FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-784  かもめ食堂

  1. 2010/10/03(日) 22:00:00_
  2. 荻上直子
  3. _ comment:10
かもめ食堂  2006年・日本



かもめ食堂




 
.


2010年10月3日(日)  日本映画専門チャンネルを録画して鑑賞しました。

監督 荻上直子
主演 小林聡美(さちえ役)

感想
「めがね」は、一体何だったんだろう?(注:全然面白くなかったから)
この映画は、すっごく良い映画だし、この監督は、才能があると思うのに・・・。

♪クレイジー ラブ♪ エンドロールに流れるこの歌、すっごく良いです☆

厳密に言えば、そんなバカなとか、言葉の問題や、
さちえなる人物像や、色々と文句も出てくるけど、
この映画の場合、そういう細かい事を精査するのではなく

「ホノカアボーイ」とも全然違って、
ヘルシンキにあの食堂があるよな気がして
超熟の宣伝を思い出したりして・・・。

3人それぞれに、持っているモノ、なくしたモノ、これからの事、今の事、など抱えたり
重いけど重くなく、上手に表現できて、もたいまさこ は 特に得したけど、森のシーンなんかね、
でも、はいりも、小林もそれぞれに良かったし~。

向こうの人々も、
言葉が分からなくても、「野のユリ」同様、
やっぱり分かるんだと思ったりして


満席になった事が良い事ではなくて、そこまで頑張った事、それを見ていた人がいた事、
ちょっとした事件も、困ったチャンのおばさんも、それぞれに意味深く、この映画を彩る・・・

う~ん、大好きな作品に、なりそうです☆




<<(1-277)  星空の用心棒  (2回目) | BLOG TOP | 2-783  野のユリ  (旧gooブログの記事)>>

comment

こんにちは。

  1. 2010/10/17(日) 10:27:10 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
 「めがね」は、面白くなかったですか。そう言われれば、ちょっと不可解なところもありましたね。荻上直子作品としては、私も「かもめ食堂」の方を上位に押します。

>厳密に言えば、そんなバカなとか、言葉の問題や、
さちえなる人物像や、色々と文句も出てくるけど、
この映画の場合、そういう細かい事を精査するのではなく

同感です。

>「ホノカアボーイ」とも全然違って、
ヘルシンキにあの食堂があるよな気がして、

ホノカアボーイは、実際にあった食堂での体験が基になっていると、何処かで聞いた記憶がありますが、「かもめ食堂」の場合は、どうだったか知りません。でも、私も、そのような気になりました。

ほんとうに、3人それぞれに、よかったですね。

言葉の問題で、「野のユリ」に例えて、述べられて終えられた、miriさんのレビューに拍手を贈って、コメントを終えさせて頂きます。
随分前の私のレビューですが、トラックバックさせていただきました。

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2010/10/17(日) 11:49:36 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントトラックバックを有難うございました☆

>「めがね」は、面白くなかったですか。そう言われれば、ちょっと不可解なところもありましたね。荻上直子作品としては、私も「かもめ食堂」の方を上位に押します。

えぇ、残念ながら、私は「めがね」では、たそがれる事は、できなくて・・・
でも、偏見を持たずに、この作品を鑑賞して本当に良かったと思っています☆

> >厳密に言えば、そんなバカなとか、言葉の問題や、
> さちえなる人物像や、色々と文句も出てくるけど、
> この映画の場合、そういう細かい事を精査するのではなく
>
> 同感です。

このあたりに引っかかってしまうと、面白く感じないのでしょうね~。

> ホノカアボーイは、実際にあった食堂での体験が基になっていると、何処かで聞いた記憶がありますが、「かもめ食堂」の場合は、どうだったか知りません。でも、私も、そのような気になりました。

ホノカアボーイ、も、残念な映画でした。
ヘルシンキにはこの食堂は多分ないでしょうけど、あるような気がしてしまいますよね~☆

> ほんとうに、3人それぞれに、よかったですね。

ちょっと、もたいまさこが、得していましたよね♪

> 言葉の問題で、「野のユリ」に例えて、述べられて終えられた、miriさんのレビューに拍手を贈って、コメントを終えさせて頂きます。
> 随分前の私のレビューですが、トラックバックさせていただきました。

野のユリの、あの、英語とドイツ語とスペイン語が混ざった現場が、愛であふれていたように、
この映画も、あの食堂内に愛があふれているように思いました☆

のちほど、お邪魔させて頂きますネ~!

はじめまして!

  1. 2010/10/20(水) 22:34:01 |
  2. URL |
  3. ちゃぶまる
  4. [ 編集 ]
00年代の邦画では一番のお気に入りです。
けどもこの映画には、これが映画だぜ、おい、っていう迫力はないんですよねえ、、、それでも一番ですけどw
物語も希薄だし、映像で勝負するわけでもないし、不思議な魅力。
水泳のシーン、エンディングの陽水は忘れられません!
またおじゃましまーす!

ちゃぶまるさん、はじめまして☆

  1. 2010/10/21(木) 07:43:13 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
ご訪問いただき、コメントを有難うございます☆

> 00年代の邦画では一番のお気に入りです。

そうですか~☆

> けどもこの映画には、これが映画だぜ、おい、っていう迫力はないんですよねえ、、、それでも一番ですけどw
> 物語も希薄だし、映像で勝負するわけでもないし、不思議な魅力。
> 水泳のシーン、エンディングの陽水は忘れられません!

本当に迫力とは無縁ですが、静かな力を感じる映画ですね☆
不思議な魅力・・・キャストも、ヘルシンキの街も人も、話の流れも・・・
あの歌はイイですね! 井上陽水の雰囲気と、あのエンドロールがピッタリで☆

> またおじゃましまーす!

有難うございます☆
私もちゃぶまるさんのブログに、後ほどご訪問させていただきます。
これからも、どうぞ宜しくお願いします♪

  1. 2012/02/03(金) 17:36:06 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
かもめ食堂、この間の再再見を逃しましたが、とても好きな作品です。
劇場で観れてラッキーでした。
忘れられなくて、翌週また観に行ったぐらいですから。
エンディングの陽水の曲に余韻を長びかせ心ゆくまで味わいました。

>主演が同じで、雰囲気の似ている下記3作品は、
私はそれぞれ期待して見たのですが、
この映画とは全く違う事を、それぞれで思い、
今の結論としては「かもめ食堂」だけが、異常に良く出来た作品。という感じです。

“異常に”にまったく同感です。

あの感動にもう一度浸りたくて、実は私も「めがね」「プール」までは観ましたが、2作が期待はずれに終わったために「マザーウォーター」にまで手を出す元気がなくなりました(*_*;。
確か荻上直子監督で「トイレット」とかいうのもなかったけ?

かもめ食堂は不朽の名作だと思います!

しずくさん、こんばんは☆

  1. 2012/02/03(金) 20:31:25 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> かもめ食堂、この間の再再見を逃しましたが、とても好きな作品です。
> 劇場で観れてラッキーでした。
> 忘れられなくて、翌週また観に行ったぐらいですから。
> エンディングの陽水の曲に余韻を長びかせ心ゆくまで味わいました。

映画館で2回も鑑賞なさって、凄いですね~!
でも本当に良い作品でした☆

私もあのエンディングの歌は大好きです♪
DVDに録画保存してあるので、いつでも見られます☆
またいつか見たいと思います。

>> 今の結論としては「かもめ食堂」だけが、異常に良く出来た作品。という感じです。
> “異常に”にまったく同感です。

ハイ、共感して下さり、有難うございます☆

> あの感動にもう一度浸りたくて、実は私も「めがね」「プール」までは観ましたが、2作が期待はずれに終わったために「マザーウォーター」にまで手を出す元気がなくなりました(*_*;。
> 確か荻上直子監督で「トイレット」とかいうのもなかったけ?

私はいずれもオンエアですが、
「めがね」→「かもめ食堂」→「プール」→「マザーウォーター」の順で見ていて、

「めがね」がいまいちだったので、「かもめ食堂」を見るのもちょっとためらったのですが
あまりにも良くって、次に時間が経って「プール」を見たら「?」「めがねよりは、マシ?」で、
今週「マザーウォーター」を見たら、トンデモナイ作品で、ひっくり返ってしまい、
「かもめ食堂」が異常に良い、という結論に達しました☆
長々すみません。「トイレット」という作品は、知らないです。

> かもめ食堂は不朽の名作だと思います!

ハイ、多くの方に見て頂きたい作品ですよね~♪

ところで「ジュリエットからの手紙」ですが、私には向かないのでしょうか?
私は映画を見る時、あまり内容は調べないので、よく知らないのです。

昨年の秋に、いくつか候補があって、タイトルとか感じがよかったので見たかったのですが、
上映館と時間が合わなくて、「ステイ・フレンズ」に変えたと思います。

いずれなるべく早くDVDを借りたいと思っているのですが、
もう少し後になりそうです。
また鑑賞後にコメントに行かせてくださいね~!

(コメントはさせて頂かなかったのですが「ガタカ」の記事も読ませて頂きました♪)

眠い時に観てしまったのか

  1. 2012/05/17(木) 16:37:02 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
よくわからなかったです。たぶん後半は寝てしまった気が…。
「ガッチャマン」のところだけ印象に残ってるけど、ここは笑うところだったのかな?
きちんと再見したいんだけど、まだ中途半端に記憶に残ってるから、先送りになってる作品です。「めがね」はよくわからない、長ったらしい作品でしたね~。

あと、字幕なしで洋画を観るなんて凄いですね~。字幕を追ってると見えない部分ってありますし、本当に言葉がわからなくても伝わる事はありますしね。
・・・わたしは自信ないけど!(笑)

Re: 眠い時に観てしまったのか

  1. 2012/05/17(木) 18:39:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
いつも本当に有難うございます☆

> よくわからなかったです。たぶん後半は寝てしまった気が…。

それは残念です。
やはり体調が良くない時は、映画よりも身体第一になさってくださいね。

> 「ガッチャマン」のところだけ印象に残ってるけど、ここは笑うところだったのかな?

それは三人中の二人の出会いのシーンですので、
笑うのも良いと思いますが、結構深いシーンだったと思います。

> きちんと再見したいんだけど、まだ中途半端に記憶に残ってるから、先送りになってる作品です。「めがね」はよくわからない、長ったらしい作品でしたね~。

いつかまた再見なさってくださいね!
しずくさんと、かなり全部意見のあった映画なので、
是非、宵乃さんにも体調の良い時に見てほしいです。

> あと、字幕なしで洋画を観るなんて凄いですね~。字幕を追ってると見えない部分ってありますし、本当に言葉がわからなくても伝わる事はありますしね。

凄いだなんて・・・それしかないので、良い経験になりました。
字幕を見ずに、邦画ではこれほど真剣に見た事ない、ってほど真剣に見ました☆
イタリア語ですので、耳には心地良かったのです♪

> ・・・わたしは自信ないけど!(笑)

何を仰って!!!
20歳もお若いじゃないですか~!!!
怒りますよ、メッ!(笑)

私は本当に初めてでしたが、
ロッカリア君は前からしょっちゅうやっているみたいですよ。
おっちゃんと、おばちゃんが、頑張っているんだから、
宵乃さんも機会があれば是非~☆☆☆

お久しぶりです。再、再、再、再見しました

  1. 2012/06/22(金) 13:54:01 |
  2. URL |
  3. bamboo
  4. [ 編集 ]
いやぁ、やっぱり良かったです。
先日オンエアーされていたので録画していました。
数年ぶりかもしれません!!

陽水の白いカーネーションの挿入歌があったのもすっかり忘れていました。
片口はいりが「私が帰ることになっても、さちえさんは寂しくないのね」と拗ねるところが滅茶可愛いい!
もたいまさこのかばんにきのこがいっぱい詰まって戻ってきて、波止場を散歩中のおじさんから猫を預かり帰国できなくなってしまうとか好きな展開です。

>ヘルシンキにあの食堂があるよな気がして

本当にそう思いますね。

映画中にも登場したフィンランド女性。
かつて自殺大国として名をはせたフィンランドは、国家主導の「自殺予防プロジェクト」を発足させ何とか汚名返上を果たしました。
現在フィンランドは8位となり、日本は何と6位!
そんな似たような状況がかもめ食堂を生み出して共感を呼ぶのかもしれません。

おにぎりは日本のソウルフードで誰かが握ってくれたもの、
コーヒーも自分ではなく人から淹れてもらったのが何より美味しいというセリフが
今回は素直に胸にすとんと落ちました。

ラストをさちえの「いらっしゃいませ」で閉じ、陽水の「クレイジーラブ」ががーんと流れるのはグレイト!
miriさんにプレゼントしたいけどコメントで果たして届くかしら?

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/OcciYApajUg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

※「ジュリエットからの手紙」をmiriさんはお好きじゃないかもと返信したのは、
たんに恋愛物ジャンルがお嫌いではと思っただけで他意はありませんよm(・ω・m)ソーリィ

Re: お久しぶりです。再、再、再、再見しました

  1. 2012/06/22(金) 15:24:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
bambooさん、お久しぶりです、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> いやぁ、やっぱり良かったです。
> 先日オンエアーされていたので録画していました。
> 数年ぶりかもしれません!!

この映画が本当にお好きでいらっしゃるのですね~!
オンエアがある事は知っていたのですが、見ませんでした。
(保存版にしてあるので、いつでも見られるのですが・・・)

> 陽水の白いカーネーションの挿入歌があったのもすっかり忘れていました。
> 片口はいりが「私が帰ることになっても、さちえさんは寂しくないのね」と拗ねるところが滅茶可愛いい!
> もたいまさこのかばんにきのこがいっぱい詰まって戻ってきて、波止場を散歩中のおじさんから猫を預かり帰国できなくなってしまうとか好きな展開です。

あぁどれもこれも目に浮かぶようです!
独特の雰囲気のある映画ですよね~☆

> >ヘルシンキにあの食堂があるよな気がして
> 本当にそう思いますね。

もう今ではあると信じ込んでいます(笑)。

> 映画中にも登場したフィンランド女性。
> かつて自殺大国として名をはせたフィンランドは、国家主導の「自殺予防プロジェクト」を発足させ何とか汚名返上を果たしました。
> 現在フィンランドは8位となり、日本は何と6位!
> そんな似たような状況がかもめ食堂を生み出して共感を呼ぶのかもしれません。

それは存じませんでした。
フィンランドは他にも魅力のある国で、ヨーロッパの中でも
気になる国の一つです。

> おにぎりは日本のソウルフードで誰かが握ってくれたもの、
> コーヒーも自分ではなく人から淹れてもらったのが何より美味しいというセリフが
> 今回は素直に胸にすとんと落ちました。

そうですか~私も見れば良かったかな?
お好きな作品を再見なさって、本当に良かったですね~♪

> ラストをさちえの「いらっしゃいませ」で閉じ、陽水の「クレイジーラブ」ががーんと流れるのはグレイト!
> miriさんにプレゼントしたいけどコメントで果たして届くかしら?
> <iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/OcciYApajUg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

これは開かなかったですが、目に浮かんでいます。
結構記憶に新しい作品です。
いつか再見したら、またお話させて頂きたいです☆

> ※「ジュリエットからの手紙」をmiriさんはお好きじゃないかもと返信したのは、
> たんに恋愛物ジャンルがお嫌いではと思っただけで他意はありませんよm(・ω・m)ソーリィ

いえいえ、全然怒っていないですよ~!お気になさらないで下さいね。
恋愛ジャンルは嫌いではないですが、あまり見る機会がなかったって感じでしょうか?

この作品は、楽天レンタルでもやっと少しは借りやすくなったので
(旧作扱い、でもまだ借りられている事が多いです)
いずれ遅くならないうちに・・・と思っています☆

「ある侯爵夫人の生涯」見ました。
コメントはさせて頂かなかったですが、しずくさんの記事は読ませて頂きました。
時代を考えさせられる作品でしたね~。
たしかにお衣装は素晴らしかったですね!

「釣りバカ3」録画してあります。
釣りバカはどれを見たのか見ていないのかわけが分からないです。
多分石田えりさんのは全部見ています。

しずくさんと同じように、夫としゃべりながら、家事しながら見てきました。
遅いなんてことないと思いますよ~。
どの作品から見ても楽しめる、良いシリーズモノですよね~☆
石田えりさんのは数作品なので貴重ですね。
浅田美代子に変わってからの方が、ファミリー向けです♪
♪すずき~けんせつう~♪

「逃亡者」数ヶ月前のオンエアで見ました。
昔・宣伝を見ていて、期待したのですが、なんともガックリでした。

元のテレビシリーズは見ていなくて知らないです。
私の頃は「じゃじゃ馬億万長者」とか「宇宙大作戦」「奥さまは魔女」などが
オンエアされていました。
しずくさんと同じように、外国ってすごいな~っていつも思いました。
今の日本もアジアなどの一部の国ではそう思われているのでしょうね~???

まとめて長々書いて申し訳ありませんでした☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -