FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


120・ロミオとジュリエット

  1. 1976/08/09(月) 16:00:00_
  2. フランコ・ゼフレッリ
  3. _ comment:2
私が当日買ったパンフレットです。

ロミオとジュリエットのパンフレット



現在入手できるDVDです。

ロミオとジュリエット DVD画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【文芸映画 ラブ・ストーリー】 1968年・アメリカ

1976年8月9日(日) シネラマ名古屋にて (高1)
監督 フランコ・ゼフレッリ
主演 レナード・ホワイテイング、オリビア・ハッセー

みたかったのです.とにかく最高の2本立てだから




 
.


感想 ストーリーはロミオとジュリエットでした ホントの
    でも すごいなと 思ったとこあったのです
    ひとばんで あんなに恋が燃えあがること
    そしてラスト ジュリエットが自分の手で その命を絶ち
    両家の和解がはかられたときのこと
    若い愛しあう2人には 何もおさえることの できない心
    が出てくるのね あれが当然なのかもしんない
    愛って 身体をも 求めるものなんでしょうね
    自分の心に 正直に 相手を求め、何ども口づけしたり
    運命をのろったり すなおな行動 とれないよね   
    それから かわいかったね オリビア・ハッセー
    そしてステキでした レナード・ホワイテイング
    でも不思議です まだ16の男の子と 14の女の子が
    15世紀中ばの イタリアのベロナで 
    ひとばんで燃えあがった恋
    そして いまわしい運命. 正直に愛し、行動し、
    私にはとても できそうもありません
    でも こんないたいけな ぎせいを出しても 和解して
    生き続けた人々は ホントに幸せになれたんだろか
    そう願うのです.そうでなければ この小さな命
    激しく燃えた恋が あまりに悲しい



************************



2009年3月:追記

この映画を(2本立て)見に行ったときは、
一人だったのですが、周りはカップルだらけで
ものすごくビックリして、あまり良い感じはしませんでしたが、
両方の隣のカップルが、私の隣に女性を座らせてくれたので、
何となくホッとして落ち着いて観る事ができました。

映画そのものは、良かったです。
近年、別人のこの映画がありましたが、見ていません。
やっぱりオリビア・ハッセーって感じではないでしょうか?

それにしても本当に感想も子供っぽくて恥ずかしいです。
私はおくてだったので・・・まあ仕方ないですね。 



************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25844

原題:ROMEO E GIULETTA
製作国:イギリス / イタリア



再見時感想はこちら  →  ロミオとジュリエット(68・英/伊)(2回目)・・・1-120




<<121・ある愛の詩 ~ラブ・ストーリー~ | BLOG TOP | 119・舞踏会の手帖>>

comment

こんばんは!

  1. 2012/07/06(金) 19:57:30 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
この作品、実は苦手なんですよ。というか、原作自体あまり好きではなくて。
オリビア・ハッセーはホント可愛いし、この時代の服装にもときめくんですが、ジュリエットの父親にムカついてしまって(笑)
鉦鼓亭さんのところで読んだかもしれませんが、最初は結婚するかは娘の意思に任せると言っていたのに、「好きになれるよう努力する」と答えた彼女が、その後ロミオと恋に落ちて断ろうとしたら、「恥をかかせる気か!」とブチ切れたじゃないですか。翻訳によってニュアンスが違ったのかもしれないけど、そこでカッチーンときてしまいました…。
あと、もしあのまま上手くいっても、長続きするのかな~と無粋な事を考えたり。ふたりとも惚れやすそう!
リメイクは、この作品の良かった部分すらないので、もうパロディにしか思えませんでしたね~(笑)

*****************

「ノーバディーズ・フール」BSイレブンで土曜日でした。教えてくれてありがとうございます。忘れずに録画します!

>プリン「す」が 入ったって良いではありませんか!
愛情いっぱいで、本当にお幸せですね~♪

かえるママさんがアレルギー発覚した時にどうかと思ったんですが、実は日曜日に卵の安売りで4パックも買ってしまって困ってたんですよね(笑)
ちょうどその日に卵レシピの記事をアップされていたので「冷蔵庫がもう少し空いたらプリンつくるね~♪」と約束しちゃって、作ったら記事にしようかと思ってたけど、それはさすがにやめときました(汗)
基本、卵の味は大好きなので、それなりに美味しく食べられました!

あと、鍵コメありがとうございます。「奇跡」の監督さんとは気づきませんでしたよ。確かにあの作品と同じで、ものすごい古いフィルムなのにモノクロが美しかったなぁ。

最近は、家族の朝の時間が変わって、平日は5時5分、休みの日は5時半に起きてます。まあ、休みの日はもう少し遅くてもいいんですが、あんまり差があると月曜がつらくて…。わたしも目が覚めてからしゃきっとするまで20分くらいかかるので、そこを短縮しようかな?
お昼寝したいと思っても、映画みたりブログやったりブラウザの設定調べたりしてたら時間がなくなっているという…。なにやってもトロい自分が憎らしいです!

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2012/07/06(金) 21:41:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆
宵乃さんから夜にコメントを頂くと、私ってばテンションあがって大変です♪

> この作品、実は苦手なんですよ。というか、原作自体あまり好きではなくて。
> オリビア・ハッセーはホント可愛いし、この時代の服装にもときめくんですが、ジュリエットの父親にムカついてしまって(笑)

私は詳しい話は忘れているので、そのあたり分からなくてすみません。

> 鉦鼓亭さんのところで読んだかもしれませんが、最初は結婚するかは娘の意思に任せると言っていたのに、「好きになれるよう努力する」と答えた彼女が、その後ロミオと恋に落ちて断ろうとしたら、「恥をかかせる気か!」とブチ切れたじゃないですか。翻訳によってニュアンスが違ったのかもしれないけど、そこでカッチーンときてしまいました…。

そちらさまで読ませては頂いたのですが、なんせ自分の記憶が・・・。

それと、私の父親はそういう人間でしたので、
もしも結婚する年齢まで一緒にいたら(高1の冬に別れました)
自分の気に入る青年を連れて来て、そういうこと平気でしそうな人間なんですよ。

なので、ずっと昔のお話ですし、
そういう表現があっても、多分私は宵乃さんのようには考えず
「いるいる、そういうヤツ」って感じだと思います(爆)。

> あと、もしあのまま上手くいっても、長続きするのかな~と無粋な事を考えたり。ふたりとも惚れやすそう!

まぁお話ですし、年齢も14歳と16歳とかですよね?
いくら昔のヒトは精神的に今の人間より年齢上と言っても、
これは一夜の恋ですから、一緒になったってうまくいくわけなく、
あぁいう形になって、両家やその構成員が今後変わる事を期待するだけのお話ですからね~。

> リメイクは、この作品の良かった部分すらないので、もうパロディにしか思えませんでしたね~(笑)

あれは駄作ですので、パロディすら認めたくなくって!!!

今後再見の機会があれば、またお話させて頂きたいと思います。
高校時代と今とでは、もしかしたら感想が変わるかもしれませんが・・・。

> *****************

> 「ノーバディーズ・フール」BSイレブンで土曜日でした。教えてくれてありがとうございます。忘れずに録画します!

それは良かったのですが・・・
もし良くなかったらどうしよう?と、ちょっと思い始めました。
・・・きっと大丈夫だと思うのですが・・・。
ジェシカ・ダンディさんの遺作ですので、それだけでもお楽しみ頂ければ・・・と思います。

>プリン「す」が 入ったって良いではありませんか!
> 愛情いっぱいで、本当にお幸せですね~♪
> かえるママさんがアレルギー発覚した時にどうかと思ったんですが、実は日曜日に卵の安売りで4パックも買ってしまって困ってたんですよね(笑)
> ちょうどその日に卵レシピの記事をアップされていたので「冷蔵庫がもう少し空いたらプリンつくるね~♪」と約束しちゃって、作ったら記事にしようかと思ってたけど、それはさすがにやめときました(汗)
> 基本、卵の味は大好きなので、それなりに美味しく食べられました!

4パックはちょっと買い過ぎかと・・・?
冬なら良いのですが・・・。

でもお料理上手な宵乃さんですもの、大丈夫でしたよね☆
私も卵は大好きです!
もし良かったら、プリンのレシピだけでも、いつかアップして下さいね~♪

> あと、鍵コメありがとうございます。「奇跡」の監督さんとは気づきませんでしたよ。確かにあの作品と同じで、ものすごい古いフィルムなのにモノクロが美しかったなぁ

あの監督さんは素晴らしいですものね~。
生き返った以外は100点満点の映画でしたから、
他の作品も見たいんです~!!!

> 最近は、家族の朝の時間が変わって、平日は5時5分、休みの日は5時半に起きてます。まあ、休みの日はもう少し遅くてもいいんですが、あんまり差があると月曜がつらくて…。わたしも目が覚めてからしゃきっとするまで20分くらいかかるので、そこを短縮しようかな?

多分、その時間は短縮できないので(冬よりはしやすいと思いますが)
寝るのを少し早くなさったらいかがでしょうか?

私は土日は600~630に起きています。
寝るのはまちまちですが、あんまり早くはないかな~?

> お昼寝したいと思っても、映画みたりブログやったりブラウザの設定調べたりしてたら時間がなくなっているという…。なにやってもトロい自分が憎らしいです!

その分、私はお昼寝するので・・・
今は暑くてエアコンまだつけていないので、一番眠りにくい季節ですが、
それでも夜の睡眠時間が平日は5時間切っているので、昼はちょっとでも寝ます☆

宵乃さんは才能があり過ぎるのよね~。
お庭のお世話もあるしね~。
私は本当に、恥ずかしい・・・。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -