FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-674  ぼくの伯父さん

  1. 2010/07/06(火) 22:00:00_
  2. ジャック・タチ
  3. _ comment:2
MON ONCLE  (ぼくの伯父さん)  1958年・フランス/イタリア



ぼくの伯父さん





 
.


2010年7月6日(火)  ケーブルテレビ(ムービ-プラス)を録画したモノを鑑賞しました。

監督 ジャック・タチ
主演 ジャック・タチ(名前はユロ、子供の母親の兄役)

感想
アナログで色あせたフィルムで、フランス語が聞きたかったのに、なかなか喋らない。
近未来?コメディ?
お母さんのお兄さん・・・寅さんはこれをマネしたな~!
寅さんで「ひろしさんの役」の人が、この映画では、キャラが違い、怖い。

「華氏451」に通じるわ、近未来が・・・
まぁ良い機会と思い、見られる事に感謝です。

「さくらさん役の人」大変だわ!
とにかく家の全てが、今でもあり得ない近未来でステキ☆ 
52年前の映画なのよね~!

しかし、あの魚の口の噴水!!! ブーブーなるドアの開閉、キッチンセット、もうツボ!
お隣の人(独身女性)も、もうたいがいにしてほしい!!!(カーペット屋と間違われた)

退屈とも思えるし、一般的な意味で子供が好きでないと、あのいたずらも楽しめないしね、
人を選ぶけど、それなりに監督の個性の出た良い映画とも言えるのでは?
(おぉ~!今気付いたけど、ダグラス・サーク監督作品と同年代の作品、個性それぞれの!)

音楽は軽妙で、どこかでいつか聞いた事のあるフランス映画らしい、アコーディオンの音も懐かしい感じがする。
フランスの遅れてきたチャップリンか???
主人公が喋らないから、町の人の会話も音楽の一部に聞こえる。
あの少女(ユロの住んでいる家の一階の)日曜日にオシャレして、大したことないんだけど嬉しくて、
ユロにも見せる、あれって、子供の頃に誰もがやっていた事だよね?

最初の犬の走るところ、犬好きにはグーらしい、へえ・・・(他にも犬のシーン多し)
私はあの家の描写にまいるわ!
これは保存だよね!この映画は!!!

社長が来たよ、大丈夫か??? 社長の奥さん変だわ(笑い上戸過ぎ)ヘンな人ばっかり来るわ。
庭で魚の口の噴水しながら、7人で食事?もう笑える~!
そこへ、ユロさん登場!しかも自転車付き!!!

二人のお見合い場面は、対決だわ、まるで「M1」いや「S1」か?
よく見たら会社も近未来風、過去風、長い映画だけど、まぁ次々に笑いがね~

光センサーだって~!!!
あと、道がまだ整備されていないところが多くて、私の子供時代な感じで、良いわ。

しかし長いわ、この映画・・・くどいというか?
鉄琴の音も良い、心に耳に心地よく響く
小鳥のさえずりも・・・

終わる前が、また良い・・・
普通の生活の中、ユロは去るのよね・・・皆が普通に暮らしている中、ね
そう言えば最初もどこからともなく現われたよね
あの車の色も凄いよね~!

ラストに、お父さんといたずらして、手つないで、やっぱり犬が走って行って、良かったです☆




再見時感想はこちら  →  ぼくの伯父さん(58・仏/伊)(2回目) ・・・ 2-674 





<<2-675  私をスキーに連れてって | BLOG TOP | (1-397)  秋のソナタ  (2回目)  (旧gooブログの記事)>>

comment

  1. 2010/07/17(土) 09:44:02 |
  2. URL |
  3. ケン
  4. [ 編集 ]
おはようございます。

ジャック・タチの映画は大好きです。

>お母さんのお兄さん・・・寅さんはこれをマネしたな~!
>寅さんで「ひろしさんの役」の人が、この映画では、キャラが違い、怖い。

この部分にハッとしました。
『男はつらいよ』の42作目は、そのものズバリ『ぼくの伯父さん』なんですよね。
ボクは寅さんをよく知らないので、
ファンの間では常識かもしれませんが、とにかく関係ありそうです。

ケンさん、こんにちは☆

  1. 2010/07/17(土) 14:37:04 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~!

> ジャック・タチの映画は大好きです。

私は今回初めて知りましたが、そう言われれば、ケンさんのお好きそうな作品ですネ~♪

> この部分にハッとしました。
> 『男はつらいよ』の42作目は、そのものズバリ『ぼくの伯父さん』なんですよね。
> ボクは寅さんをよく知らないので、
> ファンの間では常識かもしれませんが、とにかく関係ありそうです。

いえいえ、私は「感想」を書いているだけなので、
「レビュー」だったら、ある程度調べるんでしょうけど、全然両者の関係は知りません。

ただ“真似したな~!”という感想を持ったという意味です。
だってこのタイトル聞いたら、普通、寅さんを思い出すと思うから・・・。

私も寅さんは詳しくもないし、そう好きでもありません。
もちろん、見ると「良いなぁ・・・日本人だなぁ・・・」とか思うのですが、
渥美清さんはご立派だと思うのですが、好きとは違ってて・・・

ゴメンなさい、長くなって、暑さで頭が回りません。
まさか、今頃、サッカー場ではないですよね???
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -