FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


479・メイン・テーマ 1984、角川

  1. 1985/10/02(水) 23:00:00_
  2. 森田芳光
  3. _ comment:2
メイン・テーマ



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年10月2日(木)21:02~22:50 (20歳~)
監督 森田芳光
 薬師丸ひろ子、野村宏伸、桃井かおり、財津和夫

片岡義男 原作って 知ってたし お金払うなら 見たくないけど
TVだし こういう機会に 見ておこうと 思ったの




 
.


感想
全く 疲れる 映画だ 途中で やめようかと 思ったくらい
でも“小笠原しぶき 20才 誕生日おめでとう”の まくの 出る シーン
はと と 紙ふぶき と フーセン と その シーンを 見た時
むくわれた と 思った 

薬師丸ひろ子も このあとが Wの悲劇 だと 思うと
やっぱ 私が 見たいと 思ったのも 正解だったと 思うんだ
探偵物語は 軽いタッチで 仕上がってても DIRECTORの 勝利だし
この作品は 軽いのに 疲れるんだ

森田芳光って 聞いたこと あるよ キャスティング うまいと
思う(太田裕美、戸川純、財津さん、桃井かおり など)し
いろいろ バックに 流す絵とか 時間差の さつえいとか
でも、くどいんだ、くどすぎて 疲れるんだ
だから、好きになれないの
いかにも「オレは こーゆー 才能が あるんだ」と 言いたげで

内容は いかにも 片岡義男だね 海の出会い、再会
女の子のタイプ 男の子のタイプ やんなっちゃった
あまり 好きくない 私は「今ふう」じゃないものねぇ

で そんしたよな 気も するけど
ちょっと じんとした 御前崎さんと かよこが 再会するとこ
まっすぐ 相手の胸に とびこんで 抱いて つよく はなれないとこ
御前崎氏の 皆(かかるちゃん、しぶき、ワイフ、かよこ)に
対する やさしさが かっこ よすぎるけど いいねぇ
そして ラストの あの すてきな 外国風ホテルの シーン よかった
不思議少年と ほほそめて 彼に ついてく 女の子と、

でも、カントクが ハナに ついた分で 60点台かなぁ?

マジック すてき だった



*********************** 



2010年8月:追記

この映画は、先日「チャンネルネコ」でオンエアしていて、チラっと見ましたが
再見する気にはならず、やめました。
(この映画に限らず、今、角川三人娘やっているのです)

歌が上手とは言えない彼女ですが、
数ある主題歌の中で、私はこの映画の主題歌が一番好きかな?
♪メイン・テーマ♪ → こちら

♪笑っちゃう涙の 止め方も知らない 20年も生きて きたのにね~♪ という部分が
今もいつまでも耳に残り、30年生きても、40年生きても、同じだなって思ったりします。

(この歌詞は松本隆の中でも最高傑作ですネ!
 記事を書いてから、頭の中で♪時は忍び足で・・・♪ばっかりぐるぐる廻って、困っています~!)

片岡義男の本は、数冊読んだけど、全部忘れました。好きくない。
森田芳光は、この映画で「良くない出会い」をしたけど、
後に、別の映画を見て、好きな監督になりました。



***********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=149080



再見時感想はこちら  →  メイン・テーマ(84・日)(2回目) ・・・ 1-479 






<<480・細雪 1983、東宝 | BLOG TOP | 478・探偵物語 1983、角川>>

comment

お言葉に甘えて

  1. 2010/08/09(月) 23:46:12 |
  2. URL |
  3. tonbori
  4. [ 編集 ]
こちらにもコメントを(^^;
といってもこちらもまた印象薄いのですが、
野村宏伸くんのデビュー作だったと記憶しております?
あと財津さんの役名が御前崎さんでしたよね。
何故かその名前だけ強烈に刻み込まれてます(笑)

Re: お言葉に甘えて

  1. 2010/08/10(火) 08:39:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらも有難うございます☆

> といってもこちらもまた印象薄いのですが、

大した映画ではなかったですよね。

> 野村宏伸くんのデビュー作だったと記憶しております?

受けて落ちた人が、今の俳優さんでいっぱいいるらしいですネ。
津田寛治さんとか・・・あと数人聞いたけど忘れました。
当時は「薬師丸の相手役オーディション」と言ったら、俳優志望の男の子は皆飛びついたでしょうね!

> あと財津さんの役名が御前崎さんでしたよね。
> 何故かその名前だけ強烈に刻み込まれてます(笑)

強烈ね~!
モテモテの役柄でしたよね?
たしか桃井かおりの相手役という事で、初めての演技だったと思います。

そう言えば戸川純って今どうしているのかなぁ?・・・と調べたら同学年だった!
戸川京子さんは惜しかったですよね、芸能人って多いですよね・・・。
今日の記事の伊丹十三もそうだったし・・・。

あぁ朝から暗くなってゴメンなさい!
では、またいつでもいらして下さいね~!(今日の記事の映画は、ご覧になっていませんよね?)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -