FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


105・ベニスに死す

  1. 1976/06/20(日) 23:00:00_
  2. ルキノ・ヴィスコンテイ
  3. _ comment:2
ベニスに死す



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【人間ドラマ】 1971年・イタリア・フランス合作 

1976年6月20日(日) PM9:00~10:50 (高1)
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
主演 ダーク・ボガード

名監督だからみたくて
でも半分しか みれなかった それでもすばらしい監督だって わかったのヨ




 
.


感想 とっても美しい
    映像がホントに ベニスの街を
    そしてあの少年. その一家を 主人公の作曲家を.
    内容はホント 理解できないようなものだったけど
    美しかったなァ
    作曲家の脳裏をかすめる きたないこと.そして
    lastのホントのみっともない死にざま
    それも とても美化されてる
    内容はわかんんなくて それでも美しくって 音楽もすばらしかった
    それだけで ついこの間なくなった “ルキノ・ヴィスコンティ”という
    人、すばらしいってわかったのヨ



****************************



2009年2月:追記

この映画は結構覚えています。不思議な感覚でよく分からなかったから。
子供だったからね・・・でも、今は少しは分かる気がするけど、
やっぱり高齢男性でゲイの人でないと、本当の事は分からないんでしょうね・・・。

ずっと後になりますが、山猫を見ました。家族の肖像も。
ヴィスコンティは、生きているときは知らなかったのに、
ものすごい監督で、多分、他の人とは全然違うテイストで・・・
結構現代に通じるような気がします。
素晴らしい監督作品です。



****************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20977

原題:MORTE A VENEZIA





再見時等の感想はこちら

ベニスに死す(71・仏/伊)(2回目) ・・・ 1-105 
ベニスに死す(71・仏/伊)(殿堂入り) ・・・ 1-105 




<<106・荒野の用心棒 | BLOG TOP | 104・アデルの恋の物語り>>

comment

こんにちは

  1. 2009/09/18(金) 14:14:02 |
  2. URL |
  3. 宵乃からす
  4. [ 編集 ]
結構前に観たんですが、内容が内容だけにかなり印象に残ってます。
自分の変化に戸惑いつつも少年を目で追わずにはいられない様子が、まるで初恋のようで可愛く見えることもあったり、やっぱり気持ち悪く感じたり・・・。
でも、それ以上に印象に残ってるのは、少年が色目を使っているように見えること。
主人公から見るとそう見えているというだけなのかもしれないけれど、ちょっと怖かった・・・!

あと、ラストシーンがベニスの浜辺っていうのは、”死に場所は少年との出逢いの地がいい”と戻ってきたって事なんでしょうか?
コンサートが終わってすぐ場面転換で戸惑った記憶があります。

こんばんは、宵乃からすさん☆

  1. 2009/09/18(金) 20:09:45 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとうございます☆

> 結構前に観たんですが、内容が内容だけにかなり印象に残ってます。

結構前、と仰るわりには、すごく詳しく覚えていらっしゃいますね!
私は高1だったので、しかもテレビで半分では・・・お恥ずかしい限りです。

> 自分の変化に戸惑いつつも少年を目で追わずにはいられない様子が、まるで初恋のようで可愛く見えることもあったり、やっぱり気持ち悪く感じたり・・・。
> でも、それ以上に印象に残ってるのは、少年が色目を使っているように見えること。
> 主人公から見るとそう見えているというだけなのかもしれないけれど、ちょっと怖かった・・・!
> あと、ラストシーンがベニスの浜辺っていうのは、”死に場所は少年との出逢いの地がいい”と戻ってきたって事なんでしょうか?
> コンサートが終わってすぐ場面転換で戸惑った記憶があります。

コメントに書かれている全てのシーンが、今見たらどう受け取るのかな?と思いました。
私にとっては、この映画がヴィスコンティの初見なので、一度見直してみなくては・・・と思いました。

いつもありがとう~!また待っていますね♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30