FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


534・真夜中の招待状 1981、日本

  1. 1986/12/20(土) 23:30:00_
  2. 野村芳太郎
  3. _ comment:0
真夜中の招待状



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1986年12月20日(土) 21:02-23:20 (20歳~)

監督 野村芳太郎
主演 小林麻美  高橋悦史

“闇のよぶ声”の 映画化と 聞いていたので ぜひ 見たかったの
 です




 
.


感想
さすが 野村芳太郎 って感じは 変わらないなー
なにげなく 写してるとこ も 全部 意味があって

原作と 違えて あるのは それなりに しかたないことと
思います かなり 重いし いい作品だと 思います

小林麻美は きれいね 何年たっても 年とらず
もっと 映画や TVに 出れば いいのにね わりと うまいし
小林薫は まだ 売れる前で 顔つきも ちょっと 違うし
でも 必死に 演じてるって感じ でしたよ

この作品なら ¥MONEY 出して 見に行っても いいな
そんな感じ すごく しました

もっと TVの映りが よければ もっといいのに 残念です



*****************************



2010年12月

私が一番好きな作家は、宮澤賢治と遠藤周作で、
この映画の原作の“闇のよぶ声”は、遠藤周作の作品です。
映画の内容は覚えていませんが、小説の方は、覚えています。
(遠藤の作品は、ほとんど全部読みました)

しかも監督が野村芳太郎ではね~!
きっと良い作品だと思います。
(熊井監督が一番好きなのは、遠藤の作品をたくさん映画化しているからです)

若い人には、遠藤周作自体、意味不明かも?

あと、小林麻美は、私たちの世代には、ドンぴしゃりで、
男の子でなくても、女子の間でも相当な人気がありました。
「マイ・ピュア・レディの映像」と「雨音はショパンの調べ」は、永遠の名作です☆

そんなわけで、この作品は、すっごく再見したいです!



*****************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=147784



*****************************



再見時感想はこちら  →  真夜中の招待状(81・日)(2回目) ・・・ 1-534 





<<535・石の花 1946 , USSR | BLOG TOP | 533・チャイナ・シンドローム>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -