FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-688-12  花咲ける騎士道

  1. 2010/07/23(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:5
fanfan la tulipe  (花咲ける騎士道)  2003年・フランス



花咲ける騎士道




 
.


2010年7月23日(金)  BSハイビジョンを録画して鑑賞しました。

監督 ジェラール・クラヴジック
主演 ヴァンサン・ペレーズ(ファンファン役)
    ぺネロぺ・クルス(アドリーヌ役)

感想
素敵なフランス映画だった。

タイトルを聞いただけで、ジェラール・フィリップのリメイクだろうと思ったし、
「夜の騎士道」は見たけど、こっちは見ていないと思うけど、
始まってすぐに、メッチャ強くて、女性を大切に?するイイ男が出てきたから、間違いないと確信したわ。

でも中途半端なイケメンで、まあイケメンではないという事でもないけど、私にはちょっと「?」こんな感じ?
ヒロインがぺネロぺね~。何ヶ国語喋れるんか知らないけど、ちょっとキツイ感じ?

フランス語が沢山聞けて嬉しかった☆
フランス映画で良いわ~!と思っていたら、ベッソンが脚本に加わっていた。
そうか~!だからあのスピード感か~!って感じ?
今のフランス映画は、彼しかいないのか???

ファンファン、という名前だけでも、胸キュンするよね~!
早く亡くなって惜しいけど、もし長生きしていたら、このフランス映画の現状に泣けたと思うよ・・・。

しかし、主人公、あの程度の顔でこの映画という事は、
一応今のフランスの俳優で一番の美男子??? アホか~!

全体的に美しい画像、兵隊なりに、百姓なりに、そしてこの当時の風景をよく探せたと思ったり、
お城とかもヨーロッパではまだ探せるのかな?と感心したりした。牢の雰囲気も良かった。

この映画も、ハリウッドでは作られることのない、素敵な雰囲気の良い映画だと思ったけれども、
もとの映画を是非見たいと思った。




<<2-688-13  クーガー荒野に帰る | BLOG TOP | 2-688-11  さらば友よ>>

comment

同じく!

  1. 2010/07/30(金) 09:21:54 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
ジェラール・フィリップ版がみたいです。
リメイク版は軽快でみやすかったですね。

しかしmiriさん、ジェラール・フィリップと比べちゃかわいそうですよ。
私はジェラール・フィリップ以外のフランスの男前が思い浮かびません。
(ジェラール・ドパルデューも好きですが、男前とはほど遠いし・・・。)

Re: 同じく!

  1. 2010/07/30(金) 10:28:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
マミイさん、こんにちは☆

コメントを有難うございます♪
いや~!ご同輩って感じですネ~!

> ジェラール・フィリップ版がみたいです。
> リメイク版は軽快でみやすかったですね。

軽くて見やすかった、というのは強く同感いたします。
彼は今年「没後50年」なのです。
生まれる前に死んでいるけど、高校生の時に見てしまったから、
やっぱり一番かなぁ?って思っています☆

> しかしmiriさん、ジェラール・フィリップと比べちゃかわいそうですよ。
> 私はジェラール・フィリップ以外のフランスの男前が思い浮かびません。
> (ジェラール・ドパルデューも好きですが、男前とはほど遠いし・・・。)

男前、っていうヒトは、なかなか、いませんよね~。
かわいそうだったかな~!ゴメンチャイ☆

昔はアラン・ドロンがイイ男って言われていました。(私は好きではなかった)
タイプは違うけど、ジャン=ルイ・トランティニアン、は、素敵でしたよ☆

今はフランス人ではないけど、一般的にはジョニデの時代かな???
これからも良い男を探してまいりましょう~♪

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/07/30(金) 15:26:02 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

  1. 2010/07/30(金) 20:42:36 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
「花咲ける騎士道」リメイク版は、私もオンエアで観ましたが、特に書く事柄が無くて、レビューを止めました。
オリジナル版も、「夜の騎士道」も観ているのですが、何故かレビューしていませんでした。
当時、疲れていたとか、うっかりしていて感想文を書かなかったとか、だと思いますが、ほかにもこのような作品が多々あります。
miriさんは、本当に几帳面でいらっしゃいますが、私は一見几帳面に見えていて、結構いい加減な一面があるからだと思います。

>フランス語が沢山聞けて嬉しかった☆

私がフランス語に興味を持ったのは、1956年2月13日.SY京映という映画館で、マルセル・カルネ監督の「われら巴里ツ子」を観て、その会話に興味を引かれた時でした。
恥ずかしながら、白水社の本「涙なしのフランス語」等を、ちょっぴり囓りました。
でも今覚えているのは極く僅かの簡単な単文だけです。

>フランス映画で良いわ~!と思っていたら、ベッソンが脚本に加わっていた。

リュック・ベッソンが監督した「レオン」は印象深いです。
また、彼が製作に加わった「HOME 空から見た地球」は素晴らしいです。

>ファンファン、という名前だけでも、胸キュンするよね~!
早く亡くなって惜しいけど、もし長生きしていたら、
このフランス映画の現状に泣けたと思うよ・・・。

私もそう思います。ジェラール・フィリップ。1950年代のスターでしたね。
「肉体の悪魔」で、最初と最後に登場するレストランでのデート・シーン。「コルクの匂いがする」台詞が粋でした。
「夜ごとの美女」では、貧しい音楽家でしたが、潜在意識にある願望が夢で実現するのが面白かったです。
「愛人ジュリエット」も、彼が牢獄で見る夢の世界と、現実の世界がシンクロナイズする、凄いマルセル・カルネ監督の演出でした。
「しのび逢い」では、何という女誑しなんだろう!ジェラール・フィリップが演じるアンドレという色男は。と思いました。(笑)
「モンパルナスの灯」で演じた画家モディリアニが、ジェラール・フィリップを観た最後の作品だったと思います。

追伸。
「パリ、テキサス」など、私が未見の作品をレビューされていますが、観賞し、レビュー後に読ませて頂きます。

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2010/07/31(土) 11:18:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございました~☆

> 「花咲ける騎士道」リメイク版は、私もオンエアで観ましたが、特に書く事柄が無くて、レビューを止めました。
> オリジナル版も、「夜の騎士道」も観ているのですが、何故かレビューしていませんでした。

いやたしかに、このリメイク版は、感想やレビューを書くほどの作品でもなかったですからね~!
夜の騎士道は、私もメッチャひどい感想書いています。

> 当時、疲れていたとか、うっかりしていて感想文を書かなかったとか、だと思いますが、ほかにもこのような作品が多々あります。
> miriさんは、本当に几帳面でいらっしゃいますが、私は一見几帳面に見えていて、結構いい加減な一面があるからだと思います。

いえいえ、私もそうなんですよ~!
昔の方が書くしかなかったから(今はとりあえず携帯にメモるとか出来ますけど)
昔の方がチャンとしていたような気がします、それはどんな事でもそうなのかもしれません・・・。

> 私がフランス語に興味を持ったのは、1956年2月13日.SY京映という映画館で、マルセル・カルネ監督の「われら巴里ツ子」を観て、その会話に興味を引かれた時でした。
> 恥ずかしながら、白水社の本「涙なしのフランス語」等を、ちょっぴり囓りました。
> でも今覚えているのは極く僅かの簡単な単文だけです。

おぉ~!すごい! アスカパパさん、すっごい!!!
私は聞くばっかりで、自分でしゃべってみようだなんて思いもしませんでした・・・。

> リュック・ベッソンが監督した「レオン」は印象深いです。
> また、彼が製作に加わった「HOME 空から見た地球」は素晴らしいです。

レオン、は、見た事は見たのですが、ちゃんと再見したいと思います。
空から見た地球、は未見ですので、鑑賞したいです☆

> 私もそう思います。ジェラール・フィリップ。1950年代のスターでしたね。
> 「肉体の悪魔」で、最初と最後に登場するレストランでのデート・シーン。「コルクの匂いがする」台詞が粋でした。
> 「夜ごとの美女」では、貧しい音楽家でしたが、潜在意識にある願望が夢で実現するのが面白かったです。
> 「愛人ジュリエット」も、彼が牢獄で見る夢の世界と、現実の世界がシンクロナイズする、凄いマルセル・カルネ監督の演出でした。
> 「しのび逢い」では、何という女誑しなんだろう!ジェラール・フィリップが演じるアンドレという色男は。と思いました。(笑)
> 「モンパルナスの灯」で演じた画家モディリアニが、ジェラール・フィリップを観た最後の作品だったと思います。

美男子ですよね・・・まぁ早く亡くなったからこそ、という事もあるかもしれませんね。
沢山ご覧になっていて、羨ましいです☆
私も数本見ていますが、彼はあるきまった扱いをされがちな俳優ですよね・・・
(BBとかモンローとかそういう人って結構いますよね)

でも、だからこそ、モンパルナスの灯、なんかは良かったと思います。

> 追伸。
> 「パリ、テキサス」など、私が未見の作品をレビューされていますが、観賞し、レビュー後に読ませて頂きます。

ハイ、ゆっくりとお待ちしていま~す。
では、今日も宜しくお願いします♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31