FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


1986年の映画について ベスト10など

  1. 1986/12/31(水) 10:00:00_
  2. 1975~1987年
  3. _ comment:0
’86年のまとめ文章などを、
4冊目の映画の付属ノートから抜粋転記します。 





 
.


12月3日(水)に書いた文章です

クドクドと書いてあるから、要するに・・・

独身時代の方が、会社へ行き、色々と忙しかったわりには、映画を見ていて、
結婚後は、映画よりも目の前の生活を1つずつこなして、
それがイヤとかではなく、家事は好きだけど、

やっぱり、このままではいけない・・・
あと1ヶ月ないけど、録画しっぱなしのモノを少しでも見て悔いを残したくない、と書いてあります。



’87年1月5日(月)に書いた文章です

クドクドと書いてあるから要するに・・・

12月3日の段階で残っていた録画しっぱなしの3作品は全部見た。
今年はもっとビデオを利用して、名画にふれあう時間を、たくさん持ちたい、と書いてあります。

(499・居酒屋兆治 から 536・愛と追憶の日々 まで38本鑑賞しました)



’86のベスト10  (87年1月5日に選びました)

1・アマデウス
   ミロス・フォアマン  文句なし、映画館で見たかった

2・愛と青春の旅立ち
   明るく強くラストがいい

3・戦場のメリークリスマス
   大島渚  暗く厳しく 人とは・と思う

4・哀愁
   マービン・ルロイ  涙さそう 女なら 見たい名作

5・さびしんぼう
   大林宣彦  常連、いいもの作るネ

6・愛と追憶の日々
   J・L・ブルックス  なんとなく よかった

7・生きる
   黒澤明  こういう時代でなくとも 同じ心が

8・海に降る雪
   中田新一  うーん最高、わかるかな?

9・サンタクロース
   夢いっぱい 大好き

10・レベッカ
   A・ヒッチコック  さすがです 本格派


次点作品も多いけれども、この10作品で迷いはない。
でも、来年はもっと数も質も向上させたい、と書いてあります。

次点作品名(鑑賞順)
男はつらいよ 柴又より愛をこめて / 祝辞 / 愛情物語(84・日) / 化粧
喜びも悲しみも幾年月 / 事件 / 男はつらいよ 寅次郎春の夢 
チャイナ・シンドローム / 真夜中の招待状



********************************
ココから現在書いた文章です。


1986年は、春までと、春以降と、生活が全然変わってしまった特殊な一年でした。
映画については、OL時代も、主婦(専業)になってからも、それなりに見ていました。

でも、もっと見たいとか、映画館で見たいとか、アレコレ見逃したとか、
録画ミスしたとか、そういう事は、色々とあったと思います。

うまく書けませんが、やっと本当に自分の足で歩き始めた・・・
そんな年だったのかもしれません。



******************************



これで ’86年の 映画については 終わりました。
明日から約1ヶ月間、ノートからの転記以外の記事をアップします。
1月の初め頃から、8冊目のノートの転記の続きをします。1987年に入ります。



今年も、今日まで、昔のノートの転記を読んで下さり、
本当に有難うございました☆





<<537・エマニエル夫人 | BLOG TOP | 536・愛と追憶の日々 1983 , USA>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31