FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-684-2  パリ、テキサス

  1. 2010/07/12(月) 23:00:00_
  2. ヴィム・ヴェンダース
  3. _ comment:6
PARIS,TEXAS  (パリ、テキサス)  1984年・西ドイツ/フランス



パリ、テキサス



ナンバー重複発覚!!! 684-2とする(2010年9月)




 
.


2010年7月12日(月)  買ったDVDを鑑賞しました。

監督 ヴィム・ヴェンダース 
主演 ハリー・ディーン・スタントン (トラヴィス役)

感想
おぉ~!この映画は独自性があって良いわ~!
パルムドール取っただけの事はあるわ~!

忘れがちだけど、ウォルトは偉い!よね~!
トラヴィスが最初に言葉を発するまで、よく我慢したよね~!

ジェーンとハンターの再会のシーンは泣いてしまったわ。言葉がないわ。
きっとアンのもとへ帰ると思うよ、そしてたまに会うだけだと思う、それで良いと思うし。

二人の出会い、結婚、ハンターが生まれ、若いジェーンは子育てが辛く、トラヴィスが逃げた・・・
そういう事が、最後前にドドーッと分かるんだけど、唐突さは感じられず、ちょうど良い演出。

ハンターとトラヴィスが旅に出るのが、第二の旅と思ったけど、銀行5日と決まっていたからねぇ・・・
(ヒューストンも空が青くて、「カプリコン・1」につながる・・・)
兄弟のきずなは強く、お金を使っても良いと言ってくれたのは、信頼の証で、
きっと一旦帰宅してから、居なくなるんだろうね~???

☆ しかし、ハンター可愛過ぎる ☆
「スター・ウォーズ」のシーツ・枕カバー・布団カバー・そのフィギュアで遊ぶ・・・
当時のアメリカの男の子って感じ♪ 

でも・・・大人たちは、ハンターの次には
アンの事を大事に考えないといけないよね・・・
きっと皆、分かっていると思うけど。

ジェーン・・・キレイなナスターシャ・キンスキー、一番キレイな頃でしょうね・・・

空が青いし、「ジェリー」よりはマシだけど(人間の居る場所からあまり離れないから)荒野だし、
最初の帰る為の車の旅も、お約束の飛行機に怖くて乗れない人だし、
ロード・ムービーというけれども、

この映画は、ロード・ムービーの部分、家族愛の部分、自然を愛する部分、男女の愛のもつれ、
幼い結婚の失敗、子供を育てる意味、
でも離れていても(すぐと言うわけにはいかないけど)他人とは違う、心も体も近づいて、つながれる・・・
ハンターとトラヴィス、ハンターとジェーン、

でも、きっと長く育ててくれてるウォルトとアンの所で、これからも育つと思うし、上手にやると思うよ。

トラヴィスが、これからどうするのか? それはもう仕方ないね。
良い映画でした☆ 買って良かった☆



某大型家電量販店のポイントが溜まったので、別のDVDを買いに行ったのですが、その作品がなかったので、
前々からユウ太さんに薦められていた作品で、誕生日の近いナスターシャ・キンスキーがヒロインのようだし、
ポイントに少し足して、思い切ってこの作品DVDを買ったのです。



**************************



再見時感想はこちら  →  パリ、テキサス(84・西独/仏)(2回目) ・・・ 2-684-2 




<<2-685  僕の彼女はサイボーグ  | BLOG TOP | 2-684-1  グローリー>>

comment

  1. 2010/08/02(月) 19:31:27 |
  2. URL |
  3. ユウ太
  4. [ 編集 ]
miriさん(^^)こんばんは!
ご連絡をどうもありがとうございました。

この記事を発見して素直に「いいなぁ・・・」と思ってしまいました。(^^)

自分がお勧めというか、未見の中で観たい作品でしたので記事を読ませて頂いて尚更、「観たい病」がひどくなりました。汗っ

ツタヤさんには置いてないし、ディスカスもずっと前から予約入れてるんですけど全然、回ってこないです。涙っ

愚痴のコメントになってしまいまして申し訳ありません。
自分も購入しちゃおうかなぁ・・・

あぁ、観たいですぅ~涙涙涙。

あ、本当にご一報をどうもありがとうでした~(^^)

ユウ太さん、おはようございます☆

  1. 2010/08/03(火) 07:36:22 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~!

> miriさん(^^)こんばんは!
> ご連絡をどうもありがとうございました。

ケビンさんって、すっごく素晴らしいレビュー書かれるので、ひっくり返ってしまいました~!
もっと早くお伝えしなくてはならなったのに、ごめんなさいね!

> この記事を発見して素直に「いいなぁ・・・」と思ってしまいました。(^^)
> 自分がお勧めというか、未見の中で観たい作品でしたので記事を読ませて頂いて尚更、「観たい病」がひどくなりました。汗っ
> ツタヤさんには置いてないし、ディスカスもずっと前から予約入れてるんですけど全然、回ってこないです。涙っ
> 愚痴のコメントになってしまいまして申し訳ありません。
> 自分も購入しちゃおうかなぁ・・・
> あぁ、観たいですぅ~涙涙涙。

あぁ泣かせてしまった~! どうしよう?どうしよう???
クラリネットがなくなったのと同じくらいに困っています☆☆☆

> あ、本当にご一報をどうもありがとうでした~(^^)

コメントの返信で、会社の方のお忙しさが分かりました。
本当に大変ですね・・・言葉では簡単ですけど、とにかくお身体第一で、
ご家庭第一ですけど、やっぱりお身体を大切になさってね・・・

映画はまたお盆休みにでも、ごゆっくりどうぞ~♪

全体的にはよかったです

  1. 2015/08/27(木) 09:30:44 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>トラヴィスが最初に言葉を発するまで、よく我慢したよね~!

そうなんですよね、ここで完全に人格者だなぁと感服してしまいました。

>きっとアンのもとへ帰ると思うよ、そしてたまに会うだけだと思う、それで良いと思うし。
>ハンターの次にはアンの事を大事に考えないといけないよね・・・きっと皆、分かっていると思うけど。

兄夫婦がどうも信用できなかったので、ハッキリ戻るつもりだとわかるようにしてほしかったです。
10年後くらいに観たら印象も変わるかも?

Re: 全体的にはよかったです

  1. 2015/08/27(木) 13:20:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こちらにもコメントを有難うございます☆

> >トラヴィスが最初に言葉を発するまで、よく我慢したよね~!
> そうなんですよね、ここで完全に人格者だなぁと感服してしまいました。

覚えています、すごい緊張感でしたね~。

> 兄夫婦がどうも信用できなかったので、ハッキリ戻るつもりだとわかるようにしてほしかったです。
> 10年後くらいに観たら印象も変わるかも?

この映画は、私的にはこの監督の初見で、結構好感だったのですが、
もう5年も経っているではありませんか!

あちこちのシーンも、大まかな流れも、覚えているのですが、
詳細が分からないので出来れば再見してから、
この文章へのお返事を書かせて頂きたいと思っています☆

では、のちほど、記事にお邪魔させて頂きますね~♪


.

信用できない理由を考えてみたら

  1. 2015/09/05(土) 11:50:46 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
結局のところ、理屈じゃなくて好みなんですよね。
あのガラス越しの会話のシーン、彼が”どうしようもないほど女を好きになった惨めな男”に浸ってるというか、監督がそういうのをカッコいいと思ってる感じがして、キモ!と思ってしまったんですよ。
で、そんな彼をまだ好きだという彼女の心情と私の認識とのギャップによって、彼女への不信感も高まってしまったと。

なので、あのエピソードをまるっとなかったものとして考えたら、あの夫婦はちゃんと息子の気持ちや幸せを第一に考えると思えるし、miriさんのように4人がこの先、仲良くやっていけると思えました。
そして、トラヴィスはあの通販で買った土地の近くで細々と暮らしながら、時々絵葉書でも送ってくるのかな?

…まあ、あのエピソードがなかったら別物ですが(汗)
miriさんの好きな作品なのに申し訳ありません。

あと、今日の更新の作品はあまり思いだしたくないので遠慮させていただきますね。

> 「映画音楽をN響で!」

これは見逃すところでした!
よい情報をありがとうございます♪

Re: 信用できない理由を考えてみたら

  1. 2015/09/05(土) 13:46:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 結局のところ、理屈じゃなくて好みなんですよね。
> あのガラス越しの会話のシーン、彼が”どうしようもないほど女を好きになった惨めな男”に浸ってるというか、監督がそういうのをカッコいいと思ってる感じがして、キモ!と思ってしまったんですよ。
> で、そんな彼をまだ好きだという彼女の心情と私の認識とのギャップによって、彼女への不信感も高まってしまったと。

そうでしたか・・・詳しく書いて頂いて、よく分かりました。
宵乃さんには、男女ともに、お好みではないですよね~と、分かります。

この作品はともかく、
この監督は、キモイ演出がところどころ見受けられると、私も思います。

> なので、あのエピソードをまるっとなかったものとして考えたら、あの夫婦はちゃんと息子の気持ちや幸せを第一に考えると思えるし、miriさんのように4人がこの先、仲良くやっていけると思えました。

3人と、ひとり、ですけど、
きっと4人で食事したりもするでしょうね~。

どちらを選ぶのか?なんてこと、誰もハンターに言わないし、
今現在と、今後の年齢にふさわしく、ハンター自身も3人に上手に甘えられる子だと
私はそう思います!

弟夫婦が良いヒト過ぎるかもしれないけど、
子供が授からなかったようすで、仕事も順調で、お金もあり(時間はない)
そういう背中を見て育ったハンター君は、本当に良い子に育っていて、

でも、実母に甘えた姿は、本能というモノだと思うし、
思春期には友人に相談したりして、きっとそうやって
多くの愛情や友情に支えられて、生きて行けると思います!

> そして、トラヴィスはあの通販で買った土地の近くで細々と暮らしながら、時々絵葉書でも送ってくるのかな?

まぁ、この人は、元々がよく分かりませんが、
ジェーンともすごい年齢差がありますし、
一般的な普通の暮らしのしにくい人なのでしょうね~と思います。

あの土地にずっと居るかは分かりませんが、
たしかに宵乃さんの仰るように、お互い、別の人って目には入らないと思います。

> …まあ、あのエピソードがなかったら別物ですが(汗)
> miriさんの好きな作品なのに申し訳ありません。

いえいえ、好きというのとはちょっと違って、
好感っていう感じで・・・出逢い方が良かった作品だと思っています☆

> あと、今日の更新の作品はあまり思いだしたくないので遠慮させていただきますね。

申し訳ありません、見たくもないタイトルだと思います!
私にはお助け映画の一つなので・・・ごめんなさいね~。

> > 「映画音楽をN響で!」
> これは見逃すところでした!
> よい情報をありがとうございます♪

ハイ、そう言って頂いて嬉しいです!
是非、ご一緒に~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31