FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


476・二代目はクリスチャン 1985、角川

  1. 1985/09/29(日) 21:00:00_
  2. 井筒和幸
  3. _ comment:4
二代目はクリスチャン ブルーレイ



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1985年9月29日(日) 隣県○○劇場にて(2本立て) (20歳~)

監督 井筒和幸
 志穂美悦子

TVでの せんでんに ひかれた人も 多いのでは ないだろうかと 思う
つかこうへい だし (私は今ひとつだけど)




 
.


感想
役者が皆うまかったなぁ
舞台が よかったよ 神戸だもん(坂の多いまちねぇ) 
教会だってカトリックの方が
よく似合う シスターの志穂美悦子 本当に 純な26才
をよく演じてた

岩城こう一は かっこいいね あんな かっこいい人 なかなか いない
と思うなぁ それに だいこん じゃないしね お決まりの 身代りに
さされるシーン なんとなく わかっちゃうんだけど 刺す かたせりの
も うまいし (ただの モデルだったのに 成長したねぇ) 何てったって
結婚式の 直後だもの ドラマティック つかさんだなぁ って
思った 死ぬのは ホント…つらい
北大路きんやは あーゆー役 多いけどさ かっこいいんだもん
しかたないね
柄木明は 役得だと 思うよ 結局 ラストまで 死なず
出ずっぱりぽくて シスターを 得られなかったのは 残念だけど

ホテルでの シーン おもしろかった ディナーと まちがいと
ファーストシーンも よかったよ 故パウロ天竜 なんとか なんて
うそじゃない ヤクザだって クリスチャンに なれるよ 心から
蟹江敬三他 皆 うまかったし、犬死に みえる死も
イエスさまに つながっていく

ラストに ひっぱってく あの後半 30分程
もしかして 監督は 東映出身か?と 思う
罪ない子供に 薬うつ オバンは 許せんよ
シスターが 急に 変わるのではなく 1つずつ 事実 うけとめて  
「お父さん」と いうとこ いいね

でも 本当の ラストは 何だ?と ちょっと思った 真夏のビーチ
子供らが 元気で よかったけど



***********************************



2010年8月:追記

この映画は、なんとなく覚えているシーンもあるし、話の流れは覚えています。
井筒和幸監督は、今はコメンテーターだけど、
「ゲロッパ」「パッチギ」の前は、これしかほとんど知らなくて、井筒=この作品、でした。

志穂美悦子、って若い人は知らないと思うけど、長淵剛の奥さんです。
あのような男性と長い間一緒に居られる、この人はすごい人だと思います。

演技は、色々と見たけど、この作品が一番良かったし
(元々は、堤や真田と同じ、ジャパン・アクション・クラブ出身です)
この作品を最後に引退したんじゃないかな?
結婚の話を聞いた時は「ぎょえーっ!?」と、ひっくり返りました。

機会があれば、再見したいと思います。



***********************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=149548



再見時感想はこちら  →  二代目はクリスチャン(85・日)(2回目) ・・・ 1-476 




<<477・早春物語 1985、角川 | BLOG TOP | 475・刑事物語 1982、キネ旬社 >>

comment

懐かしいです。

  1. 2010/08/08(日) 09:05:18 |
  2. URL |
  3. tonbori
  4. [ 編集 ]
自分はけっこう好きです。
「二代目はクリスチャン」、井筒作品らしい部分とつかさんのけれんみたいなものが上手く合わさっていた作品だったなあと。
役者さんたちもいい人が多かったですしね。
竜助はちょっと残念な事になっちゃいましたけど。
また観たくなりました。

tonboriさん、おはようございます☆

  1. 2010/08/08(日) 09:40:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 自分はけっこう好きです。
> 「二代目はクリスチャン」、井筒作品らしい部分とつかさんのけれんみたいなものが上手く合わさっていた作品だったなあと。

これも劇場でご覧になったのでしょうか?
井筒監督をそれ以前にご存知でしたの?私は「はじめまして」だったと思います。

> 役者さんたちもいい人が多かったですしね。
> 竜助はちょっと残念な事になっちゃいましたけど。
> また観たくなりました。

そうですね、この作品は機会があれば再見したい作品です。
感想文を読むと今はもう大御所のような人々が、チョイ役等で出ているみたいだから確認したいし、
かたせ莉乃、なんかはモデル上がりの時期でしたものね・・・
でもやっぱり何といっても主演の彼女に再会したいです☆

毎日暑いので、どうぞお気をつけくださいネ~♪

劇場で観ました。

  1. 2010/08/08(日) 22:23:17 |
  2. URL |
  3. tonbori
  4. [ 編集 ]
あの頃は結構角川映画大流行で結構観てました。
井筒さんは関西では「ガキ帝国」っていう映画でインディペンデントの雄みたいな感じだったので、
まさか角川みたいなメジャーと組むとはって思いましたが、
角川(春樹さん)も既存メジャーへの対抗として出てきた映画制作者だったのもあったのかもしれません。

tonboriさん、こんにちは☆

  1. 2010/08/09(月) 10:49:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを沢山、ありがとう~!

> あの頃は結構角川映画大流行で結構観てました。

そうですね「犬神家の一族」から年数を経るごとに、そして3人娘の登場と共に、
消費者から見ると、最初は「本屋さんが映画作っている」って感じだったのですが、
だんだん段々「すごい映画会社」にかわってゆきましたよね~!

> 井筒さんは関西では「ガキ帝国」っていう映画でインディペンデントの雄みたいな感じだったので、
> まさか角川みたいなメジャーと組むとはって思いましたが、
> 角川(春樹さん)も既存メジャーへの対抗として出てきた映画制作者だったのもあったのかもしれません。

井筒監督って今言いたい放題みたいにコメンテーターしているけど、
一時期に比べると、おとなしくなりましたよね。

角川ってメジャー?・・・まぁそうですね、大きな資本ですから・・・
でも、さっき書いたように、私なんかは「本屋のくせに」と思っていたので
色々な監督さん使って、段々会社ごと成長してきたって感じですよね!?
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -