです。
ただ、ちょっと既視観が付き纏って、あんまりノレなかったかな~。善意に背中を押されて、ヒロインの立場が危うくなっていってしまうのも「う~ん」という感じで。まあ、選んだのは彼女自身ですけど。
メイド仲間と踊ってるシーンと、ラストの息子のスピーチが良かったです。

************************

>周りの人はほぼ全員が、どっちが正しいか分かっていたので、「正式に汚名が雪げた」のは、かなり後年だったのかもしれませんが
>家族が生きている間に、このヒトの件で苛められたということはないと思う・・・と、私は思います☆

そうですね、周りはわかっていたんだから、いじめたりはしませんよね。安心しました!

>「ヤギと男と男と壁と」は、ユアン・マクレガーが、可愛く見えて仕方なかったです(爆)。
内容は、私は事実と思っているので、バカかもしれません(大爆)。

わたしも事実だと思ってますよ~!
アメリカって超能力好きですもん。能力は誇張も入ってるかもしれませんが、こういう実験的な部隊がいてもおかしくないです。
ユアンもショーンも妙に可愛かったですね~。

「モーリス」お好きでしたか。ヒュー・グラントがまだ綺麗な頃で、びっくりしました。
時間の経過がわかりにくくて、作品自体長いので疲れて気が逸れてしまったんですよ。同性愛が病気という位置づけだった時代の物語としては、興味深かったです。

Re: 昨日観ました

  1. 2012/06/30(土) 12:55:50 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> スモークの監督だったんですか~。みんな本当に良い人ばっかりでした。
> かなりシンデレラを意識した作品でしたね。優しい同僚たちは、みんな魔法使いの役かな。最後は結婚でハッピーエンドではなく、自分で未来を掴み取ったところが良かったです。

なんとなく同じ監督作品で、流れる優しさが似ている感じがしました。

> ただ、ちょっと既視観が付き纏って、あんまりノレなかったかな~。善意に背中を押されて、ヒロインの立場が危うくなっていってしまうのも「う~ん」という感じで。まあ、選んだのは彼女自身ですけど。

このあたりは多くの映画を鑑賞なさっている宵乃さんらしいご意見ですね~。

> メイド仲間と踊ってるシーンと、ラストの息子のスピーチが良かったです。

ハイ、息子ちゃんはホントに良かったです♪

************************

> ユアンもショーンも妙に可愛かったですね~。

宵乃さんが事実と思っていてくれてホントに嬉しいです☆

私は「フィリップ、きみを愛してる」とかいう映画のお陰で、
ユアンさんが☆女子☆に見えて困っているのです(爆)。

> 「モーリス」お好きでしたか。ヒュー・グラントがまだ綺麗な頃で、びっくりしました。
> 時間の経過がわかりにくくて、作品自体長いので疲れて気が逸れてしまったんですよ。同性愛が病気という位置づけだった時代の物語としては、興味深かったです。

時間経過は、字幕で出ていましたよね~?
まぁたしかに長くてダラダラした話でしたが・・・
「違法」「厳罰」というあたりが、凄い時代だったんだな~って思いました。

>ちょっとわたしは潔癖すぎるのかな…。

倫理観がとっても真っ直ぐでいらっしゃるのでね~。
私なんか叩けば埃の出る身なんで、なんともはや・・・です。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -