FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-707  シンデレラマン

  1. 2010/08/10(火) 23:00:00_
  2. ロン・ハワード
  3. _ comment:8
CINDERELLA MAN  (シンデレラマン)  2005年・アメリカ



シンデレラマンBD




 
.


2010年8月10日(火)  BS2を録画したモノを鑑賞しました。

監督 ロン・ハワード
主演 ラッセル・クロウ (ジム・ブラッドック役) (本名ジェームス・J・ブラドック)

感想
この人は、すごい人ですわ・・・実話をベースにしているみたいだし、って、また調べたら違っているかもしれないけど・・・。

「ビューティフル・マインド」のラッセル・クロウさんに、「ミス・ポター」さんですね。
愛し合う夫婦の描写って、どの映画もワンパターンで
この映画もやたらと仲良いけど、ベアとの試合前に本音をぶつけ合えて、本当に良かった☆
(そして直前に、二人だけで、今度は励まし合う話が出来て、本当に良かった)

子供を本当に手放したくなくて、恥も外聞もなく、お金を公的機関で借りたり、
不足分を、絶対に行きたくないボクシング関係者の集まる場所に行って、頭を下げたり、あれは偉いと思ったよ。

大恐慌時に、
セントラルパークに、スラムがあったなんて、今まで全然知らなかった
こういう事は、教科書よりも、こんな年齢になっても「映画」が目で見せて教えてくれる。
そこで仕事仲間が殺されて(馬車にひかれた)奥さんが未亡人になる・・・その時がこの映画で一番辛いシーンだった。
誰も何もしてやれないし、いくら夫婦ケンカしていても、仲良かったから。

ベアの良くないところは、人を殺してしまった事から逃げている事・・・
だから「喪服が似合いそう」とか、試合中にまで「奥さん元気?」と聞く・・・それは自分から逃げている証拠。
試合後、そっと去ってゆくところを写していたけれども、あの背中の描写は、監督の描写は、本当に良かった。

ロン・ハワードの映画で、これが一番良かったかな?
「身代金」とオンエアがセットになっていたのは、同じ監督だったからだね、全然知らなかった。



末娘にボクシング教えて、殴られるシーン、とっても可愛かった☆
↓ このシーンです。いつものように「忘却エンドロール」の 宵乃さん の 描かれたイラストです。
  このシーンを本当によく捉えているイラストです。映画を見た人なら、必ず納得すると思います。




宵乃さんの記事へ飛びます




きっと3人とも、まっすぐ良く育ったと思うよ。
よくあの恐慌下、よく身体がもったよね・・・っていうか健康でなければ生きられなかったよね。

この世代は恐慌とWWⅡと両方あって、損な世代だったように思うけど、
最後まで波止場で働いたという字幕に超感激した。

あのコーチ?も偉いよね、夫婦でね、家財道具を売って、彼を復帰させるためにと、
あの夫婦もホントに凄いと思うわ。

ベアとの試合前に、奥さんが教会へお祈りに行ったら、町の皆・すごく大勢の人が、夫の為に祈ってくれている姿を目にして、
私も鳥肌が立ったよ・・・牧師さんも試合のラジオ聞いてパンチの真似しているし!

去年からいくつかボクシング映画見たけど、(傷だらけの栄光/ミリオンダラー・ベイビー/ロッキー)
全部“勝てそうにない人が、勝つ・または・それに匹敵する活躍をする”という感じだったけど、
試合の撮り方と言い、この映画が一番良かったと思う

長い期間の話を、家族愛も含めて、あちこちいろんなエピソード混ぜて作ったから、長い映画にもなったけど、
試合やその前後や、いろんな場面を上手に切らないと3時間になっていたから、本当にこの作品は、監督の勝利☆

本当に良い映画だった。

追伸:ラッセル・クロウって、特に美男子でもないけど
どんな役柄もできる素晴らしい俳優ね、私生活はサイテーみたいだけど、まあいいわ。
ミス・ポターも、美人ではないけど、上手だし、
何というか温かい人柄が、どんな役をしても彼女の中から伝わってくる・・・。「プロポーズ」も面白かった☆





<<2-708  勝手にしやがれ | BLOG TOP | 2-706  欠番>>

comment

こんにちは

  1. 2010/08/21(土) 10:31:57 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
素晴らしい記事ですね!
わたしが書ききれなかった分もぜんぶmiriさんが言葉にしてくれた感じがして(そして新しく気付かされることもあって)すっきりしました。
ほんとうに何度も何度も感動が押し寄せてきて、この時代を生きた主人公や彼を取り巻く人々の魂を、わたしたちに伝えてくれる作品だと思います。

ベアが自分から逃げているというのは、なるほどなと思いました。今度再放送があったら、そこらへんも踏まえてみてみますね。
ロン・ハワードの作品では、わたしもこれが一番です。

あと、イラスト載せていただきありがとうございました。これからも印象的なシーンを描けるよう頑張りま~す!

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2010/08/21(土) 15:02:39 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントとトラックバック×3を、ありがとう~☆

> 素晴らしい記事ですね!
> わたしが書ききれなかった分もぜんぶmiriさんが言葉にしてくれた感じがして(そして新しく気付かされることもあって)すっきりしました。

きゃー! 宵乃さんにそんな風に言ってもらえて、本当に嬉しいです☆
ありがとう~☆☆☆

> ほんとうに何度も何度も感動が押し寄せてきて、この時代を生きた主人公や彼を取り巻く人々の魂を、わたしたちに伝えてくれる作品だと思います。

監督がロン・ハワードって言うから「ふーん」という感じで見ていたのですが
段々正座して見たくなって、最後らへんはハンカチなしでは見られませんでしたよね~!
全部、宵乃さんの仰るとおりです!

> ベアが自分から逃げているというのは、なるほどなと思いました。今度再放送があったら、そこらへんも踏まえてみてみますね。

イヤ~お恥ずかしい☆
史実が違っていて良かったのですが、どうしてもあぁいうヒトを見ると
怒りよりも「かわいそう」と思うのです、自分から逃げるって、一番かわいそうな事だもの。

> ロン・ハワードの作品では、わたしもこれが一番です。

ですよね~♪

> あと、イラスト載せていただきありがとうございました。これからも印象的なシーンを描けるよう頑張りま~す!

いえいえ本当にいつも有難うございます☆
まだ見ていなかった頃はどういう場面か今ひとつ「?」だったのですが、
(春に見られなかったので文章は読まずに、イラストだけ見せてもらっていたので)
鑑賞時に、あの場面になり、宵乃さんのイラストと場面が、本当に重なって見えたのですよ!!!

あぁいう体験は、初めてで、今回のゴッドファーザーで2回目でした。
ゴッドファーザーの方は有名な場面だし、再見だから分かって当たり前かもしれないけど、
このシンデレラマンは、本当に素晴らしい経験をさせてもらいました♪
本当にありがとう。

  1. 2010/08/21(土) 15:53:04 |
  2. URL |
  3. 虫@貯蓄
  4. [ 編集 ]
解かりやすく書かれていて、
とても映画に興味をひかれる記事です(*ノ∀ノ)

このイラストのシーンが映画にあるのかと思うと余計にどういう映画なのか見たくなりますね(ノ´∀`*)

虫も機会があればぜひこの作品を見てみようと思いました( ´∀`)bグッ!

虫さん、こんばんは☆

  1. 2010/08/21(土) 22:10:25 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
ご訪問とコメントを有難うございました☆
また、記録の記事へのリンクのご了承をありがとう~!早速、そうさせてもらいました。

> 解かりやすく書かれていて、
> とても映画に興味をひかれる記事です(*ノ∀ノ)

この映画の記事ですが、単なる感想文なので、そんな風に言ってもらって嬉しいです☆

> このイラストのシーンが映画にあるのかと思うと余計にどういう映画なのか見たくなりますね(ノ´∀`*)

イラストが素敵なので、記事が華やかになります。
有難い事です♪

> 虫も機会があればぜひこの作品を見てみようと思いました( ´∀`)bグッ!

是非機会があればご覧になって下さいね!
BS2でいつか再放送されますよ~!気長にお待ちくださいね☆

では、記録の記事、皆さまのレビューや感想を是非お読みになって下さいね~!!!

  1. 2010/08/22(日) 12:13:13 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
miriさん初めまして、初コメントです。

映画が見たくなってしまう、素敵な記事ですね!
miriさんは色んなジャンルの映画をご覧で、スゴイですね。ヘ(^o^)/
世界恐慌の時代は今の私たちに伝えてくれるモノがあるはずですので、是非一度、見てみたいと思いましたよ。

かえるままのブログにコメント、ありがとうございます!
これからも、ちょくちょく、見させていただきますね!ヘ(^o^)/

かえるままさん、こんばんは☆

  1. 2010/08/22(日) 20:36:31 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらへのご訪問とコメントを有難うございました☆

> 映画が見たくなってしまう、素敵な記事ですね!

有難うございます☆ そんな風に言って頂けて嬉しいです♪

> miriさんは色んなジャンルの映画をご覧で、スゴイですね。ヘ(^o^)/

スゴイのは、私の年齢です!お母さんと近いのではないでしょうか???
誰でも長年生きていれば、色んなジャンルの作品を見られますから、
かえるままさんも、いつかお子さまがたの手が離れたら、
その時は、たっくさーん、ご覧くださいね~☆

> 世界恐慌の時代は今の私たちに伝えてくれるモノがあるはずですので、是非一度、見てみたいと思いましたよ。

是非、機会があったらご覧くださいね、本当に良い作品ですので。

> かえるままのブログにコメント、ありがとうございます!
> これからも、ちょくちょく、見させていただきますね!ヘ(^o^)/

こちらこそ、今日は本当に有難う~。
これからも仲良くして下さいね~!

今週も暑そうなので、お子さま方はじめ、皆さまご自愛下さいね~♪

  1. 2013/04/13(土) 15:28:40 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
take51さんのところでレニーのお話をしているときに
miriさん達が本作をオススメしていたので私も観てみました。

>子供を本当に手放したくなくて、恥も外聞もなく、お金を公的機関で借りたり、
>不足分を、絶対に行きたくないボクシング関係者の集まる場所に行って、頭を下げたり、あれは偉いと思ったよ。
家族のことを大事にしているのがよくわかりました。
そして意地でも預けない!ではなく、子供の健康の為には
心を鬼にして一時的に預けることができるのも
やっぱり子供を愛してるからできる事だと思いました。
イラストのシーンもとてもよかったですよね!

>あのコーチ?も偉いよね、夫婦でね、家財道具を売って、彼を復帰させるためにと、
>あの夫婦もホントに凄いと思うわ。
最初は自分は傷つかない位置にいてちょっと嫌なヤツとか思っていたのですが、
あのアパートを見てから印象がガラッと変わりました。
いい人でしたよね。

レニー・ゼルウィガーがますます好きになりました。

マミイさん、こんばんは☆

  1. 2013/04/13(土) 18:57:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> take51さんのところでレニーのお話をしているときに
> miriさん達が本作をオススメしていたので私も観てみました。

それはそれは~!

> 家族のことを大事にしているのがよくわかりました。
> そして意地でも預けない!ではなく、子供の健康の為には
> 心を鬼にして一時的に預けることができるのも
> やっぱり子供を愛してるからできる事だと思いました。
> イラストのシーンもとてもよかったですよね!

ハイ、仰るとおりですよね~♪

> 最初は自分は傷つかない位置にいてちょっと嫌なヤツとか思っていたのですが、
> あのアパートを見てから印象がガラッと変わりました。
> いい人でしたよね。

あぁいう立場のヒトって、育てることに異常な喜びを感じるのでしょうね~!
おかねや目に見えるモノではなく、彼の成長が欲しいのでしょうね~!

> レニー・ゼルウィガーがますます好きになりました。

この記事ではレニーさんをまだよく知らなくて
控え目に書いていますが、
今の私的にはもう絶対にミス・ポターとは思えず、
腰振りロキシーにな(りさが)ってしまいました(大爆)

お好きなんですね~?
take51さんとお話があいますよね~?
私も嫌いではないです☆
これからも いろんな俳優さんのお話ししたいですね~!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31