FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-652-1  ハーパー探偵シリーズ / 新・動く標的 

  1. 2010/06/15(火) 23:00:00_
  2. スチュワート・ローゼンバーグ
  3. _ comment:2
THE DROWNING POOL  (ハーパー探偵シリーズ / 新・動く標的)  1975年・アメリカ



新・動く標的





 
.


2010年6月15日(火)  BS2を録画してあったモノを鑑賞しました。

監督 スチュワート・ローゼンバーグ
主演 ポール・ニューマン(探偵・ハーバー役)

感想
何と言うか、ポール・ニューマンも最近はまぁまぁだから
(注意:この意味は、この人の事はずっと好きではなくて避けてきたのですが、
 昨年見た「栄光への脱出」が良くて、それ以降、なるべく嫌わずに見ようと努力している、という意味です)

覚悟して見たんだけど、監督の名前を見て、これは「暴力脱獄」と同じだから、訳のわからん作品だろうと思いながら見た。
そしたらその通りで、長く、しんどかった。

見せ場の一番は、あの水が溜まって、どうしようもなくなるところだけど、あれってあんな感じでドアは開かないよね?
(水圧で開くわけがないよね?バカと違う?脚本家)
(その前にあんなふうに水は溜まらないよね?) まあ映画的にはOKでも、ちょっと許せないわ!

最初から犯人が分かりそうな筋で、
でも、間違えていたけど似ていて、そのために自殺した?(殺された?)母親が可愛そう・・・
その人と昔付き合っていたというのだけど、どっちでも良いじゃん?と思ったし、

主人公は、何回も危機があって、それでも全部うまくクリアして、ラストも女性の誘惑を振り切って、
カッコいいところを見せているんでしょうけど「??」って感じ、ファンじゃないしね。

ローゼンバーグ監督は、生涯にあの名作一本で(さすらいの航海)あとはこの程度か?と思ったりして、
「チャイナタウン」とかに似ている雰囲気、70年代って感じの映画だった、「コールガール」も似ていたよね・・・

こういうアナログなフィルムって温かくてステキよね、この前の「ビッグ・ウェンズデー」もね。
だから今は、デジタルでキレイになり過ぎて、かえってつまらないような時代で、
残念ね☆って、私なんかは思います

※このたび、ナンバーの重複が発覚しましたので、「-1」を付けます(2011年9月)





<<(1-322)  エアポート‘75  (2回目) | BLOG TOP | 2-651  巴里のアメリカ人>>

comment

こんにちは

  1. 2010/06/29(火) 10:27:46 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
これは私も苦手です。細かいところはもう覚えてないけど、

>水圧で開くわけがないよね?

はわたしも思いました(笑)

>こういうアナログなフィルムって温かくてステキよね、この前の「ビッグ・ウェンズデー」もね。
だから今は、デジタルでキレイになり過ぎて、かえってつまらないような時代で、
残念ね☆って、私なんかは思います。

これも同感。綺麗になってさらに良くなったというのもあるにはあるけど、クリアになりすぎて本来の味わいがなくなってしまうこともありますよね。
私が古い作品に目がいってしまうのは、これも理由の一つみたいです。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2010/06/29(火) 16:10:15 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> これは私も苦手です。細かいところはもう覚えてないけど、
> >水圧で開くわけがないよね?
> はわたしも思いました(笑)

きっと、ファンの人には「たまらない」映画なのかもしれませんが、
冷静な目で見ていると色々と・・・目につきますよね~!

> これも同感。綺麗になってさらに良くなったというのもあるにはあるけど、クリアになりすぎて本来の味わいがなくなってしまうこともありますよね。
> 私が古い作品に目がいってしまうのは、これも理由の一つみたいです。

本当に今の作品は、美しく、クリアーというのがピッタリで、それはそれで素晴らしいのですが、
こういう作品には“味わい”が、ありますよね~!
っていうか、私たちの頃は、こういう作品しかなくて、それを見るしかなかったのですが、

今・何でも選べる時代に、宵乃さんのように、こういうこういう作品を愛して下さる方がいて下さり、本当に嬉しいです。

デジタルにはデジタルの良さ・素晴らしさ、アナログにはアナログのあたたかさ、
どちらも、これからも、ずっと、見てゆきましょうね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31