FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


102・七人の侍

  1. 1976/06/02(水) 23:00:00_
  2. 黒澤明
  3. _ comment:14
七人の侍BD



初見:1976年6月2日(水)・9日(水)前後編オンエアでした。




 
.


映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【時代劇】 前編 1954年・日本

1976年6月2日(水) PM9:00~10:50 (高1)
監督 黒澤 明
主演 七人の侍

ホントの“映画”を見たようだった

感想 あの時代の人々の しいたげられた人々の
   生活を 少しは歴史に学んできたと思うのに
   私はいったい何1つ 知らなかったではないか
   歴史の勉強になったのです
   そして 人の心の あったかさも
   人の心の冷たさを 人の心の何もかも
   みせつけられて いるようだったのです
   “ホントの映画 ”というより 他に ことばがでてこない
   ストーリーもよくって 後編がとってもみたい!



【時代劇】 後編 1954年・日本

6月9日(水) PM9:00~10:50
監督 黒澤 明
主演 七人の男の人

感想 すごかったァ 戦いの場面が とても
   何もかも ヌキにして とにかく・・・すごかったの
   あんな場面 ウエスタンでもみたことないのです
   ホント・・・そして その戦いの中での
   人々の団結 生命のとおとさ 恋
   いろんなこと 感動しました
   7人のうち 4人も亡くなって また村人も・・・
   悲しいのです 人が死ぬのは とても
   あんな時になると 人間とは どんなことでも できるんだナ
   って心から 感じました
   すごい感動の前に あの場面の 1つ1つを思い
   出します・・・



*************************



2009年2月:追記

出ましたァ!!! クロサワ! 世界のクロサワ!
先日、NHKのBSで、黒澤明の映画ベスト5と言うのをオンエアしていましたね。
やっぱりこの、七人の侍、は、素晴らしいよね!
荒野の七人もこの映画を見て作ったとか、ウエスタンの見本だよね~~!

すごいインパクトだった!あの白黒の雨の戦いの場面!
すごく覚えています!



*************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=87913



再見時感想はこちら  →  七人の侍(54・日)(2回目) ・・・ 1-102




<<103・カッコーの巣の上で | BLOG TOP | 101・わが命つきるとも>>

comment

  1. 2009/02/25(水) 22:57:55 |
  2. URL |
  3. 茶栗鼠
  4. [ 編集 ]
こんばんわぁ、はじめまして。
いやぁ、世界の黒沢なだけあって、最高の映画でしたねぇ^^
56年の映画だったとは思えないです。

はじめまして、茶栗鼠さん

  1. 2009/02/26(木) 13:11:20 |
  2. URL |
  3. saisennseisuki
  4. [ 編集 ]
こんにちは、コメントをありがとう~☆
本当に素晴らしい映画でした。随分昔に見たきりなので、またDVDでも見たいと思っています。
茶栗鼠さんは、BSで見たのですか?
また良かったら、読みに来てくださいね☆

こんにちは

  1. 2009/09/24(木) 10:20:20 |
  2. URL |
  3. 宵乃からす
  4. [ 編集 ]
これを観た時、すごく興奮しました。
こんなに面白い時代劇があったなんて!!
ぜんぜん古さを感じない、大迫力の作品でした。
人間ドラマもアクションも一級品だなんて、贅沢すぎますよね。

こんばんは☆

  1. 2009/09/24(木) 19:16:19 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~☆

> これを観た時、すごく興奮しました。
> こんなに面白い時代劇があったなんて!!
> ぜんぜん古さを感じない、大迫力の作品でした。
> 人間ドラマもアクションも一級品だなんて、贅沢すぎますよね。

ホントにおっしゃる通りで!
私は黒澤作品はあまりたくさんは見ていませんが、
初めて見たのが、この作品で、もう、すごい印象です☆ (一番好きです)

雨のシーンが、とにかく凄かった!
その他、全てにおいて素晴らしかったですネ!

この飯、おろそかには喰わぬぞ

  1. 2013/01/07(月) 23:43:00 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは

「解ってねえのは、オメエ達だよ!」人足A(多々良純)が叫んでる時の目が良かったです、どうする事も出来ない怒りと哀しみが出ていました。
(今回、東野英治郎は横顔に一瞬面影を感じたけど、多々良純だけは何度観ても、後の多々良純のイメージと一致しません~笑)

台詞の有った役者さんで、今、存命なのは土屋嘉男さん(利吉)と千石規子さん(豪農の嫁)くらいでしょうか。

黒澤監督の作品は強くて偉そうなのが大概主役ですからね。
「心を強くして生きろ」って強制されてると感じる人も居ますし、
両極端で中間がないって人も居ます。
(僕は、人間の中にある「強さと弱さの相克」をドラマにしている、と捉えています~まあ、黒澤監督、適度ってのが嫌いな性分ですけど(笑))

  1. 2013/01/08(火) 10:19:40 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>浮浪者のような人達がかんべえさんに言った言葉が一番胸に残っています。

彼らを何と呼べばいいのか分からず感想に書けませんでしたが、わたしもここ感動しました!
彼らがいなかったらどうなってたか分からないですよね。この作品にはホント無駄なところがなくて、わずかな出番でもみんな輝いていると思ってたけど、”人にはそれぞれ役割がある”という言葉でストンと納得できました。この作品の中に、一体どれだけのものを詰め込んだんだろう!
今回もご参加ありがとうございました♪

Re: この飯、おろそかには喰わぬぞ

  1. 2013/01/08(火) 18:48:24 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 「解ってねえのは、オメエ達だよ!」人足A(多々良純)が叫んでる時の目が良かったです、どうする事も出来ない怒りと哀しみが出ていました。

あぁ、そうそう、人足ですよね~? 浮浪者だなんて、申し訳ない・・・。
木賃宿でも、お金を支払えるのだから、お仕事していますよね、ごめんチャイ☆

> (今回、東野英治郎は横顔に一瞬面影を感じたけど、多々良純だけは何度観ても、後の多々良純のイメージと一致しません~笑)

私も出演者をチラッと調べてあの多々良純さんとは全く思えませんでした!
東野英治郎さんも全然分かりませんでした。。。

> 台詞の有った役者さんで、今、存命なのは土屋嘉男さん(利吉)と千石規子さん(豪農の嫁)くらいでしょうか。

島崎さんは台詞はないですものね!
結構な方の奥様でビックリしました☆
(ご本人の経歴にもおぉ~!!!と)

> 黒澤監督の作品は強くて偉そうなのが大概主役ですからね。
> 「心を強くして生きろ」って強制されてると感じる人も居ますし、
> 両極端で中間がないって人も居ます。

そうなのかもしれませんね~。
お好きな方には言いにくいのですが、私はなんというか
生理的に受け付けにくいのです・・・すみません。
(もちろん好きな作品、面白いと思う作品、名作と思う作品もありますよ~!)

> (僕は、人間の中にある「強さと弱さの相克」をドラマにしている、と捉えています~まあ、黒澤監督、適度ってのが嫌いな性分ですけど(笑))

一番長く深くお好きな方で、これからも鑑賞なさってくださいネ~☆
私も自分なりに(好きな監督の作品を)鑑賞してゆきたいと思います。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2013/01/08(火) 19:03:45 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> >浮浪者のような人達がかんべえさんに言った言葉が一番胸に残っています。
> 彼らを何と呼べばいいのか分からず感想に書けませんでしたが、わたしもここ感動しました!

あぁ恥ずかしい!!!
鉦鼓亭さんに教えてもらいました、彼らは浮浪者ではなく
人足(肉体労働者のこと、東京では山谷というところが有名らしいです)という職業で、
木賃宿(安い宿泊所・今なら1泊1000円未満とか?寝るだけのこ汚い宿)でも
お金を支払って泊まれるので、浮浪者ではありませんでした、ゴメンちゃい☆

ハイ、あの場面良かったです。
私的には「何でこいつら出ているんだろう?」みたいに「邪魔者的に」思っていたので、
一番重要な役割をしていて、頭を殴られたように思ったのです。。。

宵乃さんも「感動」と思って下さって嬉しいです!

> 彼らがいなかったらどうなってたか分からないですよね。この作品にはホント無駄なところがなくて、わずかな出番でもみんな輝いていると思ってたけど、”人にはそれぞれ役割がある”という言葉でストンと納得できました。この作品の中に、一体どれだけのものを詰め込んだんだろう!

すごい映画ですよね~!
やっぱ名作だと思いました。

でも、今回、色々と感想を読んだら、この映画がこの先、ずっと
これからの若い人に、楽しく見てもらうためには、
日本語字幕を「オンエアでもつける」とか、いろいろな工夫が必要だと思いました☆

私はあのあたりは、字幕なしの言語映画を見た時のように
意味不明でも表情などで乗り越えたけど、
あれだけで「やめた」となり得る、とっても「あやうい映画」だと思います。

黒澤映画、とか言う前に、ちゃんと見てもらわなければ、どうにもなりませんよね。
若くて、映画が大好きではない普通の人にはハードルを下げないといけませんよね~。

フランス人監督でもお高くとまって「分からんやつは見るな」のスタイルの人は大嫌いです。
やっぱクレールの「分かりやすさ」が、一番重要なファクターだと思えます。

長々すみません、その他、この映画には
なかなか難しい、ヒトを寄せ付けない部分が多いので、
この先「見てもらえない映画の筆頭」に、なりはしないかと、マジに心配になりました☆

> 今回もご参加ありがとうございました♪

いつもお疲れ様で~す♪

  1. 2013/01/08(火) 22:01:13 |
  2. URL |
  3. きみやす
  4. [ 編集 ]
こんばんは。miriさん。
先日お書きになられていた。その映画そのものをみるべきという文章にはっとしました。
最初にこの作品をみたときに、『荒野の七人』やその後に作られた作品に対する影響などを思い出したりして
実は今回のほうがしっかり見れた気がします。
優れた娯楽作品でもあると共に戦争映画の側面もあり
緻密で考え抜かれていて、人間の良さも悪さをこれでもかと容赦なく描ききった作品でもあると思います。
再見できて良かったです。

きみやすさん、こんばんは☆

  1. 2013/01/09(水) 18:48:19 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

一昨夜は失礼いたしました。
遅くなりましたが、今年も宜しくお願いいたします。

> 先日お書きになられていた。その映画そのものをみるべきという文章にはっとしました。

最近、70~80年代の映画の感想で
(きっと書く人にとっては大昔なのでしょうけど)
かなり酷い事を書いているのを、頻繁に見かけ、
あのような生意気な事を書いてしまいました、お恥ずかしい限りです。。。 
でもホントに読んで下さり、ありがとう~!

> 最初にこの作品をみたときに、『荒野の七人』やその後に作られた作品に対する影響などを思い出したりして
> 実は今回のほうがしっかり見れた気がします。

「その時・その時の見方」というモノがありますよね~。
初見時同様の感想しか持てない映画もあれば、その反対のもありますよね~。

きみやすさんにとっては、今回の方がしっかりと見られたそうで、
本当に良かったですね♪

> 優れた娯楽作品でもあると共に戦争映画の側面もあり
> 緻密で考え抜かれていて、人間の良さも悪さをこれでもかと容赦なく描ききった作品でもあると思います。

ハイ、仰るとおりですね~。

> 再見できて良かったです。

ハイ、私も企画のお陰で、ずっと気になっていた再見が出来て嬉しかったです。

でも・・・今回参加者は、今のところ全員「再見」ですよね~。
なんというか、この映画は、時代が進むほどに
「初見」してもらいにくい作品になっているような気がします。
考え過ぎかもしれませんが、そのあたりが心配な感じがします・・・。

  1. 2013/02/13(水) 22:37:42 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!(^.^)

この映画を見てから、まだ最後のセリフについて考えてます(笑)
考えれば考えるほど納得がいかずモンモンとしてます(^▽^;)
あのセリフは好きになれないですよね。。。

7人の侍はいい男ばかりで、その演技も素晴らしかったと思います。
農民も当時の農民の性格?を存分に演出してたんだと思います。
どこか卑屈で卑怯なところはあったんでしょうね。。食べ物を隠してたり、
武器も隠し持ってましたし(^▽^;)

そういえば秀吉の時代に刀狩なんて制度ができましたよね!
信長が好きで、彼の時代は他の時代よりは頭に残ってます(笑)
もう一度、勉強してから映画を見ると新たな発見があるかもしれません。
今度は字幕ありで見ますけど(笑)

7人の侍たちは違う個性の人間が集まり、
いい感じで役割分担されてたんですね!言われるとその通りですね!
あの若い子供がいい潤滑油となり、いい仕事をしたのかも
しれません。その辺も注意して、今度は見てみたいと思います!(^.^)

take51さん、おはようございます☆

  1. 2013/02/14(木) 09:05:08 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> この映画を見てから、まだ最後のセリフについて考えてます(笑)
> 考えれば考えるほど納得がいかずモンモンとしてます(^▽^;)
> あのセリフは好きになれないですよね。。。

そうですね~軽い書き方をしましたが、思い返すと
なんというヘンな台詞だろう?と思うようになりました(笑)。

でも私はモンモンとしないので、やはりtake51さんは同じ男性として
納得できないのではないかな~?と思います。
かんべえさんの気持ち、生き残ってしまった気持ち、
なかなか現代人には、心底からは分からないですよね~。

> 7人の侍はいい男ばかりで、その演技も素晴らしかったと思います。
> 農民も当時の農民の性格?を存分に演出してたんだと思います。
> どこか卑屈で卑怯なところはあったんでしょうね。。食べ物を隠してたり、
> 武器も隠し持ってましたし(^▽^;)

ハイ、仰るとおりだと思います。

> そういえば秀吉の時代に刀狩なんて制度ができましたよね!
> 信長が好きで、彼の時代は他の時代よりは頭に残ってます(笑)
> もう一度、勉強してから映画を見ると新たな発見があるかもしれません。
> 今度は字幕ありで見ますけど(笑)

偉いですね~!!!
私はもうイイです(笑)。

> 7人の侍たちは違う個性の人間が集まり、
> いい感じで役割分担されてたんですね!言われるとその通りですね!

ハイ、役割分担は、この場合自然と出来たと思います(短期決戦ですので)。
でも侍以外の人物にも、それぞれの役割があったように思います☆

> あの若い子供がいい潤滑油となり、いい仕事をしたのかも
> しれません。その辺も注意して、今度は見てみたいと思います!(^.^)

子供・・・まぁ実年齢はともかく、若い役柄でしたね。
彼が居なかったら、なかなかスムーズに回らない部分があったように思います!
再見なさったら、またご感想をお聞かせくださいネ~。あの台詞の事もね☆

あと、今朝レンタル出来たので「おとなのけんか」近日中に見ます!
ウチはWOWOWは見られないんですよ~。
ムービープラスとかは多分1年以上遅れますので・・・借りました♪

  1. 2013/03/12(火) 06:38:24 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、おはようございます。
遅くなりましたが、やっと再見できました。

>私が一番思ったのは、
>人にはそれぞれの役割があるという事です。
どの人のどの台詞も表情も全てにおいてムダのない映画でしたね。

>この映画は名作だとは思いましたが、
>やっぱり黒澤明はあんまり好きな監督ではないな~と確信しました。
この言葉も深いです!
他人様、世間の評価とは違っていても、
我が心の名作を見つけていきたいと思います。

マミイさん、おはようございます☆

  1. 2013/03/12(火) 09:16:03 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 遅くなりましたが、やっと再見できました。

お疲れ様でした~!

> どの人のどの台詞も表情も全てにおいてムダのない映画でしたね。

名作といわれる理由の1つなのでしょうね~。

> この言葉も深いです!
> 他人様、世間の評価とは違っていても、
> 我が心の名作を見つけていきたいと思います。

そう仰って下さり、有難うございます☆
世間様と同じならそれはそれで良いし、
自分が少数派でも、まぁそれはそれで良いと思うのです。

マミイさんの心の名作、また教えてくださいネ~。
今からお邪魔いたします☆
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30