FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-688-1  あの夏、一番静かな海。  (旧gooブログの記事) 

  1. 2010/07/15(木) 22:30:00_
  2. 北野武
  3. _ comment:0
2010年7月16日の記事
タイトル 「北野武2勝2敗」



あの夏、一番静かな海。 1991年・日本

  ※カウント大間違い発覚!!!
   689なのに、669と書いてあるので、20番ずれている、信じられない!!!
   688-1とする (2011年9月)
   以降、20初見作品のナンバーが688-某となっています。



あの夏、








 
.


2010年7月15日(木)  チャンネルネコを録画して鑑賞しました。

監督 北野武
主演 真木蔵人(シゲル役・・・聾唖の青年)
    
感想
やや退屈 中の下?
全体に流れる優しい音楽はやはり久石譲か?
(やはりそう、エンドロールで確認)ピアノの優しい音楽、
これがなかったらこの映画はもっと退屈で途中で寝ただろう。
・・・って書いてたらシゲルが居ない?えー?事故?

何というとんでもない展開だろう???
エンドの所で泣かせるから急に良い映画になっちゃたよ~!
困ったなぁ~!(上の下)
特に上司が飲み屋で6位のトロフィー見て喜んでいるところ。
やはり映画は最後まで見なくては~!!!
もう20年近く前の映画だけど、心一緒だね~!揺すぶられるよ~!

この頃生まれた赤ちゃんが、今はもうサーフィンしているよね~!
名前の出る時音が消えて、言いたい事分かります。 やっぱり中の中かな?



**************



この作品で、聾唖の人に対して、どうこうとかは出来ないと思った。
この夏、一回の夏だからこそ、静かで美しかった。

サッカーの友人たちや、浜で知り合った子たち、ちょっと先輩の人、店の人、寺島進、
ゴミ屋さんの先輩、社長、彼女は大きな家の子、彼は一人暮らし、
聾唖の学校で知り合ったと思われるけど、
確かな心のつながりまでは、今ひとつ分からなかった。

武らしい、ロングで人の動きをおさめるところとかは良かったな?
ちょっとの間ケンカしていたのが、
こうなると惜しいし、ボードに二人の写真貼って何となく終わる・・・
この映画は迷いながら作ったのかもね~?
ターゲットが読めない、だけど、どんな人が見ても、否はない、中の中って感じでした。



**************



北野武の映画(鑑賞順)

座頭市
 上の下

HANAB-I
 上の上

ソナチネ
  下の下

あの夏、一番静かな海。  
  中の中

というわけで、いまのところ、2勝2敗です。





<<(1―211)  大いなる幻影  (2回目) | BLOG TOP | 2-687  黄金の腕>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -