FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-133)  モダン・タイムス  (殿堂入り)

  1. 2010/10/03(日) 23:00:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:8
先月「チャーリー」という映画を見て・・・

それで私、VHSなるモノの存在を、すっかりと忘れていて
先日引っ張り出してきました。

「モダン・タイムス」「ライムライト」「独裁者」「街の灯」「殺人狂時代」「ミューヨークの王様」
(他に9月末に鑑賞した去年DVDに保存した「伯爵夫人」今年DVDに保存して見ていない「街の灯」)

結構、沢山、持っているのですネ~!ビックリしました☆

結局、私は、ロバダウさんにやられてしまったのかもしれないし、
アッテンボローさんに「自分も再見せよ」と言われたのかもしれない・・・。

昔はベータで「キッド」とかも録っていたけど、今はもうありません。
しばらくの間、ゆっくりとかみしめて、チャーリーの世界を、
今の私なりに堪能したいなと思います。



*****************************



殿堂入り  Modern Times  (モダン・タイムス)  1936年・アメリカ




 
.


モダン・タイムス



2010年10月3日(日)
多分15~20年前に、アナログBS2(世界名画劇場)を録画したVHSを、鑑賞しました。

監督・主演 チャールズ・チャップリン
共演 ポーレット・ゴダード

感想の前に
VHSの存在を忘れていた私。
きっとアッテンボローに「自分で見よ」と言われたような気が・・・
ロバダウにやられたのかも?
デジタルテレビでも、本当にアナログのBSなのにその割りにとてもキレイに見られました。


感想
いや~もうラストは、号泣です!胸からものすごく熱いモノが、こみ上げてきました。
拍手もしたけど、スマイル、本当にそうね・・・。

この映画の一部分は鮮明に覚えていたんだけど、他の部分も、見ているうちに思い出して、
思春期の記憶はやっぱりすごいな~と思いました。

やっぱりポーレットが可愛い☆
あの喜ぶ時に、その場で飛び上がって、手をたたくところが、一番好き☆

チャーリーは、ティティナの歌の場面が好き☆ 
あれはハンナ(お母さん)の歌だよね~!
機械に巻き込まれるところ、もうちょっとゆっくりだったような気がしていたけど、
結構あっという間だった。

時代が違うし、初見ではないので、笑えない部分もあるけど、
それは、笑いの質が低いのではなくて、時代に合わないだけで、

この映画が訴える人間への愛や
温かい想いは、普遍的なものなので、胸を打ったのです☆

この映画を見ると、貧富の差が激しい!今の日本も少しずつこうなっているような気がする。
富んだ人はデパートで買い物するのにね、食べられない人が多い・・・。

あ~そうそう、この映画は基本的にはサイレントなんだけど、
ティティナの歌以外にも、少しだけ音が出ていて、
そのうちの大部分が「社長の命令の言葉」だという点が、皮肉と言うか、怖さを物語っていた。

機械との違い、人間は食べて生きるモノだという事、お腹がすいたら何でもやるという事、
おかみが縛らなくても生きてゆけるという事、
そして「スマイル」・・・二人で居られれば・・・

でも、これは昔は気付かなかったけど、一応、ポーレットは少女役で、
チャーリーと一緒に居ても男女ではないという事、それは人間愛を示す為なのよね~?



******************************



初見時と他の再見時の感想です。

モダン・タイムス(36・米) ・・・ 1-133(初見時)
モダン・タイムス(36・米) ・・・ 1-133(2回目)
モダン・タイムス(36・米) ・・・ 1-133(3回目)
モダン・タイムス(36・米)(殿堂入り) ・・・ 1-133 




<<2-785  モーターサイクル・ダイアリーズ | BLOG TOP | (1-277)  星空の用心棒  (2回目) >>

comment

こんにちは

  1. 2010/10/13(水) 10:23:25 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
この作品はまだ見てないんですよ~。
わたしも「チャーリー」以来、チャップリン映画が観たくてたまらないんですが、相変わらず日々のオンエアに追われて他のを観る余裕がありません・・・。
bs2でやってくれればいいのに!

「マープル3」の感想も読みました。「無実はさいなむ」の真犯人にはほんとゾッとしたし、「ゼロ時間へ」のマープルの行動にはギョっとしましたね。
時々マープルが分からなくなります。

あと、かなり前のことで申し訳ないんですが、拍手コメントありがとうございました。アリスシリーズの拍手イラスト3代目です。そのうち記事の方にまとめてアップしようか考え中・・・。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2010/10/13(水) 12:18:19 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この作品はまだ見てないんですよ~。
> わたしも「チャーリー」以来、チャップリン映画が観たくてたまらないんですが、相変わらず日々のオンエアに追われて他のを観る余裕がありません・・・。
> bs2でやってくれればいいのに!

本当にそうですよね~。
これらのVHSも、NHKのBSを録画したモノだから、
いずれオンエアはあると思うのですが、
今は昔より、いろんな監督さんを特集すると思うので、
チャップリンの順番がいつ回ってくるか???

> 「マープル3」の感想も読みました。「無実はさいなむ」の真犯人にはほんとゾッとしたし、「ゼロ時間へ」のマープルの行動にはギョっとしましたね。
> 時々マープルが分からなくなります。

読んで下さり、ありがとう~☆
船からあの背中を押して落とすって、なかなかできませんよね? まして上品な老婦人が!?

そう言えばアニメの方も再放送?しているみたいですね?
前にちょっとだけ見ていましたよ。
宵乃さんはチェック済みですか?(ポワロとマープル、とかいうタイトルでしたよね?)

> あと、かなり前のことで申し訳ないんですが、拍手コメントありがとうございました。アリスシリーズの拍手イラスト3代目です。そのうち記事の方にまとめてアップしようか考え中・・・。

いや~それは良かったです☆
あのイラスト、宵乃さんが描かれたと思い込んでいたけど、もしかして違うのか?と
かなり心配だったので・・・
あんなに「きゃわゆい」のですから、是非、是非、アップなさって下さいね~♪

こんにちは。

  1. 2010/10/13(水) 15:02:30 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
miriさんは、4回目以上のご鑑賞ですか。私も多分それぐらいと思います。
VHSテープも、段ボール函に詰め込んである中に、多分あるように思います。
miriさんのようなパワーを持たない私は、今のところそれを探し出す勇気を持ちませんが。(笑)
この映画は、一口に言えば、文明に対する皮肉でしょうか。確か、自動給食機も登場したと思いますが?。

>チャーリーは、ティティナの歌の場面が好き☆ 
あれはハンナ(お母さん)の歌だよね~!

ティティナの歌、ほんとうに、いいですね!。(と、キーインしながら、いま、歌を口ずさんでいます)
この歌は、この映画が名作に数えられる要因の一角を形成していますね。

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2010/10/13(水) 18:44:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> miriさんは、4回目以上のご鑑賞ですか。私も多分それぐらいと思います。
> VHSテープも、段ボール函に詰め込んである中に、多分あるように思います。
> miriさんのようなパワーを持たない私は、今のところそれを探し出す勇気を持ちませんが。(笑)

私のVHSは少ししかないので、全然パワーは必要ではなかったのですよ☆

> この映画は、一口に言えば、文明に対する皮肉でしょうか。確か、自動給食機も登場したと思いますが?。

えぇそうですね、文明に対する皮肉、だと思います。
人間は機械じゃないですものね。
自動給食機、ありました!口を拭くのまで付いていて!!! キモイです。

> ティティナの歌、ほんとうに、いいですね!。(と、キーインしながら、いま、歌を口ずさんでいます)
> この歌は、この映画が名作に数えられる要因の一角を形成していますね。

あの歌は、口ずさむというか、鼻歌というか、歌詞をつけたいくらいですけど
人それぞれ勝手に歌詞を、口から出まかせで、大きな声で歌って踊りたいですネ♪

あの歌がなければ、本当に寂しかったと思います。
本当に“名作の中に、名曲あり”ですね☆

  1. 2013/01/04(金) 20:49:43 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、こんばんは。

お正月にチャップリン特集をしていたので録画して観ました。

コミカルな動きだけでなく、
落ちそうなギリギリでローラースケートを駆け巡る鮮やかな動き!
初見だったので、すごく楽しかったです。

>そして「スマイル」・・・二人で居られれば・・・
本当にそうですね!
あの音楽にセリフはないけれど手と口の動きで「スマイル!」・・・って。
こちらの口角も自然とあがって、新年早々あったかい笑顔になれました♪

>チャーリーと一緒に居ても男女ではないという事、それは人間愛を示す為なのよね~?
同感です。
私も恋愛関係というよりはお互いに家族、
あたたかい家庭を求めていたように思いました。
いつか二人で理想の家を手に入れる日が来るといいなぁと思います。

マミイさん、こんばんは☆

  1. 2013/01/05(土) 19:20:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> お正月にチャップリン特集をしていたので録画して観ました。

全4作品、鑑賞されましたか~?
オンエアがあって本当に嬉しいです!

> コミカルな動きだけでなく、
> 落ちそうなギリギリでローラースケートを駆け巡る鮮やかな動き!
> 初見だったので、すごく楽しかったです。

そうですね~何をやっても上手なチャーリー・・・。
面白くて、楽しくて、あの場面はドキドキして、
1つの作品で、何倍も美味しいグリコのキャラメル以上です(笑)。

> >そして「スマイル」・・・二人で居られれば・・・
> 本当にそうですね!
> あの音楽にセリフはないけれど手と口の動きで「スマイル!」・・・って。
> こちらの口角も自然とあがって、新年早々あったかい笑顔になれました♪

ハイ、あのラストシーンは、スマイルって分かるようにサイレントにしてありますよね。
こっちも自然とニコッと出来ますよね~☆

> >チャーリーと一緒に居ても男女ではないという事、それは人間愛を示す為なのよね~?
> 同感です。
> 私も恋愛関係というよりはお互いに家族、
> あたたかい家庭を求めていたように思いました。
> いつか二人で理想の家を手に入れる日が来るといいなぁと思います。

昔(独身時代)は、その点が深く分からなかったけど、
この記事の時にはハッキリと分かりました。
少女役で良かったです!

後ほどマミイさんの記事にお邪魔させて頂きますね~☆

こんにちは!

  1. 2013/01/07(月) 17:12:03 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やっと記事アップしました。
全体的に面白い作品でしたが、いまいち時代がつかめなかったというか、ポーレットが逃げる意味を考えこみながら観てしまって入り込めなかったです。
チャーリーも雇い主への誠実さがなくて…。
でも、「ティティナ」の歌と踊りはホント素晴らしかったですよね。前から聞いたことがあって、この作品だったのかぁ~と嬉しくなりました。
ラストの笑顔で手をつないで歩き出すのも幸せな気持ちになれます。
またいつか再見したいです。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2013/01/07(月) 19:05:16 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> やっと記事アップしました。

記事だけでもお忙しいのに、ご訪問下さり、本当に嬉しいです!
ありがとう~。

> 全体的に面白い作品でしたが、いまいち時代がつかめなかったというか、

時代は現代(1936年)だと思います。
大恐慌の後(大恐慌の後半とも言える)ですが、もうちょっとで第2時大戦も始まるし
世界中が不安定で、景気が悪く、一般人が失業する時代だと思います。

> ポーレットが逃げる意味を考えこみながら観てしまって入り込めなかったです。
> チャーリーも雇い主への誠実さがなくて…。

あ~そうですね~どちらも言われて初めて気付きました!
多分、初見時に子供(高校生)だったので、そこまで考えず、
以降の再見もほぼ初見時と同じ気持ちになれる作品だからだと思います。。。

今の私が考えると、
やっぱり施設に入るのはイヤ、自由で居たいというだけの気持ちではないでしょうか?
小さい妹たちは食べられないから、施設(後に里子)しか道がなくても、
自分は何とかやってゆける(盗んでも騙しても殺し以外ならやる)から、と。

チャーリーは確かに不誠実ですね!
多分、雇用主の方が圧倒的な力を持っているから、
この映画には、それを糾弾する意味もあるのではないでしょうか?

あまりにも酷い労働条件、あまりにもひどい搾取、安い賃金、
働くとは、そういうことではないのではないか、という願いを感じます。

> でも、「ティティナ」の歌と踊りはホント素晴らしかったですよね。前から聞いたことがあって、この作品だったのかぁ~と嬉しくなりました。

ハイ、前に映画音楽のリンクさせていた時にも見て頂きました♪

> ラストの笑顔で手をつないで歩き出すのも幸せな気持ちになれます。

あのスマイルが好きです!
とことことこと、どこまでも歩いてゆけそうですよね~!

> またいつか再見したいです。

後ほどご訪問させて頂きますね~☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -