FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


519・さびしんぼう 1985

  1. 1986/05/04(日) 23:00:00_
  2. 大林宣彦
  3. _ comment:1
さびしんぼう



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1986年5月4日(日) (20歳~)

監督 大林宣彦
  冨田靖子 、 尾美としのり 、 藤田弓子




 
.


尾道3部作の No.3で 去年 映画館で やってました
映画 ずっと 見てないねぇ×××

感想
見てよかったなぁ 涙がでるよ 大林宣彦は 好き
モノクロと カラーと セピアと なんだか うまいなぁ

お父さん(りんの お父さんだよ!!)が お風呂で 言った セリフが
忘れられないよ 「お母さんの 全てを 気に入って もらったんだから
その想い出も 大切に してあげたい」「ヒロキも 人を 好きになれ
その人の 苦しみも 喜びも 皆 ひっくるめて 好きになれ」って
結婚は 愛が base かもしれないねぇ

さびしんぼうが お母さん なんだって うすうす 気付くけど
storyと ショパンの 別れの曲が いいねぇ
なぜ ショパンは こんなに 胸を打ち続けるのか?

冨田靖子が いいねぇ さびしんぼうも ゆりこさんも 両方とも すごくいい
藤田弓子も いいねぇ アイコの 親子じゃないかって 思う
なぜか いつも 尾美としのり なんだねぇ??
あと 小林聡美とか ワキの人々 いちいち いいんだぁ

おもしろい シーンも 多くて 坂の多い 小さな港町に 親しみ
もてます 特に さびしんぼうを ぶって お母さんが 痛がるとこ
16才の 舞台衣装の 写真とばして それから 数ヶ月間

私ね こんな話 好きです 甘ずっぱさ、初恋、すぎた日々への
ノスタルジィー なんかも いいけど どこにでもいる 人達 という シーン
もあって 冨田靖子が ピアノ ひいてて いいです
テーマ曲も すてきです



****************************



2010年11月:追記

先日、10月の終りに再見しました。
ミニ感想としては、
この映画はやっぱり名作で、昔に受けた感銘と、
今受けている感銘は、場所が違うようだけど、

そんな風に、
見る年齢・立場によって違う感銘を受けられるなんて、
凄い映画だよね~☆
 


でも、お父さんの・あのたった一回の見せ場は、どうあっても、凄いと思う・・・
キレイ事だけど、あんなふうに思われる事は、凄い事だもの・・・。
こんな感じでした。

初見時は結婚直前で、今回は息子の母親で、立場の違う私が見て
感動した部分が違ったり、同じだったり、
確かに、くだらない描写も多いけど、そこに引っかからないのが、
リアルにこの映画を知っている、私たち世代だと思います。

りんのお父さん、というのは、
当時の朝ドラ「はね駒」で(はねこんま、と読みます)
ヒロイン・りん(斎藤由貴)の父親役が、
この映画でも主人公の父親役の、小林稔待だったからです。
(ついでに、夫役は、当時駆け出しに近かった、渡辺謙で、今や世界のケン・ワタナベです)

小林稔待は、今では大御所風ですが、
昔は健さん(高倉健)の映画での脇役等が多く、
あまり目立たない人でして、この頃から結構一般に有名になってきたのです。

この作品は、やっぱりどう考えても、尾道三部作で、一番の出来だったと思います。



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=86849




<<520・喜びも悲しみも幾歳月 | BLOG TOP | 518・化粧 1984>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/11/10(水) 15:58:39 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -