FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-821 ベルンの奇蹟

  1. 2010/11/05(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
Das Wunder von Bern (ベルンの奇蹟) 2003年・ドイツ



ベルンの奇蹟




 
.


2010年11月5日(金)  ムービープラスを録画して鑑賞しました。

監督 ゼーンケ・ヴォルトマン
主演 ルイス・クラムロート(マティアス役・・・子供です)

感想
また炭鉱かい・・・おっと違った。しかし戦争の影と言い、似ているかも?
これも涙モノでした☆
(炭鉱は昔お父さんが働いていて、復帰しようとしたけど、
  無理だった場所で、一場面だけ登場しました)

でもそれだけじゃなくて、笑う事も出来たし
(あの新婚さんのお陰で)楽しい映画でもありました。
そして辛く悲しい戦争を引きずる事も、家族の再生も、
あのワールドカップの日々に、全部かぶせて。
(1954年のワールドカップが背景にあるのです☆)

巧い作りだと思うし、なかなか感激作。
嫌いな人もいるかもしれないけど、
ドイツ語でちゃんと、こういう辛い歴史を語るのって大切だと思う。
あの人たちはヒトラーではないのだもの。
誰もが犠牲者、一番ズルかったのがソ連だと、日本と同じ目にあって・・・

収容所暮らしがあった人間は、ああやって普通になるまで時間かかって当たり前だし、
キレイ事だとも思うけど、仕方ないよね、結局誰もが生きてゆかないといけないのだから・・・。
いつも子供を殴るんだな、と思うと嫌だった、ウサギの事も。

でも本当は妻を、子を愛していたんだよね・・・うまく言えないだけで・・・
死んだ人をいっぱい見てしまったからね・・・生き残りって、恐ろしいね

この物語の真の主人公は、そのお父さんなのかもしれないね・・・
「死ねば良かったのに」って皆に思われる行動しかしない、
でもそれが戦争なんだよね、もう絶対にしてはいけないよね。

新婚さんの方は面白い・・・心がホッとする。
チームも色んな問題抱えて、
今の日本とか見ているとキレイな事言うけどね。(男子サッカーA代表です)

主人公の家庭、新婚さん、チーム、と
3者を平行に描いた作品で、見やすく、考えさせられ、
心一杯色々と思い、ちょっと泣ける映画でした。


しかし、最後の方で父が急に優しくなるとこは、もうギリギリ、
ちょっと気持ちが違う時に見たら、受け入れられないかもしれなかった、と思う。

サッカーを好きな、映画を好きな人は、
機会があったら是非ご覧になって下さいね~♪





<<(ナンバーなし)  父ちゃんのポーが聞こえる  (2回目) | BLOG TOP | 11月の「ブログ DE ロードショー」の感想 / 次回のお知らせ等>>

comment

  1. 2014/11/08(土) 16:50:26 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
音楽祭の前に観たんですが、やっと記事にできました!
そうですね、ドイツ目線であの頃の事と向き合う作品を描くのは大切だと思います。それこそ、あのお父さんと同じような気持ちなのかもしれません。
ウサギと折檻のシーンは嫌でしたね~。
家族の再生とサッカーだけだったら重かったところを、あの記者夫婦とスイスの青い空のおかげで暗くならずに済みました。

>しかし、最後の方で父が急に優しくなるとこは、もうギリギリ、
>ちょっと気持ちが違う時に見たら、受け入れられないかもしれなかった、と思う。

miriさんにとって最適なタイミングでしたね。
わたしも出来すぎだなぁと思う事もあったものの、そこで躓く事はありませんでした。
最後は感動できたし、観られてよかったです♪

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/11/08(土) 21:01:44 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 音楽祭の前に観たんですが、やっと記事にできました!

素敵なイラストですネ!
この後、すぐにコメントに行かせて頂きますね~☆

> そうですね、ドイツ目線であの頃の事と向き合う作品を描くのは大切だと思います。それこそ、あのお父さんと同じような気持ちなのかもしれません。

4年前で覚えていない部分もあるけど、とても印象的な作品でして、
こういう映画が英語でアメリカ製作ばかりではいけないと強く思ったことは
一番強く覚えています、ドイツ目線、ということを・・・。

> ウサギと折檻のシーンは嫌でしたね~。

うさぎそのものは目に浮かばないのですが
そういうシーンがあった事は覚えています。
折檻も本当にイヤでした(泣)。

> 家族の再生とサッカーだけだったら重かったところを、あの記者夫婦とスイスの青い空のおかげで暗くならずに済みました。

ハイ、新婚さんは良かったです、というか面白かったような?
ベルンはスイス、でも陸続きで行けるドイツ・・・
ヨーロッパは本当に あの戦争ですごいめにあったんだな~と実感できました。

> miriさんにとって最適なタイミングでしたね。

ハイ良かったです。
今でもあれはないよな~?と思わない事もないけど、
子供や多くの人に見て頂くにはこの方が良かったのですよね♪

> わたしも出来すぎだなぁと思う事もあったものの、そこで躓く事はありませんでした。
> 最後は感動できたし、観られてよかったです♪

本当に良かったです!
前から再見したかったのですが、急いでそうしたくなりました。
(オンエアのを持っているからいつでも見られます)


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -